カテゴリー別アーカイブ: ダイブクルーズ レポート

ほうぼう屋シミラン店のスタッフがお送りする、ダイブクルーズのレポート

マンタクイーン7号 スタンダードクルーズ 27.JAN.2022-31.JAN.2023

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック スタンダード クルーズ
クルーズ船  :マンタクイーン7号
開催期間   :2023年1月27日 – 1月31日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :9名様

みんなで記念撮影!

みんなで記念撮影!

絶景をバックに1枚!

絶景をバックに1枚!

目の前から魚の大群現る@リチェリューロック!

目の前から魚の大群現る@リチェリューロック!

バラクーダの大群@タチャイ島!

バラクーダの大群@タチャイ島!

魚影濃すぎ@タチャイピナクル!

魚影濃すぎ@タチャイピナクル!

インド洋の固有種:コラーレバタフライフィッシュ!

インド洋の固有種:コラーレバタフライフィッシュ!

ヨスジフエダイ!

ヨスジフエダイ!

人懐っこいネズミフグ!

人懐っこいネズミフグ!

海況不安定でも、最高に楽しかった4日間!!

2023年1月1月27日 – 1月31日のまでマンタクイーン7号に乗船して、シミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを潜り倒してきました。

今回のお客様は、石垣島にあるダイブショップ「マリンショップ Taitai様」御一行様。朝から晩まで笑いが絶えないとても楽しいダイブクルーズでした!

出港日の夜は、雨が降っていましたが港を出港すると雨も収まり、穏やかな海況の中でのんびりとシミラン諸島を目指しました。今回のトリップの期間、天気予報を事前に確認したところ、29日、30日の2日間は風が強く波が立つ予報でした。

キャプテンやツアーリーダーと相談しながら1日1日慎重にダイブサイトを選択した事もあり、最終日の最後の1本は残念ながら潜る事ができませんでしたが、無事、リチェリューロックで潜る事ができました(一安心)!

1日目は、

ウエストオブエデン
ディープシックス
エレファントヘッドロック
タートルロック

ウエストオブエデンでは、エントリーと同時に白い冷水の塊(サーモクライン)が深場からやってきて、透明度の良かった水中が、真っ白に早変わり。浅瀬に逃げる事でサーモクラインを回避し、浅瀬でフュージリアを四方から囲っているカスミアジたちの攻防を観察しました。フュージリアたちが逃げ切れず大きな玉になっていました。

ディープシックスも同じくサーモクラインの冷たい海流が入っていましたが、透明度は良好。スイムスルーを行ったり来たりした後は、ロウニンアジやカスミアジたちが活発に動いている様子を観察。最後は、浅瀬でマクロ探し。今回引率でお越しになられたNさん、肉眼でも確認が難しいウミウシをいとも簡単に発見して、目の良さに驚かされました。

エラファントヘッドロックは、大きなうねりが入っていた事もあり、うねりを遮りながらハナダイギンポやインディアンフレームバスレット、アンダマンダムゼルなどのマクロ生物を堪能しました。エキジット前には、たくさんのフュージリアに囲まれご満悦。

シミラン諸島8番目の島への上陸。

ひさしぶりに、誰もいない静かなビーチやセイルロックからの絶景を楽しみました。
大きなヤドカリやウミトカゲなども近くで見る事ができました。

4本目は、ナイトダイビングの予定でしたが、キャプテンとツアーリーダーと交渉の上、サンセットダイブに変更。

特に珍しいものはいませんでしたが、ちょうど西側からの夕日が入り込みとても綺麗な景観でした。サンセットダイブから上がると、風が強く白波が立ち始めました。島の影にいても風が入り込むほど風が強かったです。

夜は、みんなでお酒を飲みながら、楽しい時間を過ごしました。

2日目は、

クリスマスポイント
スリーツリーズ
ウエストリッジ
コボンベイ

クリスマスポイントでは、エントリー時に波が高く大変でしたが、海の中は至って穏やか。ムスジコショウダイの群れを見た後、深場のスイムスルーを目指しましたが、いつも以上に真っ白で冷たい強いサーモクラインが入ってきてしまったため、すぐに浅瀬へ退避。ホワイトチップシャークやフュージリアの大群に出会う事ができました。

スリーツリーズも同様、波風が高く、エントリー/エキジットが大変でした。砂地では、インド洋の固有種オーロラパートナーゴビーやスカシテンジクダイの大群と戯れて終了となりました。流れが入っていたので、バラクーダの群れを探しましたが残念ながら現れず…。

2本目を終えると、波がやや収まり、予定通り北上しボン島で2本潜りました。ウエストリッジも強い流れが入っていましたが、流れが当たるすぐ横に隠れてフュージュラーやアジなどの群れを確認。途中、大きなイソマグロの群れが現れ、大興奮でした!

この日最後は、コボンベイ。ベイの外は、風が強く白波が立っているのが一目瞭然。初日に見たインド洋の魚たちなどを撮影、観察したりと、思い思いの時間をすごしていました。ヘルプのダイブガイドのDANくんが、大きなカメラを持って入ってきてくれ、お客様の写真をたくさん撮ってもらいました!

この日の夜も、昨日と同じくお酒を飲みながら、しかも、他の国のお客様も交えて、楽しい時間を過ごしました。

3日目は、

ノースリッジ
タチャイピナクル
タチャイピナクル
タチャイベイ

ノースリッジでは、離れ根まで足を運び、フュージュラーの大群やアジたちの捕食シーンを見る事ができました。キンセンフエダイやホウセキキントキなどの群れや、エキジット前にはタコも現れ楽しい早朝ダイブを楽しみました。

2本目は、タチャイ島。波があり、流れも強いという悪コンディションでしたが、エントリーしたら真っ青な海が広がっていてびっくり!シミラン、ボン島とは大違いの透明度の良さでした!

エントリーが早い事もあり、流れの上からスタート。すぐに中層にシェブロンバラクーダの”大”大群がお出まし。みんなテンションアップで、泳ぐ泳ぐ!きっと綺麗な写真が撮れたと思います(エア50切ってました…)

3本目も同じくタチャイピナクル。見たものは、2本目とほとんど変わりませんでしたが、エキジットした後の波の高さにびっくり!14時30分頃から高波になるとキャプテンに言われ、見事に的中!エキジットが大変でしたが、皆事故もなく無事にエキジットする事ができ一安心。

4本目は、波風が強すぎて東側では潜る事が出来ず…。西側の湾内でのんびり潜りました。Sさん、このダイブで100本を迎えました!おめでとうございます!!

最終日は、

リチェリューロック
リチェリューロック

帰港日という事もあり、スケジュールがタイトで、エントリー6時30分(サンライズダイブ)。波があり、流れてる事もあり自分たちのグループは、普段1グループ目で潜っていましたが、この日は2番目に降格。

日がしっかり出てくるまで待ってからダイビングを行いました(外人さんチームの支度がゆっくりだったので、明るい海を楽しむ事が出来ました)。 潮の上で降り約20分タイガーテールホース探し。もう見つけられない!と諦めかけたところに視界に黄色いものが入り込み、なんとか見つける事が出来ました(ニシキフウライイウオは、すでにお引越ししてました)。

潮の上では、ロウニンアジ、ツムブリ、キツネフエフキの大群が目の前を行ったり来たり!自分の周りは魚、魚、魚で水族館の中にいるようでした!

2本目も同じくリチェリューロック。他のブループがタイガールシーホースを見ていないとのこと、再度、マクロ探しスタート。お目当のタイガーテールシーホースの他に、ミナミハコフグ、モンハナシャコ、トマトアネモネフィッシュ、フリソデエビ、トラフケボリタカラガイなど、探せば探すだけ面白い生き物を見つける事ができました。Hさん、このダイブで200本記念でした!おめでとうございます!!

これにて14ダイブ全て終了です!
今回も安全に楽しくダイビングができました。

今回は、海のコンディションの関係で、最終日にリチェリューロックに潜るかたちとなり最後の1本を潜る事が出来ませんでしたが、2本ともリチェリューロック貸切で、透明度が高く魚影の濃い海を思いっきり満喫する事ができました!

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

また、次回もシミランの海でご一緒できるのを楽しみにしています!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:8:00
ダイブタイム :54分
最大深度   :24m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :ウミウチワイエローバックフュージュラーキンギョハナダイコクテンフグスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジアカヒメジブラックピラミッドバタフライフィッシュネズミフグマーブルドオクトパスエヴァンスフェアリーバスレット、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ディープシックス(シミラン諸島No.7)
エントリー時間:11:26
ダイブタイム :54分
最大深度   :22.3m
透明度    :15-20m
水温     :28℃
生物     :ウミウチワイエローバックフュージュラーキンギョハナダイコクテンフグスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジカクレクマノミロウニンアジ、 ムカデミノウミウシスカンクアネモネフィッシュコラーレバタフライフィッシュインディアンバナーフィッシュタイマイetc.

ダイブ3
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:14:37
ダイブタイム :50分
最大深度   :23.9m
透明度    :20-25m
水温     :28℃
生物     :アンダマンスウィートリップススカシテンジクダイヤマブキスズメダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーエローダッシュフュージュラーカスミアジロウニンアジアカヒメジスカンクアネモネフィッシュ、 ゴマモンガラムスジコショウダイハナダイギンポキンギョハナダイ、 インディアンフレームバスレットアンダマンダムゼル、etc…

ダイブ4
ポイント名  :タートルロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:17:27
ダイブタイム :46分
最大深度   :20.5m
透明度    :20-25m
水温     :28℃
生物     :アカヒメジアカマツカサアンダマンダムゼルアオヤガラアンダマンスウィートリップスアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、  ムスジコショウダイカクレクマノミキツネフエフキキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コクテンフグコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイタテジマキンチャクダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュ、etc.

ダイブ5
ポイント名  :クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:7:11
ダイブタイム :54分
最大深度   :21.7m
透明度    :25m
水温     :28℃
生物     :ホワイトチップシャーク 、イエローバンドフュージュラー、 イエローダッシュフュージュラーモヨウフグ、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキツネフエフキキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラドクウツボ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュスカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュシテンヤッコ、 ムスジコショウダイユカタハタカスミアジロウニンアジ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:38
ダイブタイム :52分
最大深度   :19.5m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :オーロラパートナーゴビーアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガライソマグロ、etc.

