アンダマンショートクルーズ@SSD3 18-20.MAR.2018

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック シミランショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブー3号
開催期間   :2018年3月10日 – 月11日
担当スタッフ :ペドロ
お客様人数  :2名様

リラックスモード

スノーケルから景色!ダイバーがいっぱい

水面も魚がいっぱいですね。

スノーケル中の写真!(ボン島)

サンセットスノーケル

シミラン諸島のサンセット!

サンセットスノーケル!

はーい、みなさんペドロです。

今回はシミラン諸島からリチェリューロックでシノーケルチャレンジ。なかなかリチェリューロックでシノーケルチャレンジャーはいないですけど、今回は夫婦でチャレンジでした。

初日目ボン島でスノーケルに参加し、初日目から目標が達成できました。なんとスノーケルでマンタを見れる事ができました。大きかったですねぇ!多分5メートルくらいありましたね。ただ20−25メートルあたりで泳いでいたので、近くで見る事はできませんでしたが、夫婦の喜びの笑顔を見れまして嬉しかたです。この日も綺麗なサンセット見ながらスノーケルし、亀まで見れました。今日はラッキーな1日でした。

2日目はリチェリューロックでスノーケル!うじゃうじゃしている魚のところで、頑張って流れに負けずご夫婦一緒にキックをして頑張ってました。少しはお疲れの顔でしたが、水面にもたくさんの魚を見れましたので、よかったですねぇ。この日もまたボン島でスノーケルをしましたが、マンタもジンベイザメもでませんでした。 でも、1日目でマンタを見れましたので、大丈夫です。

3日目、最終日は多少流れがあるポイントでありましたので、2ポイントをパスをすることになりましたが、ウォーターフォールベイ(シミラン諸島 No.8)でたっぷりその分スノーケルができました。浅いところから魚もいっぱいいまして、透明度もよくて、ゆった、気持ちよくこのシミラン諸島のスノーケルツアーを終了をすることができました。

短い間でしたが、ありがとうございました。今度ジンベイザメを見ましょう。
また、お待ちしております。

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ノースリッジ(ボン島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ2
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ3
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     : etc…

ダイブ4
ポイント名  :タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック トリンラリーフ(スリン諸島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック トリンラリーフ(スリン諸島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ10
ポイント名  :ウォーターフォールベイ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

ダイブ11
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:-:-
ダイブタイム :- 分
最大深度   :- m
透明度    :- m
水温     :30℃
生物     :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください