作成者別アーカイブ: HOBO-YA_SIMILAN

水平線から登る美しい朝日!

シミラン諸島オープンまで1ヶ月を切りました。

 

水平線から登る美しい朝日!

水平線から登る美しい朝日!

オープン間近のシミラン諸島が待ち遠しい!

ほうぼう屋シミラン店のマサです。
シミラン諸島がオープンする10月15日まで1ヶ月を切り、今シーズンはどんな生き物たちと出会うことができるのか、待ち遠しい気持ちでいっぱいです。先シーズンは、コロナウイルスの影響で3月下旬でシミラン諸島でのダイブクルーズを終了するかたちになりました。透明度が回復し、ジンベイザメやマンタレイがたくさん目撃され始めていただけに、非常に残念な幕切れとなりました。

その反面、観光客が減少したことや非常事態宣言によってビーチが閉鎖されたことにより、プーケットやサムイ島のビーチでは、たくさんのカメの産卵が確認された他、絶滅危惧種のジュゴンの大群が沖合を泳ぐ姿や浅瀬を元気に泳ぎまわるブラックチップシャークの幼魚たちが目撃されたりと海の生き物に関する嬉しいニュースがありました。

約7ヶ月の時を経て入園が可能になるシミラン諸島。
一番乗りで手付かずの海を潜り倒すことができるまたとない機会なので、毎日、パソコンの前に座りながら「シミランの予約が来ないかなぁ〜」と画面を見つめる日が続いていますw。

海の中だけではなく、陸、海上の方もダイバーやシュノーケラーが少なく、大自然を思いっきり体感できると思います。

クルーズ船に乗船して迎える早朝。周りには何もなく、聞こえてくるのは海のさざなみと風の音のみ。そんな中、水平線の彼方から溢れ出てくるオレンジ色の光….と想像するだけでワクワクしちゃいます。

水平線から太陽が上がってくるなんて、普段の生活ではなかなか見ることが出来ません。
ダイビングはもちろんのこと、船の上でも非日常の生活を体験しましょう!

ダイバーになろう!

ダイバーになって、シミラン諸島でダイビングをしよう!

 

ダイバーになろう!

ダイバーになろう!

南国の海、タオ島またはプーケットでダイバーになって、
シミラン諸島の海でダイビングをしよう!

ほうぼう屋シミラン店のマサです。
今年4月よりコロナウイルスの影響で、タイランドでは緊急事態宣言による入国規制が厳しく5ヶ月経過した今も国外からの旅行者の入国ができない日が続いております。

そんな中、ほうぼう屋シミラン店スタッフは夏の期間、本土を挟んだ反対(東)側にあるタオ島の方に出張し、タイ国内のお客様と一緒にダイビングをしてきました。タイの連休には、多くのお客様がタオ島にお越しになり、短い期間でしたが楽しい時間を過ごさせていただきました。

普段、すでにライセンスを取得されたお客様と一緒に、シミラン諸島の海でクルーズ船に乗船してファンダイビングをすることがほとんどですが、タオ島では、体験ダイビングやオープンウォーターダイバーライセンス取得など、初めてダイビングをされるお客様と潜る機会が多く、私自身も初心を思い出し刺激のある日々を過ごさせていただきました。

今回は、タオ島出張中に担当させていただいたライセンス取得コースに関して、少しお話しをさせていただきたいと思います。

ダイビングライセンスには、たくさんのダイビング指導団体が存在しますが、中でも有名なのが「SSI」や「PADI」となります。ダイビングライセンスを取得したいけど、どうしたらいいかわからないという方の中にも「SSI」や「PADI」という名前を耳にしたことがあるかと思います。

指導団体がにより教え方や認定基準は異なりますが、団体が違うからといってライセンス取得後にダイビングができません!ということはなく、ライセンスを取得された方は皆どこの海でもダイビングをすることができます。

ほうぼう屋グループのほうぼう屋タオ島店、プーケット店、サムイ島店は、主に「SSI」団体にてライセンスを取得することが可能です。おすすめのライセンスは以下の通りです(他の団体も名前が異なりますが、基本的な種類はほとんど同じです)。

・SSI スクーバダイバー
ダイビングを始める初級ライセンスの1つ。
最短2日間(学科、プール、海洋ダイブ2本)で取得可能。
取得することで最大震度12mまで潜ることができるようになります。