ダイブ7
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:14:08
ダイブタイム :54分
最大深度   :24.3m
透明度    :25-30m
水温     :29℃
生物     : アカモンガライソマグロムスジコショウダイカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)クロコショウダイゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュスカシテンジクダイツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュスカシテンジクダイホンソメワケベラ、 キツネフエフキモルディブスポンジスネイル、etc.

ダイブ8
ポイント名  :コボンベイ(ボン島)
エントリー時間:16:58
ダイブタイム :43分
最大深度   :17.5m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     : アカモンガラコクテンフグムスジコショウダイカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュスカシテンジクダイツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュスカシテンジクダイホンソメワケベラ、 キツネフエフキ、etc.

ダイブ9
ポイント名  :ノースリッジ(ボン島)
エントリー時間:7:05
ダイブタイム :54分
最大深度   :22.4m
透明度    :25m
水温     :29℃
生物     : マーブルドオクトパスアカモンガライソマグロムスジコショウダイカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)クロコショウダイゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュスカシテンジクダイツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュスカシテンジクダイホンソメワケベラ、 キツネフエフキ、etc.

ダイブ10
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:10:26
ダイブタイム :42分
最大深度   :21.4m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     :イケカツオイエローバックフュージュラー、 イエローダッシュフュージュラー、 イロブダイカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュスカシテンジクダイツムブリツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブラックフィンバラクーダホウセキキントキホンソメワケベラ、 ユカタハタロウニンアジスカシテンジクダイ、etc..

ダイブ11
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:43
ダイブタイム :50分
最大深度   :22.7m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :イケカツオイエローバックフュージュラー、 イエローダッシュフュージュラー、 イロブダイカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュスカシテンジクダイツムブリツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブラックフィンバラクーダホウセキキントキホンソメワケベラ、 ユカタハタロウニンアジスカシテンジクダイ、etc..

ダイブ12
ポイント名  :タチャイベイ(タチャイ島)
エントリー時間:16:46
ダイブタイム :50分
最大深度   :12.9m
透明度    :20-25m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイイケカツオイエローバックフュージュラー、 イエローダッシュフュージュラー、 イロブダイカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュスカシテンジクダイツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ユカタハタロウニンアジ、サバヒー、タコクラゲ、 etc..

ダイブ13
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:6:48
ダイブタイム :50分
最大深度   :24.5m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :タイガーテールシーホース、 ロウニンアジアオヤガライエローバンドフュージュラー、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキツネフエフキキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュキツネフエフキジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラースカシテンジクダイツバメウオ、 トマトアネモネフィッシュ、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ミナミハコフグムスジコショウダイユカタハタモンハナシャコ、etc.

ダイブ14
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:9:29
ダイブタイム :52分
最大深度   :22.2m
透明度    :20-25m
水温     :29℃
生物     :タイガーテールシーホース、 タイガーエッグコウリーロウニンアジアオヤガライエローバンドフュージュラー、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキツネフエフキキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュキツネフエフキジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラースカシテンジクダイツバメウオ、 トマトアネモネフィッシュ、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ミナミハコフグムスジコショウダイユカタハタモンハナシャコ、etc.

アンダマンショートクルーズ 24.JAN.2022-26.JAN.2023

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2023年1月24日 – 2023年1月26日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :3名様

今回ご一緒させていただいたお客様!

今回ご一緒させていただいたお客様!

スカテン大爆発中!

スカテン大爆発中!

ギンガメアジの群れ、すごかった!

ギンガメアジの群れ、すごかった!

リチェリューロックで朝のブリーフィング!

リチェリューロックで朝のブリーフィング!

モヨウフグ、被った!

モヨウフグ、被った!

サザナミヤッコ!

サザナミヤッコ!

エレアファントヘッドロックの岩穴で撮影!

エレアファントヘッドロックの岩穴で撮影!

真っ青なシミラン諸島!

真っ青なシミラン諸島!

今が旬!
スカシテンジクダイ大爆発中!

2023年1月24日-26日の2泊3日の日程で、シミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックをめぐるアンダマンショートクルーズに行ってきました。姉妹船3号に乗船されていたお客様に別れを告げ、4号に乗り移りお客様と一緒にダイビングを楽しんできました。

今回は、コロナ前にシミランクルーズでご一緒させていただいたT様、プーケット近郊の日帰りダイビングツアーにご参加いただいたM様、M様の合計3名様。

海のコンディションは、前のトリップ同様、良好でした。透明度は良いのですが、サーモクラインの影響で所々緑がかった感じで、水もやや冷たく感じました(28度ほど)。
日中は晴天に恵まれ、波も穏やかで気持ちが良かったです(2日目の夜は大雨でした)。

