カテゴリー別アーカイブ: 魚類

シミラン諸島をはじめ、アンダマン海に生息するお魚たち。

番外編 : ジンベイ出まくり SAIL ROCK デイトリップ 19.MAY.2017

クルーズ名  :タオ島発 早朝セイルロックツアー(日帰り)
クルーズ船  :MV NEW WAY
開催期間   :2017年5月19日
日担当スタッフ:マコ
お客様人数  :1名様

ジンベイザメと2ショット

ジンベイザメと2ショット

ジンベイ出まくりの、セイルロックで潜ってきました!

シミランのシーズンも終了し、ひと段落したので、サムイ、タオ島へと出張&ホリデーに行ってきました。今年は3月くらいから、異常なほどにジンベイが出ているとのことで、「どれどれ、どんな感じ?」ということで、タオ島の姉妹ショップ「アジアダイバーズ」から潜ってきました。

ちょうど、シミランでもご一緒したことのある、バンコク在住のゲストTさんがいらしていたので、マンツーマンでガイドさせていただくことになりました。
利用したボートは、MV NEW WAVE。朝5時集合で、”セイルロックへ一番乗り” がモットーの早朝ツアーです。ローカル漁船に最小限の改造を施した、ザ・コタオスタイルなボートに揺られること1時間30。7時頃にポイントに到着。
普段は、たくさんの船がいるセイルロックですが、さすがにこの時間は貸切。早朝ということもあり、ちょっぴりワクワクしながらエントリー。

エントリー直後、潜行中にシェブロンバラクーダの大きな群れを発見。とりあえず巻かれます。
そのまま、離れ根に向かうと、根の先っちょには、まとまった数のギンガメアジの群れ。水が白濁りで、透明度は今ひとつでしたが、沖の方にはぼんやりと大きなギンガメ玉ができています。ゆっくりゆっくり近づくと、ギンガメだまに突入成功。しばらく360度ギンガメに囲まれました。と、ここまでは、いつものセイルロック。そろそろ本体の根に戻ろうかと移動を開始したところ、ギンガメアジの群れをかき分けて、ジンベイ様登場!たくさんのコバンザメやアジを引き連れて、目の前をゆっくりと横切って行きました。
その後、本体の根をひと周りしましたが、ジンベイ様は現れず…。最後にもう一度離れ根に戻ると、いました!でもさっきより少し小さめの個体。根の周りを何回も回ってくれたので、上下左右、あらゆる角度から、じっくりと観察&撮影することができました。

水面休息中もジンベイフィーバーは継続。10分おきぐらいに水面まで上がってきて、船の周りを回ってくれたので、シュノーケリングでもバッチリ観察できました!

2本目にエントリーする頃には、タオ島の他のお店や、サムイやパンガン島からも続々とボートが到着。2ダイブ目も、ジンベイダイブ継続でしたが、やっぱりダイバーが多く、あまり初心者の来ない、中層大外や、離れ根を中心に潜りながら、お腹いっぱいジンベイダイブを楽しみました!

それにしても、このジンベイフィーバー、スゴイことになっている様ですね。
アジアダイバーズのスタッフの話によると、チュンポンピナクルやサウスウェストピナクルなどの隠れ根ポイントはもちろん、タオ島周辺の浅目のポイントでも、同時に何個体も確認されているそうです。おそらく、例年に比べて高い水温が影響しているのではないかと思われますが、周辺の海域に、数十個体はいるのではないでしょうか?
野生のジンベイザメがこんなに簡単に見れるなんて、かなりレアな状況ですが、常態化してくれることを願っています!

早朝ツアー、早起きは少々きついですが、セイルロックを貸切で潜れるので、やっぱり良いですね!タオ島に行かれた際はぜひ、参加してみてください!
お問い合わせ&お申し込みは、こちらから!

アジアダイバーズ

http://www.hobo-ya.com/kohtao/

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :セイルロック
エントリー時間:07:29
ダイブタイム :60分
最大深度   :21.9m
透明度    : 10m
水温     :31℃
生物     :ジンベイザメ、シェブロンバラクーダギンガメアジツバメウオ、オオクチイケカツオ、アカマダラハタ、ピックハンドルバラクーダ、クロホシフエダイ、ツキチョウチョウウオ、ワヌケヤッコ、ロクセンヤッコ、ホシカイワリ、etc、

ダイブ2
ポイント名  :セイルロック
エントリー時間:09:29
ダイブタイム :50分
最大深度   :19.2m
透明度    : 10m
水温     :31℃
生物     :ジンベイザメ、シェブロンバラクーダギンガメアジツバメウオ、オオクチイケカツオ、アカマダラハタ、ピックハンドルバラクーダ、クロホシフエダイ、ツキチョウチョウウオ、ワヌケヤッコ、ロクセンヤッコ、ホシカイワリ、etc、

モヨウフグ

モヨウフグ

分類  :フグ科
学名  :Arothron stellatus
英名  :Stellate puffer
体長  :50cm
いる場所:珊瑚礁域、岩礁域
ポイント:ウエストリッジ(ボン島)、ノースポイント(シミラン諸島 No.9)etc…

体は小さな棘で覆われ、体色は黄色を帯びたような淡い灰色で、暗色の斑模様が見られる。腹面は白っぽく、体側や背部には黒い小さな斑点が多数散在し、尾びれにも多数の黒色の斑点がある。また、成魚では腹面に斑や縞模様などは見られないが、幼魚では腹面に黒色の縞模様がある。シミラン諸島~リチュリューロックにて確認できる。

ホンソメワケベラ

ホンソメワケベラ

分類  :ベラ科
学名  :Labroides dimidiatus
英名  :Bluestreak cleaner wrasse
体長  :5cm
いる場所:珊瑚礁域
ポイント:アニタスリーフ(シミラン諸島 No.5)、etc…

他の魚に付いた寄生虫を食べるクリーナーとして有名である。大型魚の鰭のまわりや鰓・口の中を丹念に掃除するが、口の中を掃除していても捕食される事は無い。あまり相手が大きいと、数匹がかりで掃除したり、また自分より小さい魚も掃除したりする事もある。ダイバーも掃除されることがある。シミラン諸島~リチュリューロックにて確認できる。

ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイ

分類  :スズメダイ科
学名  :Dascyllus trimaculatus
英名  :Threespot dascyllus
体長  :5cm
いる場所:珊瑚礁域
ポイント:タチャイリーフ(タチャイ島)、ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)、アニタスリーフ(シミラン諸島 No.5)、etc…

幼魚の時の頭と体側の合計3つの白の斑点が特徴で、成長するにしたがって斑点は消える。幼魚のときは、サンゴやクマノミ同様にイソギンチャクと共生することも。成魚になるとイソギンチャクまたはサンゴからは離れて単独で行動するようになります。シミラン諸島にて確認できる。

ケショウフグ

ケショウフグ

分類  :フグ科
学名  :Arothron mappa
英名  :Map puffer
体長  :60cm
いる場所:珊瑚礁域、岩礁域
ポイント:ウエストリッジウエストオブエデンタートルロックetc…

全長60cmを超える大型種。体側 腹部、尾柄部、尾部には小さな白色、もしくは青色斑点がある。目の周りに濃い茶色の線 があるのが特徴です。シミラン諸島~リチュリューロックにて確認できる。