カテゴリー別アーカイブ: アンダマン ショートクルーズ

最短2泊3日からリチェリューロックに到達できる、アンダマン ショートクルーズ。初心者やお休みの短い方にぴったりのツアーです。

アンダマンショートクルーズ 14-16.APR.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年4月14日 – 16日
日担当スタッフ:マコ
お客様人数  :3名様

 

50本記念@ウェストリッジ(ボン島)

50本記念@ウェストリッジ(ボン島)

ロウニンアジの群れ@リチェリューロック(スリン国立公園)

ロウニンアジの群れ@リチェリューロック(スリン国立公園)

ゲストとロウニンアジの群れ@リチェリューロック(スリン国立公園)

ゲストとロウニンアジの群れ@リチェリューロック(スリン国立公園)

シーホースとゲスト@リチェリューロック(スリン国立公園)

シーホースとゲスト@リチェリューロック(スリン国立公園)

バラクーダトルネード@タチャイピナクル(タチャイ島)

バラクーダトルネード@タチャイピナクル(タチャイ島)

ゲストとバラクーダの群れ@タチャイピナクル(タチャイ島)

ゲストとバラクーダの群れ@タチャイピナクル(タチャイ島)

ゲストとソンブーン3号@タチャイピナクル(タチャイ島)

ゲストとソンブーン3号@タチャイピナクル(タチャイ島)

セイルロックで記念撮影@ドナルドダックベイ(シミラン諸島No.8)

セイルロックで記念撮影@ドナルドダックベイ(シミラン諸島No.8)

ベンガルオオトカゲ@ドナルドダックベイ(シミラン諸島No.8)

ベンガルオオトカゲ@ドナルドダックベイ(シミラン諸島No.8)

水中から望む巨岩@エレファントヘッドロック(シミラン諸島No.8)

水中から望む巨岩@エレファントヘッドロック(シミラン諸島No.8)

ゲストダイバー@エレファントヘッドロック(シミラン諸島No.8)

ゲストダイバー@エレファントヘッドロック(シミラン諸島No.8)

これからラストダイブ@スリーツリーズ(シミラン諸島No.9)

これからラストダイブ@スリーツリーズ(シミラン諸島No.9)

魚影大爆発のアンダマン海。
タチャイ島では、バラクーダトルネード!

2019年4月14日-16日までの2泊3日の日程で、ボン島、タチャイ島、リチェリューロック、シミラン諸島を巡るアンダマンショートクルーズに行って来ました。

今回のゲストは、年末チャータークルーズにご参加いただいた、Cさんとそのお友達Rさん、Tさん。3人のうち2人はバンコク在住、ソンクランのお休みを利用してのご参加です。クルーズ中、海況、お天気ともに穏やか、タチャイ島、リチェリューロックではベストな透明度ではありませんでしたが、後半のシミラン諸島では、目のさめるようなブルーの海で爽快なダイビングを楽しめました。

1日目は、ボン島スタート。1本目はCさん、2本目はRさんのそれぞれ、50本記念ダイブ!サクッと記念撮影のあと、近頃マンタやジンベイが出没しているリッジへ移動。塩ほぼ完全に止まってしまっていて、水温も生暖かい感じ。プランクトンは豊富そうでしたが、残念ながら、お目当てのオオモノには出会えませんでした。それでもおびただしい数のフュージリアや、それを追うカスミアジの編隊、深場に逃げて行くまるまると太った、120cmほどのヤイトハタなどが見られました。
3本目は、タチャイ島。最近マンタがちらほら出ているとのことで、期待を込めてエントリー。しかしながらココもやはり潮が緩んでいて、微妙なムード。結局マンタは現れませんでしたが、1m級の特大ロウニンアジが、全速力でフュージリアの群れに突っ込む迫力のシーンに度肝を抜かれました。
4本目は、タチャイリーフでナイト、Rさんはなんと初挑戦。ミノカサゴやブダイ、ふぐ各種。ガンガゼカクレエビなどの甲殻類が見られました。

2日目は、シミラン、スリン諸島海域のベストダイブサイト、リチェリューロックでダイビング。ココも流れはとてもマイルド。根の浅場に捕食にやってくるロウニンアジの大群や、大型のピックハンドルバラクーダなどのヒカリモノを間近で見ることができました。深場では、イバラタツやコブシメと2ショット撮影。トマトアネモネフィッシュの幼魚や、モンハナシャコが牡蠣をパンチで割って食べるところなど、珍しいシーンも見ることができました。2日前ににジンベイザメがでたこともあり、大物に期待を寄せつつ潜っていましたが、今回は、残念ながら遭遇できませんでした。3本目から、タチャイ島へ移動。やはりこの日もマンタは見られませんでしたが、ぐるぐると渦を巻くブラックフィンバラクーダの大きな群れに遭遇し、20分ほど群れと一緒に戯れることができました。
4本目はボン島。ハナダイギンポやクロハコフグ、イヤースポットブレニーなどの小物を観察しつつリッジへ。残念ながらマンタは出ず…。それでもダイビングの終わりには、ブラックフィンバラクーダの群れに出会い、一緒に泳ぐことができました。

最終日は、シミラン諸島周りのダイブサイトを3本。
1本目のエレファントヘッドロックでは、ホワイトチップシャークに大接近。水面に突き出た巨岩のすぐシタの浅場では、黄色いスポットの入ったイエローダッシュフュージリアに囲まれて、幻想的なシーンを楽しむことができました。全14ダイブを潜り終えました。朝食後は、上陸タイム。誰もいないセイルロックで記念撮影し放題。麓に降りてくると、お腹の大きなベンガルオオトカゲのママに出会いました。
2本目は9番の島ノースポイント、このダイブから潮が動き始めたので、ロープを掴みながら潜行。コホシカニダマシやアカシマシラヒゲエビ、ニシキフウライウオなどを見ることができました。
最終ダイブは、その隣のポイントスリーツリーズ。やはり潮が流れていて、前半は若干塩に逆らいながら、沖の岩場へ。途中の砂地では、ヒレナガネジリンボウやキヘリモンガラ、ヤッコエイなどが見られました。深場のソフトコーラルや大きなツボカイメンを観察し、後半は、スコーンと抜けた青い海のなかを潮に乗ってドリフト。爽快な一本でした!