今回は、2本目からご一緒させて頂くかたちとなり、シミラン諸島9番目の西側「クリスマスポイント」で潜りました。大潮周りということもあり、ここも流れが強かったのですが、岩の陰で流れを遮りながらのんびりダイビングをしました。大きなナポレオンフィッシュやムスジコショウダイの群れが見れた他、まだまだ小柄でしたがイソマグロの群れが僕たちの周りをぐるぐる回ってくれました。

3本目は、北上しボン島へ。
エントリーするとやや冷たい緑がかったサーモクラインが入り込み、大物が出そうな気配プンプン!ウエストリッジの先端では、たくさんのフュージリア行ったり来たり。時間ギリギリまで待ってみましたが、残念ながら大きな生き物には出会うことができませんでした。

4本目は、さらに北上しタチャイ島へ。
タチャイリーフでナイトダイビングを行いました。
浅瀬には、大きなピックハンドルバラクーダやドクウツボがハンティングのため、小魚たちを探し回っていました。その他、夜中見られるブダイ、クマノミ、コクテンフグなどの寝姿や、コラーレバタフライフィッシュなどの夜間色を観察しました。

ナイトダイビング終了時、一時風が強くなりましたがすぐに収まり、リチェリューロックを目指すことになりました。夜は、お客様がお持ちになったウイスキーやワインなどをご馳走になり、サルーンを占領して映画を見ながら自宅飲み気分で、夜遅くまで楽しく過ごしました。

翌日の朝は、リチェリューロック。
目がさめると大海原に、水面に顔を出した岩礁が見え隠れしてました。

今回は、リチェリューロックで3本。
1本目は、潮止まりからの上げ潮、2本目は上げ潮(流れ強い)、3本目は潮止まりから下げ潮。
1本目は、流れがほとんどなかったのですが、フュージリアやバラクーダ、アジなどが皆同じ場所に留まっていて、視界全部に何種類の魚がいるんだろう?と思えるほど魚影の濃いダイビングでした。タイガーテールシーホースやニシキフウライイウオなどのマクロ生物も健在でした。

2本目は、やや強めの流れが入っていたので、リチェリューロックの両サイドの流れが当たる場所で待機して魚の群れを観察しました。東側には、たくさんのフュージリアとちょっと小柄なロウニンアジたちが、ダイバーの吐いた泡に反応して活発に動き回っていました。場所を移動して西側へいくと、バラクーダの群れが中層に現れその先には、壁になるほどのギンガメアジの大群がお出ましになりました!桁違いの大きさのロウニンアジも数匹、ちょっと怖かったです。

3本目は、潮止まりということもあり、魚たちもややばらついていましたが、魚が集まると予想した場所で45分動くことなくじっとしてました。目の前には、キビナゴのカーテンが覆い遠くの群れが見づらいときもありましたが、バラクーダやロウニンアジ、ギンガメアジなどの群れが自分たちの周りを行ったり来たりして360度魚に囲まれた至福の時間を楽しみました。

4本目は、リチェリューロックを後にしてタチャイ島へ。
下げ潮の強い流れが入っていました。自分のグループは皆さん上手な方だったので問題なく潜行し、水中世界を楽しみましたが、幾つかのグループは、潜行が遅れダイブサイトにたどり着けたかったり、中層を必死で泳いでいるダイバーたちもいて、エキジット後、心なしか皆お疲れのようでした。

2日目は、ダイビングの疲れや眠気もあり、初日よりも早めに就寝し最終日に備えました。

最終日の1本目は、シミラン諸島の中で1番の地形ダイブサイト「エレファントヘッドロック」。
岩と岩の隙間を通り抜けたり、スイムスルーをくぐったり、岩場に空いた穴で記念撮影したりと地形を満喫。前回、見ることができなかったハナヒゲウツボの青バージョンもしっかり見ることができました。

1本目終了から2本目の間は、シミラン諸島8番目の島で給水タイム。
約2時間の間、海の音を聞きながらそれぞれのんびり過ごされてました。

2本目は、癒し系ダイブサイト「スリーツリーズ」。
砂地で、ガーデンイールやヤッコエイなどと戯れ、浅瀬では、アカヒメジの群れやスカテンなどに癒されました。透明度がすごい良かったです!

今回のトリップのラストは、シミラン諸島8番目の東「ビーコンリーフ」。
やや流れが入っていましたが、スカシテンジクダイやスズメダイ、フュージリアなどの大群を見ながら最後の1本を堪能しました。

今回は、皆さんのダイビングスキルが上手で、どのポイントもスムーズにダイビングをすることができました!船内のサルーンを自宅のように占領し、映画をみたりお酒を飲んだり、とても楽しい3日間でした。

どうもありがとうございました。

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:-
ダイブタイム :-
最大深度   :-
透明度    :-
水温     :-
生物     :-

ダイブ2
ポイント名  :クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:21
ダイブタイム :46分
最大深度   :23.3m
透明度    :25m
水温     :28℃
生物     :ナポレオンフィッシュ 、イエローバンドフュージュラー、 イエローダッシュフュージュラーモヨウフグ、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキツネフエフキキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラドクウツボ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュスカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュシテンヤッコムスジコショウダイユカタハタカスミアジロウニンアジ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:23
ダイブタイム :47分
最大深度   :19.7m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :ハナミノカサゴ、 ホウセキキントキアカヒメジイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)スカンクアネモネフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 モヨウフグ、 アオヤガラヘラヤガラスカシテンジクダイコラーレバタフライフィッシュ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、etc…

ダイブ4
ポイント名  : タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:19:23
ダイブタイム :31分
最大深度   :9.2m
透明度    :ーm
水温     :28℃
生物     :オオアカヒヅメガニ、 ネッタイミノカサゴ、 スカシテンジクダイ、 ハナミノカサゴ、 オトヒメエビ、 ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ヒトヅラハリセンボンコクテンフグイロブダイ、etc..

