月別アーカイブ: 2019年10月

目次

お知らせ!

キャンペーン

タイランド ローシンクルーズ
インドネシア コモドトクルーズ
インドネシア ラジャアンパットクルーズ
インドネシア バンダ海クルーズ
インドネシア チェンデラワシクルーズ
インドネシア アロール-マウメレクルーズ
ミャンマー ダイブクルーズ

ダイブクルーズ レポート

アンダマン ショートクルーズ
サワディーファーサイ
シミラン ショートクルーズ
シースター(スノーケル)
タパナ
タパナ カタマラン
ディヴァ アンダマン
ディープ アンダマンクイーン
パワラ
マンタクイーン1
マンタクイーン2
マンタクイーン3
日帰りダイビング

特別企画クルーズ

シミラン諸島の水中生物

魚類
甲殻類
珊瑚など
その他
軟体動物
爬虫類

シミランショートクルーズ 20-21.OCT.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜ボン島 シミランショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年10月20日 -21日
担当スタッフ :マコ
お客様人数  :2名様

天然の窓@エレファントヘッドロック(シミラン諸島No.8)

天然の窓@エレファントヘッドロック(シミラン諸島No.8)

ビーチトリップ@プリンセスビーチ(シミラン諸島No.4)

ビーチトリップ@プリンセスビーチ(シミラン諸島No.4)

キンギョハナダイ@ストーンヘンジ(シミラン諸島No.4)

キンギョハナダイ@ストーンヘンジ(シミラン諸島No.4)

イエローバックフュージリア@ストーンヘンジ(シミラン諸島No.4)

イエローバックフュージリア@ストーンヘンジ(シミラン諸島No.4)

モニュメント@ストーンヘンジ(シミラン諸島No.5)

今シーズン初クルーズ!
人の少ない、穏やかな海を満喫!

2019年10月20日-21日の1泊2日の日程でボン島からシミラン諸島までを周遊するシミランクルーズに行ってきました。今回のゲストはダイブクルーズ初参加のDさん、Tさんの2名様!何度か遊びにいらしていただいているお客様からのご紹介です。10月15日にオープンしたシミランは、まだダイバーが少なく、なんと、行きのスピードボートは貸切状態。船上にも宿泊のお客様は合計6人だけ。ほぼ貸切状態の船上でゆったりとクルーズを楽しんできました。

1本目は、前日からマンタの目撃情報があるボン島からスタート!風邪気味で耳抜きが心配というDさん、ゆっくり時間をかけて無事潜行!リーフ沿いの透明度はイマイチでしたが、あまり流れもなく、リッジの先端まで行くことができました!中層を泳ぐカスミアジなどを観察し、ウォールサイドへ。ウォールの穴に潜むドクウツボやサンゴの中に隠れるセダカギンポなどが見られました。

2本目も同じ場所からエントリー。Dさんは、耳の調子が悪く、潜行を断念。Tさんのマンツーマンダイビングとなりました。潮が動き始め、深場から冷たい冷水塊が上がってきて、透明度もダウン。流れの影響が少ないリッジの根元に身を潜めてマンタ待ち。しばらく待ちましたが、マンタは現れてくれず、、、。

3本目はシミラン諸島まで戻り、7番のサウスオブエデン。Dさんの耳も復活し、深場のソフトコーラルや、浅場に時折現れるカスミアジ、ロウニンアジの編隊を眺めながらのロングダイブ。ハナヤサイサンゴなど、ハードコーラルの回復が印象的でした。

4本目は、お二人にとって初めてのナイトダイブ、となる予定でしたが、明日に備えDさんはスキップ。普段はナイトであまり潜らない、ウェストオブエデンでのナイトダイブとなりました。産後の間に潜むサンゴガニやキモガニ、ウトウトと寝ぼけているハリセンボンや、カワハギの仲間をガン見することができました。

2日目は、Dさんの耳も復活! シミラン諸島8番の沖にあるエレファントヘッドロックからスタート。普段はダイバーの多いこのポイントもこの日は貸切。深場のムスジコショウダイの群れや、ジョーフィッシュも健在。岩の間やスイムスルーを抜けて、浅場に移動すると、ロウニンアジとホワイトチップシャークが仲良く並走して泳いでいました。中層にはイエローバック、イエローダッシュ、クマザサハナムロなどのフュージリアの群れがたくさんいて、とってもカラフルでした。