ほうぼう屋タオ島店で取得
http://www.hobo-ya.com/kohtao/diving/license/sucuba.htm

ほうぼう屋プーケット店で取得
http://www.houbou-ya-phuket.com/diving/course/sd/sd.html

・SSI オープンウォーターダイバー
ダイビングを始める初級ライセンスの1つ。
最短3日間(学科、プール、海洋ダイブ4本)で取得可能。
スクーバダイバーと比べ海洋ダイブが4本になるのと最大深度が18mになります。

ほうぼう屋タオ島店で取得
http://www.hobo-ya.com/kohtao/diving/license/open.htm

ほうぼう屋プーケット店で取得
http://www.houbou-ya-phuket.com/diving/course/ow/ow.html

初心者ライセンスコースの動画

スクーバダイバーライセンスを取得後、追加で講習をすることによりオープンウォーターダイバーにアップグレードすることもできますが、日程が合うようでしたらオープンウォーターダイバーライセンスを取得するのがオススメです。また、オープンウォーターダイバーライセンス取得後、追加2日間で最大水深30mまで潜ることができるワンランク上のライセンス、アドバンスド アドベンチュアラーを取得することができます。世界中の海でダイビングをする際、アドバンスド以上のライセンスを求められることが多いので取得して損はありません。

・SSI アドバンスド アドベンチュアラー
ダイバーとしてのスキルアップと経験を増やすためのステップアップコースです。
必修科目のディープダイビングを行うことで水深30mまで潜ることが可能になる他、中性浮力やナビゲーション、ナイトダイブなど全5本のダイビングを行います。
2日間で取得できる他、学科講習はありませんので、気軽に参加できます。

ほうぼう屋タオ島店で取得
http://www.hobo-ya.com/kohtao/diving/license/advance.htm

ほうぼう屋プーケット店で取得
http://www.houbou-ya-phuket.com/diving/course/adv/adv.html

2020年9月4日-5日の2日間の日程で、タオ島にてアドバンスドコースを担当させていただいた際の動画です。

オープンウォーターダイバーの資格を取得すれば、タイランドで一番美しいシミラン諸島の海でダイビングをすることが可能になります。ただ、シミラン諸島のダイブサイトは、18mよりも深いポイントばかりですので、アドバンスドライセンスまでは取得されることをオススメします。

立派なダイバーになって、シミラン諸島の海で一緒に潜りましょう!

つがいのマンタ@ウェストリッジ(ボン島)

2019-2020年シーズン終了のご挨拶!

2019-2020年シーズン終了のご挨拶!

つがいのマンタ@ウェストリッジ(ボン島)


この度は、ほうぼう屋をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

10月15日より約5ヶ月間開催してきましたシミランクルーズも、3月26日を持ちまして、
2019~20年シーズン全てのクルーズを終了致しました。

今年も多くのお客様にご利用いただき、大きな事故もなく、沢山の笑顔に出会えたことを心より感謝しています。

本当にありがとうございました!

今シーズンは、12月中旬より冷たくやや濁ったサーモクラインが入り込んでおり年末年始の期間は、水温が21度まで下がるという普段では考えられないようなコンディションとなりました。2月以降水温は回復。いつものシミランの海と比べると透明度が落ちていましたが、その分、プランクトンが豊富なおかげでジンベイザメ、マンタレイなどの大物と高確率で遭遇することができ、今シーズンも大物の当たり年となりました。コロナウイルス感染拡大に伴い、3月中旬より入国帰省が厳しくなりましたが、その反面、透明度が回復しボン島、タチャイ島、リチェリューロック以外に、シミラン諸島7番、9番目のダイブサイトでもマンタレイやジンベイザメが目撃されました。シミラン諸島はこれからがベストシーズンだっただけに、ダイブクルーズを催行できずとても残念です。

今回のウイルス騒動が早く終息し、また、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

2019−20年シーズンの海の動画は、下記よりご覧いただけます。

ほうぼう屋シミラン店 Facebookファンページ(動画)
https://www.facebook.com/pg/HoboyaSimilan/videos/?ref=page_internal

来シーズンは、よりいっそう楽しく、快適にシミランの海を楽しんでいただけるよう、スタッフ一同、努力して参りますので、今後ともよろしくお願い致します!

シミラン-リチェリューロックダイブクルーズの次のシーズンは、10月15日からスタート致します!各クルーズのスケジュールも随時更新中ですので、ぜひご参照ください!