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:7:03
ダイブタイム :50分
最大深度   :22.1m
透明度    :15-20m
水温     :27℃
生物     :タイガーテールシーホースツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジユカタハタイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴモンハナシャコ、ホソフエダイ、ミナミハコフグウルマカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ギンガメアジ、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイキンセンフエダイスザクサラサエビハナミノカサゴブラックフィンバラクーダツバメウオニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)etc…

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:9:35
ダイブタイム :48分
最大深度   :18.9m
透明度    :10-15m
水温     :28℃
生物     :トマトアネモネフィッシュキツネフエフキツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジギンガメアジユカタハタイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴモンハナシャコ、ホソフエダイ、ミナミハコフグウルマカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ギンガメアジ、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイキンセンフエダイハナミノカサゴブラックフィンバラクーダツバメウオetc…

ダイブ7
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:12:01
ダイブタイム :51分
最大深度   :17.5m
透明度    :10-15m
水温     :28℃
生物     :キツネフエフキツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジギンガメアジイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ギンガメアジ、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ブラックフィンバラクーダツバメウオ、キビナゴ、etc…

ダイブ8
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:15:34
ダイブタイム :45分
最大深度   :21.8m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :サザナミヤッコ、アデヤッコイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジツバメウオロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイインディアンバガボンドバタフライフィッシュ、etc…

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:6:56
ダイブタイム :50分
最大深度   :24.2m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :アンダマンスウィートリップススカシテンジクダイヤマブキスズメダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーエローダッシュフュージュラーカスミアジロウニンアジアカヒメジスカンクアネモネフィッシュ、 ゴマモンガラムスジコショウダイハナダイギンポキンギョハナダイ、 ハナヒゲウツボ、etc…

ダイブ10
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:19
ダイブタイム :50分
最大深度   :22.6m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     :アカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガライソマグロヤッコエイ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:13:01
ダイブタイム :43分
最大深度   :22m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     : キツネフエフキ、 スカシテンジクダイカクレクマノミカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュ ハナミノカサゴドクウツボ etc..

アンダマンショートクルーズ 22.JAN.2022-24.JAN.2023

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2023年1月22日 – 2023年1月24日
日担当スタッフ:マサ + ゆうすけ
お客様人数  :7名様

今回、ご一緒させていただいたお客様!

今回、ご一緒させていただいたお客様!

エントリー前に1枚!

エントリー前に1枚!

ギンガメアジの大群@理リチェリューロック

ギンガメアジの大群@理リチェリューロック

スケルトンゴーストパイプフィッシ@リチェリューロックュ

スケルトンゴーストパイプフィッシ@リチェリューロックュ

大きなナポレオンフィッシュ@タチャイピナクル

大きなナポレオンフィッシュ@タチャイピナクル

カスミアジ@タチャイピナクル

カスミアジ@タチャイピナクル

アカヒメジ@スリーツリーズ

アカヒメジ@スリーツリーズ

全く逃げなかったモヨウフグ

全く逃げなかったモヨウフグ

美しいシミラン諸島!

美しいシミラン諸島!

旧正月!
愉快で楽しい3日間!!

2023年1月22日-24日に2泊3日の日程でシミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックをめぐるアンダマンショートクルーズに行ってきました。旧正月ということもあり、シンガポール、香港、ベトナムからご参加いただいた全7名のお客様と一緒に楽しい時間を過ごしてきました。

海のコンディションが良く、どのダイブサイトも波が穏やかで透明度が良かったです(一部のダイブサイトは、サーモクラインや激流でした…)。ハイシーズンということもあり、3日間雨も降らず日中は、強い日差しが照りつけていました。

1本目は、ボン島「ノースリッジ」でチェックダイブを兼ねてエントリー。
皆さんスキルが上手で全く問題ありませんでした。見た魚はホウセキキントキやアカヒメジの群れ、大きなモヨウフグなど…。

2本目は、ボン島で一番有名なダイブサイト「ウエストリッジ」。
南側の湾内からウエストリッジを目指しました。大きな生き物には出会えませんでしたが、インド洋の固有種のコラーレバタフライフィッシュ、パウダーブルーサージョンフィッシュ、スカンクアネモネフィッシュなどを観察しました。また、ボン島でよく見ることができるスポンジスネイルが、今回は良く視界に入ってきました(5匹)。