朝ごはんの後には、4番の島のプリンセスビーチに上陸。
純白のビーチを楽しんだ後の2本目は、シミラン諸島4番の北端に位置するストーンヘンジ。リーフ沿いに沖に向かって、まったりと癒し系のダイビング。途中、イエローバックフュージリアの大群に360度囲まれ、至福の時間を過ごしました。別グループは深場でなんと、ジンベイザメよりもレアな、シノノメサカタザメを目撃したそうです!

最後のダイビングは、シミラン諸島5番の島、津波モニュメント。真っ白な砂地の上には、モンダルマガレイや、ホシテンスの幼魚、ヤッコエイが見られ、安全停止間際には、ナポレオンも現れてくれました。

あっとゆう間の7ダイブでしたが、久々ということもあり、どれも印象的なダイビングでした。
トリップにご参加いただいた、D様、T様、お疲れ様でした!
今回は、1泊で様子見、ということでしたが、次回は是非、リチェリューロックまでご一緒したいです!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい。

以下ダイブログです。

ダイブ1
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:41
ダイブタイム :43分
最大深度   :21.0m
透明度    :20−25m
水温     :31℃
生物     :スカシテンジクダイユカタハタオニカマスオビテンスモドキクマノミ、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーゴマモンガラジャバラビットフィッシュドクウツボイケカツオカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:12:59
ダイブタイム :49分
最大深度   :26・2m
透明度    :20−25m
水温     :31℃
生物     : ヨスジフエダイキンセンフエダイムレハタタテダイクロコショウダイ、 スカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラールナーフュージュラー、etc.

ダイブ3
ポイント名  :サウスオブエデン(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:16:12
ダイブタイム :48分
最大深度   :17.9m
透明度    :15−20m
水温     :30℃
生物     : ヤッコエイ、ヒメテングハギ、ロウニンアジ、カスミアジエヴァンスフェアリーバスレットインディアンダッシラスヨスジフエダイドクウツボ、 コラーレバタフライフィッシュブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ4
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:18:22
ダイブタイム :38分
最大深度   :17.8m
透明度    :–m
水温     :30℃
生物     :ヤッコエイヒトヅラハリセンボンオオアカホシサンゴガニオトヒメエビスザクサラサエビスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、アワハダキモガニ、アミメサンゴガニ、アミメハギ、etc.

ダイブ5
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:54
ダイブタイム :44分
最大深度   :28.8m
透明度    :15−20m
水温     :30℃
生物     :イソマグロホワイトチップシャーク 、 オニカマスブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラールナーフュージュラー、アンダマンジョーフィッシュ、ロウニンアジ、カスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーetc.

ダイブ6
ポイント名  :ストーンヘンジ(シミラン諸島No.4)
エントリー時間:9:47
ダイブタイム :49分
最大深度   :22.6m
透明度    :15−20m
水温     :30℃
生物     : ホウセキキントキヨスジフエダイインディアンダッシラスヤマブキスズメダイオーロラパートナーゴビーチンアナゴ(ガーデンイール)、ワヌケヤッコ、 タテジマキンチャクダイムスジコショウダイパウダーブルーサージョンフィッシュイエローバックフュージュラーゴマモンガラ、etc.

ダイブ7
ポイント名  :モニュメント(シミラン諸島 No.5,6)
エントリー時間:18:22
ダイブタイム :38分
最大深度   :17.8m
透明度    :–m
水温     :30℃
生物     :ヤッコエイモンダルマカレイ、ホシテンス幼魚、ハタタテシノビハゼ、ブラックパートナーゴビー(ブラックシュリンプゴビー)チンアナゴ(ガーデンイール)、 スザクサラサエビスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーオシャレカクレエビナポレオンフィッシュ 、コラーレバタフライフィッシュカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュカクレクマノミアカヒメジ、キンギョハナダイ、etc.