ダイブクルーズ一覧
https://hobo-ya-similan.com/divecruise/index.html

それでは、また皆様にお会いできる事を、スタッフ一同、心より楽しみにしております。

ほうぼう屋スタッフ一同

最後に記念撮影@ブンスーンレック(カオラック沖)

マンタクイーン8号 スタンダードクルーズ 21-26.MAR.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック スタンダードクルーズ
クルーズ船  :マンタクイーン8号
開催期間   :2020年3月21日 – 26日
担当スタッフ :マコ
お客様人数  :2名様

セイルロックで記念撮影@ドナルドダックベイ(シミラン諸島No.8)

セイルロックで記念撮影@ドナルドダックベイ(シミラン諸島No.8)

水中サンセット@タートルロック(シミラン諸島No.8)

水中サンセット@タートルロック(シミラン諸島No.8)

ジンベイザメに大接近!@コボン ピナクル(ボン島)

ジンベイザメに大接近!@コボン ピナクル(ボン島)

ギンガメアジの大群とゲスト@タチャイピナクル(タチャイ島)

ギンガメアジの大群とゲスト@タチャイピナクル(タチャイ島)

サンセットダイブ終了!@タチャイピナクル(タチャイ島)

サンセットダイブ終了!@タチャイピナクル(タチャイ島)

フリソデエビのペア@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

フリソデエビのペア@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

今シーズン最後のクルーズ!
ほとんどのポイントが貸切状態、ジンベイザメにも大接近!

2020年3月21日から26日の5泊6日で、マンタクイーン8号のロングクルーズに行ってきました!今回のお客様は、何度もご利用いただいているYさんと、そのお奥様のHさん。Hさんは、6年ぶりのシミランです!
コロナウィスルの影響で、日に日に入国規制が厳しくなる中、旅行者のキャンセルが続出。当初乗船予定だった、サワディーファーサイ号も催行不可となってしまい。直前でマンタクイーン8号に変更しての催行となりました。お客さも、規制が強まる中、1日前にギリギリセーフでバンコクイン。そこから乗り継いでプーケットに到着され、空港からそのまま船に直行し、無事出港となりました。
マンタクイーン8号は、もともと日系の某社が所有していた船で、紆余曲折を経て、2年前からマンタクイーンシリーズに加わりました。僕も初めて乗船したのですが、お部屋はちょっと狭いですが、ほとんどのお部屋にシャワーとトイレを完備。サンデッキにもゴロゴロスペースがあり、このクラスの船としては意外と快適でした。

初日の朝、コロナの影響で船は少なく、何時になく静かなシミラン諸島。1本目はツナミモニュメントでチェックダイブ。透明度は良く、穏やかなコンディション。いつもより結構南で降ろされたので、結構なロングスイムとなりましたが、深場の砂地には、ヤッコエイ。浅瀬の砂地では、ミナミウシノシタやホシテンスの幼魚、タテジマキンチャクダイの幼魚などを見つけました。2本目のダイビングは、7番の島の突端にある、ディープシックス。なかなか強い流れの中、ポイントの東側から潮に逆らうようにして潜行。ロウニンアジの住処になっている浅場の岩のあたりに、大きなロウニンアジが6−7匹流れに逆らって整列していました。後半はソフトコーラルの綺麗なスイムスルーをとおって、浅瀬の岩壁でムカデミノウミウシやイソハゼなどを観察して終わりました。
3本目はエレファントヘッドロック。エントリーポイントの真下の根で、ハナダイギンポやカエルウオなどを撮影していると、沖の方を泳いでいる欧米人チームからコールサイン。近寄ってみると2mくらいのホワイトチップシャークがゆうゆうと泳いでいました!しばらく深場を泳いでいると、再び戻ってきて、かなり近くまで寄ってきてくれました。
夕方は上陸タイム。シミラン諸島8番の島のセイルロックへのビーチトリップの後、タートルロックにサンセットダイブ。特にこれと言って珍しい生き物はいませんでしたが、後半は、浅場の岩が積み重なってできたスイムスルー群を縫うように、光と影のコントラストを楽しみながら泳ぎました。