3本目は、ボン島を後にしてタチャイ島へ。
大潮周期ということもあり、流れ警戒してエントリーしましたが、思っていたほど強くなく拍子抜け。でも潮の上には、たくさんのフュージリアーとそれらを追う大きなロウニンアジやカスミアジ。一定の周期で中層にいたフュージリアーたちが、アジたちに追われまとまって目の前までやってきてはまたどこかへ行き…を繰り返し。フリソデエビやワモンダコにも出会うことができました。ゴシキエビは、見当たらず…。

4本目は、ナイトダイブ。
普段夜に潜ることはほとんどなく、ダイブクルーズならではの醍醐味。
30分の限られた時間の中でも、捕食に向かうドクウツボ、ブダイやコクテンフグの寝姿、カサゴなどが目につきました。浅瀬には、ブラックチプリーフシャークやバラクーダなどの肉食系の魚も姿を現してくれました。

夜は、お酒を飲みながらログをつけたり、楽しく1日が終了しました。
朝方、船を走らせリチェリューロックへ。

1、2本目はリチェリューロック。
自分たちが乗っている船の他は、一艘のみ。
海の中は混雑してなくて気持ち良くダイビングができました。
スカシテンジクダイが大量爆発中で、前が見えなくて大変でしたw。
中層には、バラクーダやツバメウオ、ロウニンアジなどが行ったり来たり。潮のあたる場所まで泳いでみると水深10mくらいから20mくらいまで壁になるようにギンガメアジの大群を見ることができました。

3本目は、タチャイ島「タチャイピナクル」。
下げ潮の強い流れが入っており、ダイブサイトからすこし離れた潮の上からエントリーしましたが、結果、たどり着いたのは潮の下。岩の隙間を通りながら、ゆっくりゆっくり前進。途中、大きなナポレオンフィッシュが登場。ナポレオンも流れに疲れ岩の裏の穏やかなところでひと休憩してました。そのおかげでじっくり見ることができました。潮の上では、大きなロウニンアジやカスミアジの群れが流れに乗りながら行ったり来たりしてました。

4本目は、ボン島「ウエストリッジ」。最近、マンタレイの目撃情報が入っている+水中の状況を見るに近くにいる雰囲気がしましたが、今回は残念ながら出会うことができず。でも、流れがほとんどなくのんびりとサンセットダイブを楽しむことができました。

あっという間にクルーズ最終日の夜。
この日もお酒を飲みながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

翌日はシミラン諸島7、8番目の間のダイナミックな地形ダイブサイト「エレファントヘッドロック」でダイビング。ここも強い流れが入っていましたが、流れを遮りながら大きな岩の地形を堪能しました。ハナヒゲウツボも健在、中層には数え切れないほどのフュージリアがロウニンアジに追われていましいた。

2本目は、シミラン諸島9番目の東「スリーツリーズ」。白い砂地にサンゴが点在する癒し系ダイブサイト。砂地でガーデンイールやヤッコエイ、ハゼなどを観察しながらゆっくり進んでいくと、中層にバラクーダの大群が優雅に泳いで行きました。

この日は、姉妹船の4号に新しいお客様が到着することもあり、自分は4号へ移動。
皆さんは、ノースポイントで最後のダイビングをされ、最後のダイビングをお楽しみいただけたようです。

2名のお客様は、25日までと1泊多めでの滞在。
シミラン諸島にあるダイブサイトをお楽しいいただけると思います。

今回は、旧正月ということもありたくさんのお客様で賑わうのかな?と思っていましたが、船上はちょうど良い人数で大きな問題もなく、楽しく過ごすことができました。ご参加いただいたお客様も皆様気さくなお客様ばかりでしたので、終始、笑いの耐えないダイブクルーズとなりました。

どうもありがとうございました。

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ノースリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:52
ダイブタイム :47分
最大深度   :24m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :ホウセキキントキアカヒメジイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)スカンクアネモネフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 モヨウフグ、 アオヤガラヘラヤガラスカシテンジクダイコラーレバタフライフィッシュ、etc…

ダイブ2
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:18
ダイブタイム :52分
最大深度   :19.8m
透明度    :30-35m
水温     :29℃
生物     :ホウセキキントキアカヒメジイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)スカンクアネモネフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 モヨウフグ、 アオヤガラヘラヤガラスカシテンジクダイコラーレバタフライフィッシュ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、etc…

ダイブ3
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:40
ダイブタイム :48分
最大深度   :19m
透明度    :25m
水温     :29℃
生物     :ナポレオンフィッシュ 、アデヤッコイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジツバメウオロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイインディアンバガボンドバタフライフィッシュ、etc..

ダイブ4
ポイント名  : タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:18:50
ダイブタイム :32分
最大深度   :14m
透明度    :ーm
水温     :28℃
生物     : ブラックチップシャークネッタイミノカサゴ、 スカシテンジクダイ、 ハナミノカサゴ、 オトヒメエビ、 ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ヒトヅラハリセンボンコクテンフグイロブダイ、etc..