今回のクルーズも、どのポイントも魚影が濃く、終始魚に囲まれていました。ご参加いただいた皆さんも、毎ダイブ、元気に楽しんでいただいた様です。ご参加いただいた皆さん、楽しい時間をありがとうございました!残念ながらマンタ、ジンベイは出ませんでしたが、ぜひまた、リベンジにいらしてください!
今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:45
ダイブタイム :47分
最大深度   :25.2m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジヤイトハタスカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュインポスターブレニーイヤースポットブレーニー、 etc..

ダイブ2
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:12:59
ダイブタイム :51分
最大深度   :30m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :イソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュホウセキキントキホンソメワケベラ、etc..

ダイブ3
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:14
ダイブタイム :48分
最大深度   :27.1m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :ロウニンアジ、ヨスジフエダイルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ4
ポイント名  :タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:19:00
ダイブタイム :35分
最大深度   :20.1m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイヨスジフエダイツムブリナポレオンフィッシュ 、ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:07:00
ダイブタイム :53分
最大深度   :27.4m
透明度    :20-25m
水温     :28℃
生物     :キツネフエフキロウニンアジスザクサラサエビ、イバラタツ、アデヤカウミウシ、 スカンクアネモネフィッシュギンガメアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラートマトアネモネフィッシュ、 モンハナシャコヨウジウオetc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:23
ダイブタイム :54分
最大深度   :30m
透明度    :20-25m
水温     :28℃
生物     :ギンガメアジ、 コブシメウルマカサゴキツネフエフキロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 タイガーテールシーホースモンハナシャコトマトアネモネフィッシュイエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:12
ダイブタイム :48分
最大深度   :27.1m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :ロウニンアジ、ブラックフィンバラクーダヨスジフエダイルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:16
ダイブタイム :56分
最大深度   :27.1m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :ブラックフィンバラクーダクロコショウダイドクウツボツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュホウセキキントキホンソメワケベラ、etc..

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:53
ダイブタイム :45分
最大深度   :30m
透明度    :25m
水温     :28℃
生物     :ホワイトチップシャーク 、 オニカマススカンクアネモネフィッシュアンダマンジョーフィッシュイソマグロ、 ロウニンアジカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーアンダマンダムゼル、etc.

ダイブ10
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:01
ダイブタイム :50分
最大深度   :24.3m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :アンダマンスウィートリップスクマノミドクウツボアカシマシラヒゲエビアンダマンスウィートリップス、 エヴァンスフェアリーバスレットカクレクマノミパウダーブルーサージョンフィッシュモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュジャバラビットフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュアデヤッコ、 クロコショウダイ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:50
ダイブタイム :54分
最大深度   :24.0m
透明度    :30m
水温     :30℃
生物     :カスミアジムスジコショウダイスパゲティーイールオーロラパートナーゴビーアンダマンフォックスフェースイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジタテジマキンチャクダイカクレクマノミモンガラカワハギ、ヒレナガネジリンボウ、 etc.

アンダマンショートクルーズ 12-15.Apr.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2019年4月12日 〜15日
日担当スタッフ:セツ
お客様人数  :2名様

IMG_7060

スクリーンショット 2019-04-20 14.02.44

スクリーンショット 2019-04-20 14.05.41

2019年4月12日〜15日、2名のお客様とアンダマンショートクルーズに行ってきました。今回はバンコクからお越しのK様&K様!タイのあらゆる海を潜っておられますが、今回は初のシミランクルーズに遊びに来てくれました!

1日目、まずはシミラン諸島7番の島からからスタート。1本目は程よい流れの中を一切泳がずドリフトダイブ!お二人ともまだ100本も潜っていないとは思えないほど上手!2本目はお隣のウエストオブエデン。うみうちわやゴルゴニアが群生していて、ハナダイの群れが満開の桜を思わせるまさにエデンな1本。3本目は給水ポイントに移動し、ビーコンリーフで1本。普段あまり潜らないポイントですが、流れもなく砂地ポイントでまったり潜れました。4本目は初のナイトダイブ!はじめはすこし緊張気味でしたが、徐々に慣れてきて、サンゴにかくれるエビカニ類や、砂地に潜むシャコやふラウンダー、ロブスターなどいろいろな生き物を観察できました!

2日目はシミラン諸島の外洋ポイント、エレファントヘッドロックからスタート。ここでは迫力のある地形と、以外とマクロも楽しめました^^その後、9番の島へ移動し、スリーツリーズでエントリー。ここも少し流れがあったので、思い切ってドリフトダイブ。砂地に生息するヤッコエイやオーラパートナーゴビーなども観察できました。3本目はノースポイント。深場の離れ根まで足をのばしましたが、まさかのK様のダイコンが窒素露出管理にすこぶる厳しく、少し遊んですぐ本根に帰るハメに、、笑 おかげでダイコンの設定の仕方がわかったので逆によかったですね!4本目は、シミラン諸島を離れボン島のウエストリッジへ。ここから大物遭遇率アップということで、期待を膨らまし50分待ちましたが、マンタは会いにきてくれませんでした。野生生物のゴキゲンは難しいですね!