2日目は、シミラン諸島9番の島、クリスマスポイントからのスタート。エントリー直後、潜行中に中層を泳ぐ大きなカンムリブダイを発見、近寄ることはできませんが、冴え先の良さに、サメなどのオオモノを期待して深場を泳ぎましたが、残念がらハズレ。後半は浅場に移動し、水の流れに侵食された岩の景観を楽しみました。2本目はノースポイント、それほど流れもないので、沖合にある離れ根まで遠征。途中、大きなホワイトチップシャークがすぐ下を通り過ぎていきました。離れね大きなウチワの群生を観察したり、やクマザサハナムロの群れ以下こまれたりしましたが、オオモノはなし。浅場に戻って、ダイビングの後半、ちょっと遠くにマンタ登場!浅瀬の方に泳いでいきました。3本目は、隣のポイント、スリーツリーズ。「さっきのマンタが出てこないかな〜」と期待しながらドリフトで大外を流しました。砂地では、アンダマンジョーフィッシュやヒレナガネジリンボウを観察、岩場に着くソフトコーラルやツボカイメンなどを撮影し、浅場に戻りました。エキジット直前にブラックフィンバラクーダのちょい群れに遭遇、他のチームは、浅場でさっきのマンタを見れたみたいです。泣
4本目はナムチャイベイでナイトダイブ。船からあまり離れず、浅場の根を転々としながら、ツノガニ、オトヒメエビ、タペストリーシュリンプなどの甲殻類や、ミノカサゴ、コクテンフグなどの魚を観察しました!
エキジット直前、船のスポットライトに誘われてきたアオリイカを発見!魅惑的な泳ぎ方にしばし見とれてしまいました。

3日目の朝、船は早朝に移動し、ボン島へ。1本目は、ノースリッジにエントリー。ノースリッジはいつもどおり魚影が濃く、キツネフエフキとカスミアジの混成群や、特大サイズのグレートバラクーダ、インドカイワリの群れなどが見られました。僕のチームは早々にノースリッジを切り上げ、マンタ狙いでウェストリッジまでのロングスイムにチャレンジ。結果は外れでした。泣
2本目はジンベイ出現情報をもとに、コボンピナクルへ。エントリー直後から、北の離れ根へ直行。ちょうど根の影が見えてきたな〜、と思った瞬間、もう一つ大きなシルエットが近づいてきました。ジンベエザメ登場です!泳ぐスピードを落としてゆっくり近づくと、こちらの方に向かってきて、ごく至近距離まで接近することができました。同じ根にはギンガメアジの大群がついていて、ジンベエザメはその群れを突き破るように登場しては消え、また登場しては消え、と、3回ほど回ってきてくれました。Hさんは初ジンベエゲット!大満足の一本でした。3本目は、マンタを狙って、ウェストリッジにエントリー。リッジの南側のウォールからエントリーし、モンハナシャコやキンセンフエダイ、深場に群れるホウセキキントキなどを観察しながら、ゆっくりとリッジの突端へ。中層を泳ぐフュージリアーの群れに囲まれながら、リッジに沿って徐々に浅い深度へ移動。最後は10mの浅場で粘りましたが、残念ながらマンタは現れませんでした。4本目はタチャイ島に移動して、タチャイピナクルでサンセットダイブ。そこそこの流れでしたが、うまく潮上に潜行でき、ロウニンアジやカスミアジを観察。透明度は10mほどと濁っていましたが、沖の方にぼんやりと黒い大きな塊を発見。近づくとギンガメアジの大群でした、比較的サイズの大きな個体が集まっていて、更にゆっくりと近づくと、群れの中に突入することができました!周りは360°ギンガメアジ!迫力のあるシーンでした!

4日目は、1日ずっとリチェリューロックを潜り倒すプラン。他の船はわずか1艘とほぼポイント貸切状態。あいにく透明度は今ひとつ、1本目と4本目は少々流れがきついところもありましたが、深場では、タイガーテールシーホースや、ニシキフウライウオ、中層ではピックハンドルバラクーダや、ギンガメアジの大群。湾内では、コブシメのカップリングやトマトアネモネフィッシュのファミリー、浅場では、毎ダイブ、何千というロウニンアジの大群に囲まれました。しばらく見ていなかった、フリソデエビのペアも見ることができ、大満足の4本でした。

ダイビング最終日の5日目は、コロナの影響でフライトがキャンセルになったお客様も多数出てきてしまい。お客様全員の同意のもと、3本の予定を2本に変更。早めに下船して各自対策を取る時間を確保する、ということなりました。1本目は、クラブリ沖のプラトーンレック。6年前に沈められた古い軍艦です。船体は120mほどと大きく、潮上にはイトヒキアジが群れていました。船内に入ると、ほぼ漆黒の闇。いくつかある出入り口からの光が幻想的でした。ヒックリが返ったせんたいのトップ(船底)には、ギンガメアジ、クマザサハナムロ、キンセンフエダイなど、おびただしい数の小魚が群れていました。最終ダイブ18本目は、カオラック沖のブンスーンレック。いつもどおり魚影が濃く、水底近くを泳いでいると、バラクーダの幼魚やキンセンフエダイの幼魚が頭上を雲のように覆っていました。砂地のハゼやタコ、沈船から顔を出すハニカムモーレイ、黒モドリス系の各種ウミウシなど、たくさんの生物を観察することができました。

今回は、コロナウィルスの影響で、日々、刻々と状況が変化する中での催行となりました。当初予定していた船が催行不可となり、急遽このマンタクイーン8号に変更となったり、大変ご迷惑をおかけしましたが、それにもめげず、ご参加いただきありがとうございました。結果的に、これがシーズン最後のクルーズとなってしまいましたが、ジンベイザメにも大接近することができ、色んな意味で、記憶荷の凍るクルーズとなりました。
ご参加いただいた、Yさん、Hさん、お疲れ様でした!フライトのキャンセルや、権益での隔離などが心配されましたが、無事にご帰国されたようで何よりです!
ぜひまた遊びにいらしてください。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  : ツナミモニュメント(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:7:20
ダイブタイム :63分
最大深度   :28m
透明度    :25m
水温     :28℃
生物     :ヤッコエイヨスジフエダイタテジマキンチャクダイインディアンフレームバスレットキンギョハナダイインディアンダッシラス、ミナミウシノシタ、ホシテンスの幼魚、クロオビマツカサ、 チンアナゴ(ガーデンイール)、 イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ドクウツボブラックパートナーゴビー(ブラックシュリンプゴビー)、etc…

ダイブ2
ポイント名  : ディープシックス(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:10:31
ダイブタイム :50分
最大深度   :29m
透明度    :25m
水温     :29℃
生物     :ロウニンアジ、インディアンバナーフィッシュエヴァンスフェアリーバスレットユカタハタムレハタタテダイムカデミノウミウシスカンクアネモネフィッシュネッタイミノカサゴネズミフグ、  ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、 スカシテンジクダイカスミアジパウダーブルーサージョンフィッシュ、 etc…

ダイブ3
ポイント名  : エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:13:52
ダイブタイム :50分
最大深度   :30m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :ハナダイギンポイヤースポットブレーニーヒトヅラハリセンボンホワイトチップシャーク 、オニカマスカスミアジムスジコショウダイルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラールボックスブレニー、 モンガラカワハギ、ロウニンアジ、etc…

ダイブ4
ポイント名  :タートルロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:17:20
ダイブタイム :49分
最大深度   :21.5m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :ネッタイミノカサゴカスミアジマッコスカーズドワーフラスヤッコエイヤマブキスズメダイキンギョハナダイ、 ドクウツボスカシテンジクダイコクテンフグ、 etc…

ダイブ5
ポイント名  :クリスマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:6:53
ダイブタイム :55分
最大深度   :27.1m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :カンムリブダイ、ワヌケヤッコ、サザナミヤッコ、 カスミアジムスジコショウダイイソマグロ、ロウニンアジ、オニカマスゴマモンガラカスミアジイエローダッシュフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラースカシテンジクダイ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:22
ダイブタイム :47分
最大深度   :28.5m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     : マンタレイホワイトチップシャーク 、コホシカニダマシ、ロウニンアジ、カスミアジイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)オニカマスイエローバックフュージュラーシテンヤッコ、モンガラカワハギ、 ウミウチワクマノミ 、イエローダッシュフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)アオヤガラスカシテンジクダイケショウフグ、etc…

ダイブ7
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:52
ダイブタイム :58分
最大深度   :26.1m
透明度    :25m
水温     :28℃
生物     : ブラックフィンバラクーダアンダマンスウィートリップスアンダマンジョーフィッシュ、ヒレナガネジリンボウ、チンアナゴ(ガーデンイール)、 (オーロラパートナーゴビー、キヘリモンガラ、アデヤッコアカヒメジイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジスカシテンジクダイキツネフエフキエヴァンスフェアリーバスレット、etc…

ダイブ8
ポイント名  :ナムチャイベイ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:19:04
ダイブタイム :44分
最大深度   :15.6m
透明度    :- m
水温     :27℃
生物     : タペストリーシュリンプネッタイミノカサゴソリハシコモンエビヒトヅラハリセンボンオトヒメエビカクレクマノミコクテンフグブダイの仲間、アオリイカ、etc…

ダイブ9
ポイント名  :ノースリッジ(ボン島)
エントリー時間:8:19
ダイブタイム :59分
最大深度   :29.2m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :キツネフエフキイエローバックフュージュラーネッタイミノカサゴブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジコホシカニダマシオニカマス、インドカイワリ、ゴマアイゴコラーレバタフライフィッシュオオアカホシサンゴガニクマノミ 、etc…

ダイブ10
ポイント名  : コボンピナクル(ボン島)
エントリー時間:11:24
ダイブタイム :41分
最大深度   :30m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     : ジンベエザメギンガメアジヤイトハタピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジモンハナシャコ、etc…

ダイブ11
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:14:13
ダイブタイム :64分
最大深度   :27.5m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :モンハナシャコキンセンフエダイ、 タテジマキンチャクダイネッタイミノカサゴクロコショウダイホウセキキントキムレハタタテダイカスミアジイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、ワヌケヤッコ、クロハコフグ、etc…

ダイブ12
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:17:31
ダイブタイム :46分
最大深度   :26.5m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :ギンガメアジ、アカマダラハタ、ツバメウオツムブリイソマグロカスミアジロウニンアジクロコショウダイイソマグロキンセンフエダイハナミノカサゴ、、etc…

ダイブ13
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:8:04
ダイブタイム :47分
最大深度   :29.8m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :タイガーテールシーホースギンガメアジカスミアジロウニンアジ、ウマヅラアジ、ヨコシマサワラ、 サビウツボキツネフエフキピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダジェイアントフュージュラーイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイタイガーエッグコウリートマトアネモネフィッシュニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)ハナミノカサゴヒブサミノウミウシヨウジウオミナミハコフグミツボシクロスズメダイ、クロオビマツカサ、ホソフエダイ、モンハナシャコフリソデエビソリハシコモンエビコブシメ、etc…

ダイブ14
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:10:58
ダイブタイム :63分
最大深度   :28.2m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     : タイガーテールシーホースギンガメアジカスミアジロウニンアジ、ウマヅラアジ、ヨコシマサワラ、 サビウツボキツネフエフキピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダジェイアントフュージュラーイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイタイガーエッグコウリートマトアネモネフィッシュニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)ハナミノカサゴヒブサミノウミウシヨウジウオミナミハコフグミツボシクロスズメダイ、クロオビマツカサ、ホソフエダイ、モンハナシャコフリソデエビソリハシコモンエビコブシメ、etc…

ダイブ15
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:13:53
ダイブタイム :64分
最大深度   :25.6m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :タイガーテールシーホースギンガメアジカスミアジロウニンアジ、ウマヅラアジ、ヨコシマサワラ、 サビウツボキツネフエフキピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダジェイアントフュージュラーイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイタイガーエッグコウリートマトアネモネフィッシュニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)ハナミノカサゴヒブサミノウミウシヨウジウオミナミハコフグミツボシクロスズメダイ、クロオビマツカサ、ホソフエダイ、モンハナシャコフリソデエビソリハシコモンエビコブシメ、etc…

ダイブ16
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:16:58
ダイブタイム :43分
最大深度   :22.6m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :タイガーテールシーホースギンガメアジカスミアジロウニンアジ、ウマヅラアジ、ヨコシマサワラ、 サビウツボキツネフエフキピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダジェイアントフュージュラーイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイタイガーエッグコウリートマトアネモネフィッシュニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)ハナミノカサゴヒブサミノウミウシヨウジウオミナミハコフグミツボシクロスズメダイ、クロオビマツカサ、ホソフエダイ、モンハナシャコフリソデエビソリハシコモンエビコブシメ、etc…

ダイブ17
ポイント名  :プラトーンレック(クラブリ沖)
エントリー時間:06:56
ダイブタイム :46分
最大深度   :27.5m
透明度    :8m
水温     :28℃
生物     : イトヒキアジ、 ハナミノカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ギンガメアジハニーカムモレイキンセンフエダイ、etc…

ダイブ18
ポイント名  :ブンスーンレック(カオラック沖)
エントリー時間:11:16
ダイブタイム :64分
最大深度   :20.0m
透明度    :8m
水温     :28℃
生物     :ゴンズイの大群、ハニーカムモレイサビウツボキリンミノハナミノカサゴウルマカサゴオトヒメエビヘラヤガラマーブルドオクトパスモヨウフグモンジャウミウシキイロウミウシオトヒメウミウシ、フタホシタカノハハゼ、バラクーダの幼魚、 キンセンフエダイ、テルメアジ、コクテンフグコブシメピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)トマトアネモネフィッシュ、ハタタテシノビハゼ、コブシメetc…

透明度回復、シミラン諸島!

アンダマンショートクルーズ 21-24.MAR.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2020年3月21日 – 3月24日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :2名様

透明度回復、シミラン諸島!

透明度回復、シミラン諸島!

美しい夕日!

美しい夕日!

船の上で飲むビールは最高!

船の上で飲むビールは最高!

今回見た生き物たち!群れいっぱい!

今回見た生き物たち!群れいっぱい!

どのダイブサイトも群れ、群れ、群れ!

2020年3月21日-3月24日までの3泊4日の日程で、シミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを巡るアンダマンショートクルーズに行って来ました。

今回は、毎年シミラン諸島ダイブクルーズにご参加頂いているヘビーリピーターのS様とN様。当初3月28日-31日でご予約をいただいておりましたが、コロナウイルス感染拡大に伴い入国規制が厳しくなりはじめたため、日程を変更してご参加いただきました。

今回は、ベストコンディション中のベストコンディション!
つい最近まで透明度がいまいちだったシミラン諸島も、最高の透明度に戻り、一番良い場所では透明度40mは見えていたのではないかというほどの真っ青な海でした。海面も穏やかで気持ちの良いダイビングができました。流れが早くマクロ生物はほどほどに群ればかりを追いかけた4日間でした。

1本目は、シミラン諸島9番目の東側「スリーツリーズ」。船からジャンプすると今シーズン一番ではないかと思うほど透き通った青い海が広がり、ベストコンディションの中でダイビングしました。エントリーして2分、大きなマンタレイが目の前を通過。その後も、2枚のマンタレイが行ったり来たりしてくれたので、1本目から最高のダイビングを楽しむことができました。

2本目は、シミラン諸島9番目の北側「ノースポイント」。1本目の透明度の良さとは裏腹に深場はサーモクラインが入った緑色だったので、浅瀬の透明度の良い場所でのんびりダイビング。沖の方に行ったチームは、ここでもマンタレイと遭遇することができたようです。

3本目は、ボン島「ウエストリッジ」。北側からエントリーするも流れが早くあっという間にリッジの先端に到着。北側は透明度が良かったのですが、リッジを境に透明度が激変、前が見えないほどの視界でした。リッジ付近の浅瀬の透明度の良いエリアでマンタ待ち。すこし遠目でしたが、マンタレイが現れては消え、現れては消え…別個体が3、4回ほど現れてくれました。

4本目は、ボン島でナイトダイブ。毎度の事ながら、ナイトダイブをパスして夜遅くまで、ビール、ワイン、ウイスキーなどを飲みながら、楽しい時間をすごしました。

ナイトダイブ終了後、リチェリューロックを目指して約5時間。翌日は、リチェリューロックのモーリングに係留して、貸し切りダイビングでした。

1本目は、リチェリューロック。緑がかってましたが、透明度はまずまず。15mよりも浅い場所は、サーモクラインの影響で水温が低かったため、浅瀬で群れや大物探し。ギンガメアジやバラクーダの群れを堪能しました。

2本目もリチェリューロック。北側からの強い流れに変わり、流れの当たる場所に隠れながら、大物待ち。大物は出ませんでしたが、ギンガメアジの超大群に囲まれ大満足のダイビングでした。

3本目は、タチャイ島「タチャイピナクル」。流れ無し、透明度抜群の中、フュージュラーの大群やツバメウオと戯れ、久しぶりに流れのないコンディションでのんびり潜ることができました。

ボン島までの移動中、クジラが出現!2、3度頭を水面に出したあと、水中深く潜って行きました。4本目はマンタレイが爆発中のボン島。1枚のマンタレイのシルエットが遠くに見えましたが、流れが早かったためか、マンタレイが急いでいたためかその1回しか見ることができず…。

この日は、日本人のお客様が多く17時ころから深夜まで飲み会。3号のキャプテンやクルーも駆けつけてくれて、盛大な飲み会になりました。

翌日は、シミラン諸島5番目の西側にある「ツナレック」。ゆっくり潜りたいという希望を叶えるため、沈船にはいかず浅瀬のリーフ沿いでまったりダイブ。カスミアジやキツネフエフキの大群が目の前を行ったり来たり。透明度が良いので、遠くにいる群れまでしっかり確認することができました。

2本目は、シミラン諸島7番目の西側「ウエストオブエデン」。数日前にマンタレイが出たとの情報もありテンション高めでエントリー。目の前が見えなくなるほどのイエローバックフュージュラーに出会うも、マンタレイはおらず…(他のチームはチラ見していたようですが)。