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:7:07
ダイブタイム :50分
最大深度   :25m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :ツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジユカタハタイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴモンハナシャコ、ホソフエダイ、ミナミハコフグウルマカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ギンガメアジ、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイキンセンフエダイスザクサラサエビハナミノカサゴブラックフィンバラクーダツバメウオニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)etc…

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:9:43
ダイブタイム :50分
最大深度   :26.7m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :トマトアネモネフィッシュキツネフエフキツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジギンガメアジユカタハタイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴモンハナシャコ、ホソフエダイ、ミナミハコフグウルマカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ギンガメアジ、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイキンセンフエダイハナミノカサゴブラックフィンバラクーダツバメウオetc…

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:48
ダイブタイム :43分
最大深度   :24.7m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :アデヤッコイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジツバメウオロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイインディアンバガボンドバタフライフィッシュ、etc…

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:44
ダイブタイム :53分
最大深度   :17.1m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :モルディブスポンジスネイルイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)スカンクアネモネフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 モヨウフグ、 アオヤガラヘラヤガラスカシテンジクダイコラーレバタフライフィッシュ、etc…

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:7:00
ダイブタイム :51分
最大深度   :23.5m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :アンダマンスウィートリップススカシテンジクダイヤマブキスズメダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーエローダッシュフュージュラーカスミアジロウニンアジアカヒメジスカンクアネモネフィッシュ、 ゴマモンガラムスジコショウダイハナダイギンポキンギョハナダイ、 ハナヒゲウツボ、etc…

ダイブ10
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:47
ダイブタイム :46分
最大深度   :23.9m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :ブラックフィンバラクーダアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガライソマグロヤッコエイ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:-
ダイブタイム :-
最大深度   :-
透明度    :-
水温     :-
生物     :-

アンダマンショートクルーズ 18-19.JAN.2023

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ラパット号
開催期間   :2023年1月18日 – 2023年1月19日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :6名様

今回のお客様!

今回のお客様!

イントラ合格おめでとうございます!

イントラ合格おめでとうございます!

50本ダイブおめでとうございます!

50本ダイブおめでとうございます!

なぜかボン島にハニーカムモレイ。

なぜかボン島にハニーカムモレイ。

群れる、群れるギンガメアジ!

群れる、群れるギンガメアジ!

群れる、群れるアンダマンアジ!

群れる、群れるアンダマンアジ!

ベテランダイバーとリチェリューロック潜り倒し!!

2023年1月18日-19日の1泊2日の日程で、ボン島3本、リチェリューロック3本を6名のお客様と一緒に潜ってきました!

海のコンディションは最高!
出港日の朝は、雲ひとつない青空が広がりました。

今回、ラパット号利用の予定でしたが、前日に船のメンテナンスのため、初日のみ別の船に乗船する必要がある旨連絡があり、MV Oceanic Blueという船にてダイビングをスタートしました。

船や潜り方の説明を終え、早速ダイビング。

1本目は、チェックダイブを兼ねてボン島の湾内でのんびりダイビング!ご参加者のほとんどがインストラクターと言うこともあり、なんのトラブルもなく順調にエントリー。水面から水底が見えるほど真っ青な透明度の良い海が広がっていました。

いつも、カオラック沖にあるブンスンレックでよく見かけるハニーカムモレイ。今回、湾内の15mほどの砂地に1匹いました(ハニーカムモレイかどうか確認中)。びっくり‼️

2本目は、北側かエントリーしてウエストリッジを目指しましたが、ややうねっていたため浅瀬の穏やかな場所からゆっくりダイビングをスタートしました。途中水面へ上がっていくシマウミヘビ2匹とご対面、その後浅瀬を優雅に泳ぐブラックチップリーフシャークと遭遇。1回目はすぐに姿を消してしまいましたが、2回目は、結構近くまで来てくれたこともありお客様全員見る事ができました。

3本目は、ボン島の東側でダイビング。360℃イエローバックフュージュラーに囲まれて大満足なダイビングでした。

3本のダイビングを終え、ラパット号に乗り換えるため3時間ほどのクルージング。サンセットに合わせて気持ちの良い潮風を浴びながらビールタイム。ラパット号に乗換えてからも夜遅くまで楽しい時間を過ごしました。

夜の間、リチェリューロックへ向けて移動。

朝起きると、リチェリューロックにいる船は、ラパットともう一艘の二艘のみ。エントリーする時間も違ったので、海に中はほぼ貸し切り状態。

この日は、3本全てリチェリューロックと、贅沢な時間を過ごしました。いつも和歌山で潜ることが多いとのこと、今回は、マクロ生物には目もくれず、大物、群れもの狙い!流れの上で、魚に囲まれ皆さんご満悦のようでした(最後の1本だけ、タイガーテールシーホースとゴーストパイプフィッシュを見に行きました)。

中でもう2本目の安全停止前の光景は本当に迫力のあるシーンを見ることができました(動画参照)!

フュージュラーの大群が前から泳いできたかと思ったら、後ろから真っ黒に変化したロウニンアジたちが大群で、フュージュラーたちを一網打尽にしていました。ロウニンアジが動けば、フュージュラーやフエダイ、ツバメウオまでが、激しく行き乱れナショナルジオグラフィックで観るようなすごい光景でした。

今回も、愉快なお客様と楽しい2日間を過ごさせていただきました!また、機会がありましたら、次回はシミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロック全てを潜る4泊のクルーズで潜り倒しましょう!