3日目は朝からメインのリチェリューロック!おなじみのロウニンアジの群れハンティング、ギンガメアジの群れにでかいバラクーダなど盛りだくさん!シーズン後半になるにつれてどんどん増えいていく魚の量。笑 この日もどこを見ようか悩むくらいの見どころ満載さ、透明度も良くカラフルなリチェリューロックを楽しめました!その後タチャイ島までもどり、タチャイピナクルで1本。潮止まりのタイミングだったのか、タチャイでは珍しい流れゼロ。さかなたちものんびり泳いでいました。

最終日、1本目はシミラン諸島7番のディープシックス。流れが少し強かったので、岩陰にかくれながらの1本になりました。2本目は再びサウスオブエデン。今回初日からアオウミガメをリクエストされていたのですが、水中でウミガメをみつけ、キターーーー!とおもったのにタイマイでした。。残念。。。最後はウエストオブエデンでラストダイブ。集団で捕食中のニシキブダイの群れやアカヒメジの群れと遊んだり、まったりして最終ダイブを終えました。

今回のトリップにご参加頂いたK様K様、本当にありがとうございました!今回は大物には会えませんでしたが、次回は是非^^またシミランの海で会える日を楽しみにしています!!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :サウスオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:10:55
ダイブタイム :39分
最大深度   :24・7m
透明度    :24.7m
水温     :30℃
生物     :ムスジコショウダイエヴァンスフェラリーバスレットブラックピラミッドバタフライフィッシュコラーレバタフライフィッシュキンギョハナダイゴマモンガラ、ロウニンアジ、 モンハナシャコドクウツボ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:13:02
ダイブタイム :50分
最大深度   :27.0m
透明度    :25m
水温     :30℃
生物     :シテンヤッコキンギョハナダイブラックピラミッドバタフライフィッシュエヴァンスフェラリーバスレットイエローバックフュージュラーカスミアジアカヒメジ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:16:19
ダイブタイム :51分
最大深度   :24.6m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :ヤマブキスズメダイコラーレバタフライフィッシュブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジカクレクマノミインディアンダッシラス、デバスズメダイ、ネッタイスズメダイ、etc.

ダイブ4
ポイント名  : ビーコンベイ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:18:50
ダイブタイム :39分
最大深度   :12.9m
透明度    :ーm
水温     :30℃
生物     : コクテンフグゴシキエビキリンミノタペストリーシュリンプソリハシコモンエビヒトヅラハリセンボンミナミハコフグ、トラフシャコ、ピーコックフラウンダー、etc.

ダイブ5
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:51
ダイブタイム :46分
最大深度   :23.7m
透明度    :25m
水温     :30℃
生物     :ホワイトチップシャーク 、イソマグロハナヒゲウツボヤッコエイアンダマンジョーフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーアカモンガラ、  etc.

ダイブ6
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:07
ダイブタイム :49分
最大深度   :26・4m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :オーロラパートナーゴビータイマイヤッコエイオーロラパートナーゴビーアカヒメジブラックフィンバラクーダアンダマンスウィートリップス、 カクレクマノミ、 キヘリモンガラ、 チンアナゴ(ガーデンイール)、アデヤッコ、etc.

ダイブ7
ポイント名  : ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:24
ダイブタイム :37分
最大深度   :26・7m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     : ブラックピラミッドバタフライフィッシュブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、ウミウシ、ウミウシのたまご  etc.

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:04
ダイブタイム :53分
最大深度   :23.6m
透明度    :25m
水温     :30℃
生物     :ユカタハタブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、エイブルズエンゼルフィッシュ、セダカギンポ、マブタシマアジ、ケショウフグ、アラレフグ、クロハコフグ、  etc.

ダイブ9
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:06:48
ダイブタイム :53分
最大深度   :323.4m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :キツネフエフキギンガメアジロウニンアジトマトアネモネフィッシュ ハナミノカサゴスカンクアネモネフィッシュキンセンフエダイ、 ホソフエダイ、アカマラダハタ、ブラックフィンバラクーダピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、 モンハナシャコ、マブタシマアジ、マテアジ、etc.

ダイブ10
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:25
ダイブタイム :52分
最大深度   :26m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :キツネフエフキギンガメアジロウニンアジトマトアネモネフィッシュ ハナミノカサゴスカンクアネモネフィッシュキンセンフエダイ、 ホソフエダイ、アカマラダハタ、ブラックフィンバラクーダピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、 モンハナシャコ、マブタシマアジ、マテアジ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:11:35
ダイブタイム :46分
最大深度   :26.9m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :キツネフエフキギンガメアジロウニンアジトマトアネモネフィッシュハナミノカサゴスカンクアネモネフィッシュキンセンフエダイ、 ホソフエダイ、アカマラダハタ、ブラックフィンバラクーダピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、 モンハナシャコ、マブタシマアジ、マテアジ、etc.

ダイブ12
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:15:24
ダイブタイム :48分
最大深度   :21。3m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオロウニンアジカスミアジツムブリブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、アカマダラハタ、シマウミヘビ、etc.

ダイブ13
ポイント名  :ディープシックス(シミラン諸島No.7)
エントリー時間:06:47
ダイブタイム :46分
最大深度   :23・7m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     : パウダーブルーサージョンフィッシュホワイトチップシャーク 、ニジハギ、ニシキブダイ、ムカデミノウミウシイソマグロアンダマンスウィートリップス、 ムカデミノウミウシハナミノカサゴ、ニシキブダイ、ニジハギ、etc.