3本目は、同じく7番目の「ディープシックス」。ここも透明度抜群でしたが、流れが強すぎて何もできず…。ただただ流れに乗りながら、ムレハタタテダイやフュージュラーの大群を観察しました。

4本目は、エレファントヘッドロック。サンセットダイブちょっと前でしたが、フュージュラーを襲うカスミアジやロウニンアジの捕食シーンを見ることができました。魚の数は、今回のトリップで一番多かったんじゃないでしょうか?アジのアタックに合わせて逃げ惑うフュージュラーたち、目の前をすごい勢いで駆け抜けるシーンは鳥肌ものでした。

この日は、サンセットタイムに合わせてビールを飲むも、前日の飲み会の疲れもありお酒はほどほどに…。電波の入る場所だったので、コロナニュースを見ながら今後の予定をどうするかミーティングをしながらその日は終了しました。

最終日は、シミラン諸島9番目巡り「クリスマスポイント」、「スリーツリーズ」、「ノースポイント」。マンタレイが沖の方にいたようですが、自分のチームは見たいオーラが強かったのか現れてくれず…。その代わり、最終ダイブの後、水面にマンタレイが遊びに来てくれました.。

今回は、コロナウイルスの件もありましたが、こんな時でも遊びに来てくれるリピーターのお客様に大感謝です!前回のようにジンベイザメにはお目にかかれませんでしたが、マンタレイを始め、どのポイントも魚影が濃くやっといつものシミランの海に潜ることができました!

下船後、フライトが飛ばない、レストランなどが閉鎖しており大変でしたが、トラブルも無事解決し、通常どおり帰国できそうですね。日本への帰り道も、マスクや手洗いなどコロナ対策をしっかりしてくださいね。

どうもありがとうございました!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:13
ダイブタイム :41分
最大深度   :20m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :マンタレイオーロラパートナーゴビーカスミアジイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジモンガラカワハギチンアナゴ(ガーデンイール)、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:15
ダイブタイム :48分
最大深度   :22m
透明度    :10-20m
水温     :29℃
生物     :エヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュスカンクアネモネフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュモンハナシャコクロコショウダイシマウミヘビ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:46
ダイブタイム :49分
最大深度   :16m
透明度    :5-20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイイソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)モルディブスポンジスネイル、etc..

ダイブ4
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:-
ダイブタイム :-
最大深度   :-
透明度    :-
水温     :-
生物     :-

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:06:53
ダイブタイム :48分
最大深度   :17m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :ギンガメアジ、 キツネフエフキロウニンアジピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:28
ダイブタイム :49分
最大深度   :20m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :ギンガメアジ、 キツネフエフキロウニンアジピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:12:47
ダイブタイム :41分
最大深度   :17m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:11
ダイブタイム :44分
最大深度   :16m
透明度    :10 – 20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイオニカマスツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、クラゲ、etc..

ダイブ9
ポイント名  : ツナレック(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:6:56
ダイブタイム :51分
最大深度   :20m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :カスミアジ、 コクテンフグルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 キンセンフエダイキツネフエフキ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:9:59
ダイブタイム :43分
最大深度   :18m
透明度    :20 – 25m
水温     :28℃
生物     :アカヒメジ、 インディアンフレームバスレットインディアンドラゴン、 インディアンダッシラスイエローバックフュージュラーノコギリダイケショウフグブラックピラミッドバタフライフィッシュタイマイ、クラゲ、etc.

ダイブ12
ポイント名  :ディープシックス (シミラン諸島No.7)
エントリー時間:12:54
ダイブタイム :47分
最大深度   :19m
透明度    :35m
水温     :28℃
生物     :ウミウチワスカシテンジクダイパウダーブルーサージョンフィッシュカスミアジ、 スカンクアネモネフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーブラックピラミッドバタフライフィッシュキンギョハナダイエヴァンスフェアリーバスレットコラーレバタフライフィッシュムレハタタテダイアカヒメジetc…

ダイブ13
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:15:28
ダイブタイム :45分
最大深度   :16m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :オニカマスイソマグロ、 ロウニンアジカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ13
ポイント名  : クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:6:57
ダイブタイム :41分
最大深度   :18m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     : シテンヤッコカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーヨスジフエダイ、 etc..

ダイブ14
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:38
ダイブタイム :41分
最大深度   :17m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :カスミアジムスジコショウダイイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジカクレクマノミモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュホワイトチップシャーク 、 etc.

ダイブ15
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:02
ダイブタイム :37分
最大深度   :22m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     :エヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュアデヤッコナポレオンフィッシュ 、 etc.