どうもありがとうございました。

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:53
ダイブタイム :53分
最大深度   :17.2m
透明度    :30〜m
水温     :29℃
生物     :ハニーカムモレイスカシテンジクダイアカヒメジアオヤガラアンダマンミミックファイルフィッシュアカモンガライソマグロイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラスインディアンミミックサージョンフィッシュイロブダイ、 イバラカンザシ、  ムスジコショウダイカスミアジキツネフエフキキンギョハナダイキンセンフエダイクロコショウダイゴマモンガラ、 コクテンフグコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイツバメウオドクウツボヘラヤガラ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:31
ダイブタイム :50分
最大深度   :13.9m
透明度    :30〜m
水温     :29℃
生物     :サバヒー、シマウミヘビブラックチップシャークスカシテンジクダイアカヒメジアオヤガラアンダマンミミックファイルフィッシュアカモンガライエローバックフュージュラーイロブダイ、 イバラカンザシ、  ムスジコショウダイオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイタテジマキンチャクダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュモヨウフグ、 ユカタハタ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :イーストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:05
ダイブタイム :44分
最大深度   :23.5m
透明度    :30〜m
水温     :29℃
生物     :イソマグロモルディブスポンジスネイルスカシテンジクダイアカヒメジアオヤガラアンダマンミミックファイルフィッシュアカモンガライエローバックフュージュラーイロブダイ、 イバラカンザシ、  ムスジコショウダイオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイタテジマキンチャクダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュイエローバックフュージュラーブラックピラミッドバタフライフィッシュモヨウフグ、 ユカタハタ、etc.

ダイブ8
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:7:26
ダイブタイム :52分
最大深度   :18.5m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイアオヤガライエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーツバメウオ、 トマトアネモネフィッシュ、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ミナミハコフグムスジコショウダイユカタハタウルマカサゴロウニンアジ、アンダマンアジ、etc.

ダイブ9
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:10:46
ダイブタイム :50分
最大深度   :17.9m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイギンガメアジ、 アオヤガライエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオ、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ミナミハコフグムスジコショウダイユカタハタロウニンアジウルマカサゴブラックフィンバラクーダギンガメアジ、アンダマンアジ、etc.

ダイブ10
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:13:18
ダイブタイム :47分
最大深度   :23.2m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :タイガーテールシーホーススカシテンジクダイギンガメアジ、 アオヤガライエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオ、  ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ミナミハコフグニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)ムスジコショウダイユカタハタロウニンアジウルマカサゴブラックフィンバラクーダ、アンダマンアジ、etc.

シミラン諸島日帰りファンダイブ 14.JAN.2023

クルーズ名  :シミラン諸島 日帰りダイビング
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2023年1月14日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :2名様

今回のお客様!

今回のお客様!

初カメさん!

初カメさん!

ちょっと遠いけどナポレオンフィッシュいました!

ちょっと遠いけどナポレオンフィッシュいました!

イエローバックフュージュラーの大群!

イエローバックフュージュラーの大群!

ベストコンディション!

ベストコンディション!

初海外ダイビング!
初めて亀と出会うことができました!

2023年1月14日、2名のお客様と一緒にシミラン諸島日帰りダイビングツアーに行ってきました。

今回のお客様は、串本周辺でよくダイビングをされているM様ご夫婦、初海外ダイビングでした。奥様は、耳抜きに時間がかかるということで、浅瀬スタートでのんびりダイビングをしてきました。

海のコンディションは、最高!
終始波が無く、天気の良いベストコンディションでした。

1本目は、シミラン諸島9番目にある「スリーツリーズ」。水深10m弱の浅瀬からチェックダイブを兼ねてエントリー。思っていたよりもスムーズに潜行することができ、水中世界を思いっきり堪能しました。インド洋の固有種のコラーレバタフライフィッシュ、パウダーブルーサージョンフィッシュ、インディアンダッシラスなどを観察してると、お食事中のカメを発見。見事2ショット撮影成功!!

お昼を挟んでからの2本目は、シミラン諸島9番目の南「スナッパーアレイ」。やや流れが入っていたこともあり、浅瀬ブイを利用してゆっくりエントリー。たくさんのイエローバックフュージュラーに囲まれご満悦。砂地から岩場へ移動すると流れが増し、吐いた泡が真横に流れていくほどの強い流れに変わりました。自分たちは、すぐに大きな岩の後ろに入り難を逃れました。

浮上すると波の無い穏やかな海況に戻り2本目も無事に終了。流れがあった時には、ちょっと驚かれていたお二人も、今回のダイビングで新しい経験を積む事ができたことと思います。

また機会がありましたら、船上泊でシミラン諸島の海を潜り倒しましょう!
また、ご一緒できるのを楽しみにしています

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:49
ダイブタイム :52分
最大深度   :12.1m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :タイマイアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガライソマグロ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :スナッパーズアレイ & ブレックファーストベンド(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:59
ダイブタイム :25分
最大深度   :19.4m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :ナポレオンフィッシュ 、 イエローバックフュージュラーアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガラ、etc.