ダイブ14
ポイント名  : サウスオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:10:15
ダイブタイム :47分
最大深度   :23.1m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :  ブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラー、  エヴァンスフェアリーバスレットキンギョハナダイスカンクアネモネフィッシュ、フタイロギンポ、 カスミアジロウニンアジ、 etc.

ダイブ15
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:12:55
ダイブタイム :46分
最大深度   :20.3m
透明度    :20m
水温     :30℃
生物     :アカヒメジコラーレバタフライフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラー、  キンギョハナダイ、フタイロギンポ、 カスミアジロウニンアジ、 ニシキブダイ、ベニカエルアンコウ、  etc.

アンダマンショートクルーズ 30.MAR-2.APR.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年3月30日 – 4月2日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :1名様

飲み会初日!

飲み会初日!

飲み会2日目!

飲み会2日目!

飲み会3日目!

飲み会3日目!

イカ刺しとカニ!

イカ刺しとカニ!

ジンベイザメ、マンタレイと大物三昧!

2019年3月30日-4月2日までの3泊4日の日程で、シミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを巡るアンダマンショートクルーズに行って来ました。

今回は、毎年シミラン諸島ダイブクルーズにご参加頂いているヘビーリピーターのS様。

クルーズ中、朝方雨が降ることもありましたが、海面は穏やかでどのダイブサイトも透明度が良く気持ちの良いダイビングができました。

1、2本目は、シミラン諸島9番目のノースポイントとスリーツリーズでダイビング。詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

3本目は、シミラン諸島9番目の南にあるナムチャイベイ。4本目のナイトダイブはキャンセルして、サンセットを見ながらビールタイムになりました。夜は、欧米人やタイ人を交えパーティ。夜遅くまで楽しい時間を過ごしました。

翌日は、シミラン諸島で1本潜る予定でしたが、ボン島で沢山のマンタレイ目撃されているとのことで、3本をボン島で潜りました。

透明度が良く、いつもの大物が出そうな雰囲気とは異なりましたが、期待を裏切らず出てくれました。最初のうちは流れがなく、大物が出る気配がありませんでしたが、後半に緩やかな流れが入って来たのに合わせて、5mはあるのではないかと思うほどの大きなマンタレイと3mほどのマンタレイの2枚が現れ、流れに乗りながらのんびりと泳いでいました。

2本目は、北からの流れが入って来ていましたが、1本目同様、マンタレイが流れに乗りながら泳いでおり、その後、別の個体が現れ、全3個体のマンタレイと遭遇することができました。

3本目は、流れがほとんどなく30分間マンタレイが全く出て来ませんでしたが、サーモクラインが通り過ぎた後、その後ろから白っぽい小柄な多分別個体のマンタレイが現れてくれ、3本を全てマンタレイと出会うことができました。

4本目はタチャイ島。事前情報でマンタレイが3枚いるとの事。エントリーしてすぐに1枚のマンタレイが行ったり来たり。後半には、別の個体がエキジットするまでずーっと近くにいてくれました(流れがほとんどなく、安全停止中には、南西にあるトップ15mほどの岩の上でホバリングしていました)。

後で動画を確認したところ、1本目にボン島で見たマンタレイと、4本目のタチャイ島で見たマンタレイが同個体でした。ボン島からタチャイ島まの約20キロを行ったり来たりしている証拠を掴むことができました。

この日は、前日の飲み会の影響か皆早めに就寝。自分たちも日が変わる前には眠りにつきました。

翌日は、シミラン、スリン諸島海域のハイライト、リチェリューロックでダイビング。南からの緩やかな流れが入っており、流れの当たるところにはギンガメアジやフュージュラーが群れ、カスミアジやロウニンアジが小魚にアタックする迫力のあるシーンを見ることができました。イバラタツ、トマトアネモネフィッシュ、ワカヨウジ、アデヤカウミウシなどマクロ生物の元気な姿を確認することができました。3月18日にジンベイザメ祭りだったコンディションと似ており、大物を待ちましたが、残念ながら遭遇できませんでした。

2本目も同じくリチェリューロック。目の前を覆い尽くすフュージュラーなどの小魚の大群が凄く、大物が横切ったかのように視界が暗くなり、常に何か出るのではないかと興奮するダイビングでした。

3本目は、タチャイ島。4枚のマンタレイに囲まれ丸々1ダイブマンタレイとランデブーでした(流れなし、南のにょっきり根周辺)。

移動中にはイルカの群れと遭遇。

4本目はボン島。潜降してすぐに小さなジンベイザメとご対面。視界にジンベイザメとマンタレイが同時に入ることもありました(南からの流れあり、セカンドリッジ周辺)。

最終日は、シミラン諸島周りのダイブサイトを3本。全14ダイブを潜り終えました。最後には、カメにも出会うことがで来ました。

今回のクルーズは、大物しか見ていないと思えるほどで、大物率は14ダイブ中8ダイブ。船上では、毎晩、スタッフやお客さんを交えて国際色豊かな飲み会。海も中も船の上も思いっきり満喫したクルーズでした!

念願のジンベイザメとマンタレイを同じ視界に入れる目標も無事達成!来年のハードルがかなり高くなりますが、来シーズンも楽しくダイビングできるのを楽しみにしています。

どうもありがとうございました!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:01
ダイブタイム :53分
最大深度   :23.8m
透明度    :30m
水温     :28℃
生物     :ハタタテハゼエヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュジャバラビットフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュミナミハコフグハタタテハゼモンハナシャコ、 オトヒメウミウシアデヤッコ、 クロコショウダイ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:14:17
ダイブタイム :50分
最大深度   :22m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :オーロラパートナーゴビーカスミアジムスジコショウダイイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジタテジマキンチャクダイカクレクマノミモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュナポレオンフィッシュ 、シマウミヘビ、 モンダルマカレイチンアナゴ(ガーデンイール)、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ナムチャイベイ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:16:38
ダイブタイム :53分
最大深度   :21.3m
透明度    :20-25m
水温     :28℃
生物     :イソマグロイケカツオブラックピラミッドバタフライフィッシュネズミフグ、 イエローバックフュージュラーコクテンフグウミウチワスカシテンジクダイカスミアジインディアンドラゴンブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、 etc..

ダイブ4
ポイント名  :ナムチャイベイ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:-
ダイブタイム :-
最大深度   :-
透明度    :-
水温     :-
生物     :-

ダイブ5
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:7:17
ダイブタイム :47分
最大深度   :22.6m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :イソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュアンダマンスウィートリップスマンタレイモルディブスポンジスネイル、etc..

ダイブ6
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:9:58
ダイブタイム :52分
最大深度   :23.2m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :イソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュアンダマンスウィートリップスマンタレイモンハナシャコ、etc..

ダイブ7
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:12:38
ダイブタイム :50分
最大深度   :19.8m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :イソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュアンダマンスウィートリップスマンタレイ、etc..

ダイブ8
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:11
ダイブタイム :58分
最大深度   :17.4m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイツムブリナポレオンフィッシュ 、ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ9
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:07:02
ダイブタイム :50分
最大深度   :34.9m
透明度    :20-25m
水温     :28℃
生物     :キツネフエフキロウニンアジ、イバラタツ、アデヤカウミウシ、 スカンクアネモネフィッシュギンガメアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラートマトアネモネフィッシュヨウジウオetc.

ダイブ10
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:33
ダイブタイム :53分
最大深度   :17.7m
透明度    :20-25m
水温     :28℃
生物     :ギンガメアジ、 キツネフエフキイソマグロロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ11
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:14
ダイブタイム :52分
最大深度   :19.8m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :マンタレイイエローバックフュージュラー、 etc..

ダイブ12
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:13
ダイブタイム :546分
最大深度   :21m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :ジンベイザメマンタレイ、 etc..

ダイブ13
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:57
ダイブタイム :47分
最大深度   :25m
透明度    :25-30m
水温     :28℃
生物     :オニカマスイソマグロ、 ロウニンアジハナヒゲウツボカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーアンダマンダムゼル、etc.

ダイブ14
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:56
ダイブタイム :47分
最大深度   :25.3m
透明度    :30m
水温     :28℃
生物     :エヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュジャバラビットフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュアデヤッコ、 クロコショウダイ、etc.

ダイブ15
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:08
ダイブタイム :46分
最大深度   :18.6m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :カスミアジムスジコショウダイイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジタテジマキンチャクダイカクレクマノミモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュナポレオンフィッシュ 、タイマイ、 etc.

アンダマンショートクルーズ 16-19.MAR.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年3月16日 – 19日
日担当スタッフ:マサ、ノブ、アヤコ、英語ガイド2名
お客様人数  :17名様

東北大学ダイビングサークルのみなさん!

東北大学ダイビングサークルのみなさん!

ライセンス取得おめでとう!

ライセンス取得おめでとう!

50本記念おめでとう!

50本記念おめでとう!

ジンベイザメ2!

ジンベイザメ2!

ジンベイザメ1!

ジンベイザメ1!

ダイビングサークル、ジンベイザメに会うことができラッキーなトリップでした!

2019年3月16日-19日までの3泊4日の日程でシミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックまでをめぐるアンダマンショートクルーズに行って来ました。

今回は、東北大学のダイビングサークルの17名のお客様が遊びに来てくれました。1日早く前泊した4名は、アドバンスドオープンウォーターコースを受講。他の13名のうち5名はディープスペシャリティコース、2名はアドベンチャーダイバーコースを受講、クルーズに乗りながらスキルアップを目指しての参加となりました。

海のコンディションは良好。日中は暑すぎるのか水平線の彼方が靄がかかったように見えましたが、今回もべた凪の中で、船酔いが心配な方たちも皆元気に全ダイブを潜りました。水中は、サーモクラインが入る場所が多く、それほど冷たくはないのですが、緑がかっており透明度は少し落ちている印象でした。シミラン諸島周辺は、ほとんど流れがなくゆっくり潜ることができましたが、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックは流れが強くちょっと大変なダイビングでした。でも、毎ダイブ新しいことを吸収し、皆一段とスキルに磨きがかかっていました。短期間にたくさんダイビングをするクルーズでは、潜り方が自然と身につくので、スキルアップされたい方にはおすすめです。

1本目は、シミラン諸島9番目の北側にあるノースポイント。チェックダイブ+アドバンスドオープンウォーターコースの中のディープダイビングを行いました。スイムスルーなどの地形や、クリーニングされるウツボ(浮いてました)、岩に同化したウルマカサゴ、途切れることなく目の前を行進していたイエローバックフュージュラーの群れなどを見ることができました。

2本目は、ノースポイントの隣にあるスリーツリーズ。リクエストがあったチンアナゴをいとも簡単にクリアし、のんびりとリーフ沿いを流しました(アドバンスドオープンウォーターコースのドリフトダイブ)。エキジット時にカメラを失くすアクシデント発生。3本目の前に、ガイド陣で探しに行くも見つからず…。

3本目は、シミラン諸島8番目の島の東側にあるビーコンリーフ周辺でアドバンスドオープンウォーターコースのナビゲーションを行いました。皆さん問題なくコンパスを使いこなし直線往復や四角形など軽々こなしていました。

4本目は、アドバンスドオープンウォーターコースのナイトダイブ。ブダイの寝姿、ネッタイミノカサゴ、ヒトズラハリセンボン、エビなど夜の生き物が岩の中から出て表に出ていました。

翌日の1本目は、シミラン諸島9番目の西、クリスマスポイント。合計6個の大小様々なスイムスルーを中性浮力をうまく操り岩にぶつからないようにコントロール(アドバンスドオープンウォーターコースのピークパフォーマンスボイヤンシー)。インド洋の固有種のコラーレバタフライフィッシュ、パウダーブルーサージョンフィッシュまた、群れで泳いでいたムスジコショウダイやホウセキキントキなどを観察しました。

2、3本目はボン島のウエストリッジ。ここで後半組の13名と合流、3名の日本人ガイドと2名の英語ガイドで皆さんをガイドしました。大物には出会えませんでしたが、大量発生したスカシテンジクダイが絨毯のように岩という岩に覆いかぶさっていました。

4本目は、タチャイ島の南タチャイピナクル。船から見ても流れが強いのがわかるほど水面がパシャパシャしてましたが、ポイントから少し離れた場所からエントリー。岩の後ろに無事に入ることができましたが、前進できず。一部のグループは、マンタレイやブラックフィンバラクーダの群れを見ることができたようです。

夜はみんなでログ付けをして、楽しいひと時を過ごしました。

3日目の1、2、3本はシミランクルーズのハイライト、リチェリューロック。全ダイブジンベイザメに会うことができ、皆さん大喜び!フュージュラーやアジなどの魚影が濃く、目の前が魚で見えなくなることもしばしばでした。

4本目は、タチャイピナクルの予定でしたが、昨日に引き続き流れが強かったので、タチャイリーフでのんびり。この日、最後のダイビングを終了しました。

夕方にダイビングが終了したので、夕食までの時間を使って、アドバンスドオープンウォーターコース、アドベンチャーダイバーコースのナレッジレビューの答え合わせをし、無事6名のスキルアップに成功しました。

最終日は、シミラン諸島7、8番目の間にあるエレファントヘッドロックでダイビング。ダイナミックな地形にフュージュラーにアタックするアジの群れに大興奮な1本でした。

スピードボートが到着するまでの間、シミラン諸島8番の島に上陸し、セイルロックからの絶景、リスなど自然の中で生息する生物にも会うことができました。

2本目は初日に潜ったノースポイント。3本目は、スリーツリーズで潜り全15ダイブを終了しました。

今回は、学生のダイビングサークルということで、皆さん元気一杯でとても楽しい時間をご一緒させていただきました。

是非、来シーズンもジンベイザメに会いに来てくださいね。どうもありがとうございました。

撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:15
ダイブタイム :44分
最大深度   :27.4m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :ホウセキキントキスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラーカスミアジ、 ウミウチワモンガラカワハギウルマカサゴ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:13
ダイブタイム :47分
最大深度   :22m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     : オーロラパートナーゴビーヤッコエイヨスジフエダイカクレクマノミエヴァンスフェアリーバスレットキンギョハナダイ、 インディアンダッシラスチンアナゴ(ガーデンイール)、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイヤッコエイイエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc.

ダイブ3
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:16:33
ダイブタイム :39分
最大深度   :10.4m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     : スカンクアネモネフィッシュカクレクマノミカスミアジインディアンドラゴンブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、 etc..

ダイブ4
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:18:36
ダイブタイム :35分
最大深度   :10.4m
透明度    :-m
水温     :29℃
生物     :スザクサラサエビソリハシコモンエビヒトヅラハリセンボン、 コクテンフグイロブダイオトヒメエビ、  etc..

ダイブ5
ポイント名  :クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:06:49
ダイブタイム :48分
最大深度   :25m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :ロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュホウセキキントキムスジコショウダイヨスジフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーアンダマンスウィートリップススカシテンジクダイコラーレバタフライフィッシュ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:50
ダイブタイム :42分
最大深度   :25.6m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイキツネフエフキカスミアジイソマグロ スカンクアネモネフィッシュ ドクウツボブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーイケカツオ、 キンセンフエダイ、etc.

ダイブ7
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:01
ダイブタイム :43分
最大深度   :21m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイキツネフエフキイソマグロ スカンクアネモネフィッシュ ドクウツボ、 キンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーナポレオンフィッシュ 、イケカツオカスミアジ、 ホウセキキントキ、etc.

ダイブ8
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:15:54
ダイブタイム :32分
最大深度   :23.8m
透明度    :10−15m
水温     :27℃
生物     :イソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュツバメウオ、etc..

ダイブ9
ポイント名  :タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:18:36
ダイブタイム :30分
最大深度   :9.5m
透明度    :-m
水温     :29℃
生物     :スザクサラサエビソリハシコモンエビヒトヅラハリセンボン、 コクテンフグイロブダイオトヒメエビ、  etc..

ダイブ10
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:45
ダイブタイム :45分
最大深度   :22.9m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ジンベイザメハナミノカサゴスカシテンジクダイイエローバックフュージュラー、  エヴァンスフェアリーバスレットスカンクアネモネフィッシュギンガメアジ、 ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダカスミアジウミウチワロウニンアジ、 etc.

ダイブ11
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:18
ダイブタイム :44分
最大深度   :13.1m
透明度    :15−20m
水温     :28℃
生物     :ジンベイザメハナミノカサゴスカシテンジクダイイエローバックフュージュラー、  エヴァンスフェアリーバスレットブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカンクアネモネフィッシュニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)ギンガメアジ、 ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダカスミアジウミウチワロウニンアジ、 etc.

ダイブ12
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:11:46
ダイブタイム :47分
最大深度   :15.9m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :ジンベイザメハナミノカサゴスカシテンジクダイイエローバックフュージュラー、  エヴァンスフェアリーバスレットスカンクアネモネフィッシュギンガメアジ、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダカスミアジウミウチワロウニンアジ、 etc.

ダイブ13
ポイント名  :タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:16:02
ダイブタイム :45分
最大深度   :11.6m
透明度    :15−20m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイヒトヅラハリセンボンカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーモンダルマカレイ、 インディアンバナーフィッシュコラーレバタフライフィッシュ、etc.

ダイブ14
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:44
ダイブタイム :42分
最大深度   :25.6m
透明度    :15−20m
水温     :28℃
生物     :スカシテンジクダイムスジコショウダイカスミアジムレハタタテダイ、 ムカデミノウミウシヤッコエイブラックピラミッドバタフライフィッシュコホシカニダマシ、 etc.

ダイブ15
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:09:55
ダイブタイム :46分
最大深度   :24.4m
透明度    :15−20m
水温     :28℃
生物     :ホウセキキントキスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラーカスミアジ、 ウミウチワモンガラカワハギ、 etc.

ダイブ16
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:45
ダイブタイム :45分
最大深度   :20.6m
透明度    :15−20m
水温     :28℃
生物     :オーロラパートナーゴビーヤッコエイヨスジフエダイ、 カクレクマノミエヴァンスフェアリーバスレットキンギョハナダイ、 インディアンダッシラス、 チンアナゴ(ガーデンイール)、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイヤッコエイイエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc.

アンダマンショートクルーズ 12-14.MAR.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2019年3月12日 – 14日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :1名様

ジンベイザメとご対面1!

ジンベイザメとご対面1!

ジンベイザメとご対面2!

ジンベイザメとご対面2!

マンタレイとご対面1!

マンタレイとご対面1!

マンタレイとご対面2!

マンタレイとご対面2!

ジンベイザメ、マンタレイと大物三昧!

2019年3月12-14日までの2泊3日の日程でシミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを 巡るアンダマンショートクルーズに行って来ました。

今回も真っ青な空、照りつける強い日差しとダイビング日和りのコンディションでした。海の中は透明度が回復して来た感じがしましたが、サーモクラインの影響もあり、時折、冷水と緑がかり透明度が落ちる場面もありました。

今回のお客様は、東京にある「OCEAN TRIBE」で働かれているNさんとマンツーマンでシミラン諸島海域を潜り倒して来ました。仕事の合間をぬって急遽決めたシミランクルーズで出発するまでバタバタのようでしたが、最高の3日間になるとは思ってもみなかったようです。

1本目は、シミラン諸島9番目のスリーツリーズ。バラクーダの群れ、タイマイ(カメ)、ナポレオンに会えますよとブリーフィングをしてからエントリー。透明度がよく水面からそこまでがしっかり見ることができましたが、強い流れを伴ったサーモクラインにおかげで、ハゼなどの砂地の生物をじっくり観察することができず浅場へ。長い間見なかった大きなナポレオンがいきなり目の前に登場。シャイなのですぐ逃げてしまいましたが、幸先良いスタートとなりました。

2本目は、スリーツリーズのお隣りのノースポイント。お客様を連れて滅多に行くことがない離れ根へ。お目当のサメには出会うことができませんでしたが、大きなウミウチワの群生と、マダラトビエイを見ることができました。

3本目は、最近大物で話題のボン島。ほとんど流れはありませんでしたが、サーモクラインが深場から入って来ており水温が落ちましたが、めげることなく、島沿いからリッジの先端までを行ったり来たり。カスミアジやキツネフエフキの大群や、フュージュラーが逃げる音に反応したのかカイワリのものすごい大群に囲まれ大興奮でした。

4本目は、タチャイ島でナイトダイブの予定でしたが、他の船がマンタレイと遭遇したとのことで、急遽、サンセットダイブに変更し30分1本勝負でマンタレイを狙いました。深場から徐々に暗くなる水中、自然と浅瀬に移動して魚を見てたのですが、この緩やかな流れならもしかしたら…と思い西側のやや暗くなった潮の上へ。すると本当にベストタイミングで大きなマンタレイが泳いで来ました。好奇心が旺盛なのか、自分たちの周りを行ったり来たり、たまにホバリングしたりと15分ほど遊んだ後暗闇の中に消えて行きました。

その日は、リチェリューロックで停泊。一番最後までビールを飲みながら楽しい時間を過ごしました。

2日目の1、2本はリチェリューロック。1本目は深場でイバラタツを見た後、モンハナシャコやアデヤカウミウシなど陽の光が入るまでマクロ中心でダイビング。でも、ギンガメアジ、ロウニンアジ、キツネフエフキなどの大群が前方、後方からと大行進。すぐにワイドに切り替えて魚の集まるエリアで魚たちに囲まれました。2本目は南からの緩やかな流れと北からのサーモクラインが被り、透明度が良い場所は、北側の一部のエリアのみ。自分の予想では西側で大物が期待できるかもしれないと思っていましたが、魚は多いものの寒さに耐えきれず透明度の良い北側で大物を待ちつつ魚の群れと戯れていました。するとたくさんの味を引き連れた3mほどのジンベイザメが姿を現し優雅に目の前を通り過ぎて行きました。お客さんにはまた戻ってくるからと伝え、しばし待つと大きな口を開けながら目と鼻の先まで近寄って来ました。そんなこんなで3、4往復して来たジンベザメを前方から、下から、上からと全角度からと20分くらいはいたかと思います。まだまだ一緒に泳ぎたかったのですが、ダイビングの制限時間のためエキジットしました。

