アンダマンショートクルーズ 27-29/APR/2014

クルーズ名 :アンダマンショートクルーズ
クルーズ船 :ソンブーン3号
開催期間  :2014年4月27日〜2014年4月29日
担当スタッフ:マサ
お客様人数 :4名様

「凪」

「凪」

アンダマンショートクルーズ 集合写真!

アンダマンショートクルーズ 集合写真!

エビの仲間 コホシカニダマシ

エビの仲間 コホシカニダマシ

トラフケボリタカラガイ@リチェリューロック

トラフケボリタカラガイ@リチェリューロック

近すぎてマンタレイの全体を撮影できません。

近すぎてマンタレイの全体を撮影できません。

タテジマキンチャクダイの幼魚!

タテジマキンチャクダイの幼魚!

太陽とのコントラストがきれいなマンタレイ!

太陽とのコントラストがきれいなマンタレイ!

海の中ではマンタレイ、水面ではイルカの大群とご対面!

今回のお客様は、毎年この時期にご利用頂いている超リピーターのI夫妻。今回は、4泊5日の日程でリチェリューロックを2周するアンダマンショートクルーズにご参会頂きました。もう1名は、マレーシア在住のI様、大物を狙うべくアンダマンショートクルーズにご参加頂きました。もう1名のS様は、今回はクルーズ会社側の英語ガイドでのご参加でしたが、船上の上では皆意気投合して、楽しい時間を過ごされておりました。

天候、海のコンディションともの良好で、本当に、もうすぐシミラン諸島の季節が終わるの?と疑問に思ってしまう程の最高のコンディションでした。

初日の1、2本目は、日帰りダイビングでご参加頂いたお客様とご一緒にダイビングを行いました。マンタ三昧のダイビングの様子は、海ブログ「シミラン日帰りダイビング 27/APR/2014」をご覧下さい。
https://hobo-ya-similan.com/blog/?p=3984

ボン島ウエストリッジでのダイビングを終えた後は、タチャイ島 タチャイピナクル(ツインピークス)リチェリューロックのある北側のダイブサイトを目指して移動を開始しました。

タチャイ島 タチャイピナクル(ツインピークス)でのダイビングは、通常、流れが激しく岩の影に隠れながらダイビングをするのですが、今回は、流れがほとんどない穏やかなコンディションで、気持ちを引き締めてエントリーしたのですが拍子抜けでした(笑。このポイントは、流れが強いと魚が集まり魚影の濃いダイビングになるのですが、今回は、魚は多かったのですがばらけておりまとまりのない感じでした。2日目の4本目にタチャイ島 タチャイピナクル(ツインピークス)でダイビングした際は、緩やかな流れが入っており根を外してみるとロウニンアジやバラクーダが群れており流れの違いでこれまでにも見れる魚が違うものかと改めて感じました。

リチェリューロックは、タチャイ島 タチャイピナクル(ツインピークス)と逆で流れが強く根の影で隠れるようなダイビングとなりましたが、移動距離が少ない分、じっくりとマクロ生物を観察する事ができました。

また、ダイビング終了後は、毎晩パーティーに早変わり。サンセットを見ながらビールで乾杯。日常とかけ離れた時間を満喫しました。

4月29日は、リピーター夫妻がソンブーン4号に乗り移るため、他のお客様とは朝一のダイビングを終えお別れとなりました。僕たちを見送ってくれているかのように、1本目のダイビング終了後には、いままで見た事の無い程のイルカの群れが船の周りを泳いでいました。

今回のアンダマンショートクルーズの動画を、下記、ほうぼう屋 Facebookファンページ内にアップしておりますので、ぜひご覧下さい。
https://www.facebook.com/photo.php?v=834835053196569&set=vb.298219326858147&type=2&theater

今回も、船上も海の中も大満足のダイブクルーズとなりました。

また、ご一緒にダイビングできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

以下ダイブログです。

ダイブ1
ポイント名:ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:11:00
水温:29度
最大深度:18m
生物:マンタレイ、etc.

ダイブ2
ポイント名:ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:20
水温:29度
最大深度:18m
生物:マンタレイ、etc.

ダイブ3
ポイント名:タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:20
水温:29度
最大深度:20m
生物:キイロイボウミウシ、キンセンフエダイ、カスミアジ、スカンクアネモネフィッシュ、ヤマブキスズメダイ、コラーレバタフライフィッシュ、etc.

ダイブ4
ポイント名:—–
エントリー時間:—–
水温:—–
最大深度:—–
生物:—–

ダイブ5
ポイント名:リチェリューロック
エントリー時間:07:00
水温:28度
最大深度:23m
生物:ニシキフウライウオタイガーテールシーホストマトアネモネフィッシュ、ミナミハコフグ、モンハナシャコ、etc.

ダイブ6
ポイント名:リチェリューロック
エントリー時間:09:30
水温:29度
最大深度:25m
生物:スザクサラサエビ、ウルマカサゴ、フリソデエビキンセンフエダイタイガーエッグコウリー(トラフケボリタカラガイ)、etc.

ダイブ7
ポイント名:トリンラリーフ(スリン諸島)
エントリー時間:12:00
水温:28度
最大深度:25m
生物:タテジマキンチャクダイの幼魚、ゴシキエビ、タツノイトコ、キイロイボウミウシ、タテヒダイボウミウシ、etc.

ダイブ8
ポイント名:タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:15:00
水温:28度
最大深度:21m
生物:ブラックフィンバラクーダ、コガネシマアジ、キンセンフエダイツバメウオシマウミヘビ、コホシカニダマシ、ロウニンアジ、etc.

ダイブ9
ポイント名:エレファントヘッドロック
エントリー時間:07:00
水温:28度
最大深度:27m
生物:ウミテング、ムスジコショウダイ、ワモンダコ、ヒトヅラハリセンボン、スカンクアネモネフィッシュ、コホシカニダマシ、etc.

アンダマンショートクルーズ 27-29/APR/2014」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ほうぼう屋シミラン店 海ブログ » アンダマンショートクルーズ 29/APR-01/MAY/2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください