ハタタテハゼ

ハタタテハゼ

ハタタテハゼ

分類  :ハゼ科
学名  :Nemateleotris magnifica
英名  :Fire goby
体長  :3cm〜7cm
いる場所:珊瑚礁域、岩礁域
ポイント:エレファントヘッドロック、など。

浅海のサンゴ礁域の外縁や斜面、礁湖、ドロップオフなどの、サンゴと砂の混じった域に生息する。和名の由来は、弟1背ビレ棘を旗の様に立てているところからきている。巣穴に近い低層で、弟1背ビレをピクピクと前後に動かしながらホバーリングし、流れてくる餌を捕食している。普通はペアで見られ、一夫一妻と思われる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です