3本目は、マンタレイを見たタチャイ島。他の船のお客さんがスノーケリングをしていたので何かいる!と確信を持ってのエントリー。南のとんがり根周辺を優雅に泳ぐ昨日と同じ個体のマンタレイ。今回も逃げることなく40分ほど遊んでもらいました。エキジット前に安全停止中には、深場から浅瀬まで上がって来てくれる大サービス。見送りに来てくれたようでした。

ジンベイザメとマンタレイでお腹がややいっぱいになった4本目はボン島でレオパードシャークやサカタザメ狙いでダイビング。やはりサーモクラインが冷たすぎたため、コースを変え暖かい浅瀬エリアで、地形、ウミウシ、インド洋の固有種などを堪能しました。

この日は、シミラン諸島4番と5番の島の間で停泊。この日も一番最後までビールを飲み散らかし、海の中も船の上も全力で楽しんでいただけたようです。

最終日は、シミラン諸島3番目周辺のシャークフィンリーフ。モーリングに船を係留したため、フライングしてのエントリー。エントリーすると真下には数えきれないほどのブラックフィンバラクーダの大群がいました。場所を移動すると普段単体で泳いでいるはずのオニカマスたちが、等間隔にスペースを空けながら10匹ほどで泳いでいました。ほとんどの岩には、スカシテンジクダイが覆いかぶさるように群れ、青や黄色のフュージュラーたちも途切れることなく大行進をしており、魚影の濃い1本でした。

シミラン諸島4番目の島への上陸タイムを挟み2本目。この日は、乗船するお客様0だったので少し早めにエントリー。シミラン諸島5番目にある沈潜ポイント、ツナレック。深場で沈潜を見た後は10mほどの浅瀬まで移動して、ほぼ動かずリーフフィッシュ観察タイム。

最後は、シミラン諸島4番目のストーンヘンジ。離れ根の真上からエントリーして、サメを狙いましたが1匹も現れず。砂地に移動してジョーフィッシュ、ハタタテハゼなどを観察した後、再び岩場に戻りダイバー一人がやっと入れるようなスイムスルーを超えながら地形を堪能してのダイビングで幕を閉じました。

今回は、働く場所が違いますが同業者のベテランダイバーでしたので、生物を探すことに専念できたのがジンベイザメやマンタレイとの遭遇に繋がったのだと思います。現地で潜っているからこそできるサービスを提供することができ、1つの海で長い事ダイビングしていてよかったなぁと思えるダイブクルーズでした。

機会がありましたら、是非遊びに来てくださいね。また、ご一緒できるのを楽しみにしています。

ありがとうございました。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:42
ダイブタイム :50分
最大深度   :25m
透明度    :25-30m
水温     :28℃
生物     :ナポレオンフィッシュ 、 オーロラパートナーゴビーヨスジフエダイカクレクマノミエヴァンスフェアリーバスレットキンギョハナダイ、 インディアンダッシラスチンアナゴ(ガーデンイール)、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイヤッコエイイエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:47
ダイブタイム :48分
最大深度   :27.4m
透明度    :25-30m
水温     :28℃
生物     :スカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)マダラトビエイオトヒメウミウシブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラーカスミアジ、 ウミウチワ、 etc.

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:26
ダイブタイム :51分
最大深度   :23.2m
透明度    :10−20m
水温     :27℃
生物     :ブリ?、イソマグロイケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジインディアンドラゴンブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、 etc..

ダイブ4
ポイント名  :チャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:18:12
ダイブタイム :30分
最大深度   :15.5m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :マンタレイツバメウオブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーイソマグロカスミアジ、 etc..

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:06:32
ダイブタイム :54分
最大深度   :31.7m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :キツネフエフキロウニンアジ、イバラタツ、アデヤカウミウシ、 スカンクアネモネフィッシュギンガメアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:06
ダイブタイム :53分
最大深度   :16.8m
透明度    :10−20m
水温     :28℃
生物     :ジンベイザメキツネフエフキイソマグロロウニンアジ、イバラタツ、アデヤカウミウシ、 スカンクアネモネフィッシュギンガメアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:12:38
ダイブタイム :50分
最大深度   :18.3m
透明度    :20−30m
水温     :28℃
生物     :マンタレイツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:17
ダイブタイム :51分
最大深度   :22.9m
透明度    :10−20m
水温     :27℃
生物     :イソマグロ、 イケカツオツムブリムカデミノウミウシ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュアンダマンスウィートリップス、 etc..

ダイブ9
ポイント名  :シャークフィンリーフ(シミラン諸島 No.3)
エントリー時間:06:32
ダイブタイム :58分
最大深度   :21m
透明度    :20−30m
水温     :29℃
生物     :ロウニンアジブラックフィンバラクーダルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)カスミアジイエローダッシュフュージュラー、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラースカシテンジクダイオニカマス、etc.

ダイブ10
ポイント名  :ツナレック(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:09:50
ダイブタイム :52分
最大深度   :31.4m
透明度    :20−30m
水温     :28℃
生物     :スカシテンジクダイブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラー、  エヴァンスフェアリーバスレットキンギョハナダイスカンクアネモネフィッシュムレハタタテダイタイガーエッグコウリーカスミアジウミウチワロウニンアジ、 etc.

ダイブ11
ポイント名  :ストーンヘンジ(シミラン諸島No.4)
エントリー時間:12:39
ダイブタイム :46分
最大深度   :25.6m
透明度    :15−20m
水温     :28℃
生物     :スカシテンジクダイヒトヅラハリセンボンカスミアジウミウチワハタタテハゼアンダマンジョーフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュコホシカニダマシ、 etc.