おすすめ投稿

メニュー一覧

お知らせ!

キャンペーン

タイランド ローシンクルーズ
インドネシア コモドトクルーズ
インドネシア ラジャアンパットクルーズ
インドネシア バンダ海クルーズ
インドネシア チェンデラワシクルーズ
インドネシア アロール-マウメレクルーズ
ミャンマー ダイブクルーズ

ダイブクルーズ レポート

アンダマン ショートクルーズ
サワディーファーサイ
シミラン ショートクルーズ
シースター(スノーケル)
タパナ
タパナ カタマラン
マンダリンクイーン9
ディヴァ アンダマン
ディープ アンダマンクイーン
サワディーファーサイ
パワラ
マンタクイーン1
マンタクイーン2
マンタクイーン3
日帰りダイビング

特別企画クルーズ

シミラン諸島の水中生物

魚類
甲殻類
珊瑚など
その他
軟体動物
爬虫類

アンダマンショートクルーズ 13.APR.2024-15.APR.2024

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロックアンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2024年4月13日 – 2024年4月15日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :1名様+1名様(英語ガイド)

Happy Songkran!
普段見れないくじらと遭遇!

2024年4月13日〜15日の2泊3日の日程で、シミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを巡るアンダマンショートクルーズに行ってきました。

今回、ご一緒させていただいたのは、コロナの時にピピ島日帰りダイビングツアーとリチェリューロック&スリン諸島を巡る1泊2日のアンダマンショートクルーズにご一緒させていただいたSさんと初シミランクルーズご参加のTさん。

海のコンディションは、ベストシーズン継続中。照りつける太陽+穏やか海=ダイビング日和でしたが、サーモクラインの影響で透明度不良且つ水温が低下しているポイントが多かったです。

▲00:30 2.2m
▼06:30 0.5m
▲12:40 2.5m
▼19:10 0.5m

大潮4月10日(-3日)
小潮4月17日(+4日)

今回は、以下の点を重視してダイビングを行いました。

・冷たくない
・透明度良好
・流れない
・魚影が濃い

1ダイブ目は、シミラン諸島9番の南「ブレックファーストベンド/スナッパーアレイ」でダイビング。エントリーしてから水中を覗き込むと真っ青な海が広がっており、浅瀬はサーモクラインの影響ほとんどなし。終始ハナタカサゴの群れに囲まれてのんびりダイビング。15mよりも深場はサーモクラインの影響で緑色でしたが、大きなホワイトチップリーフシャークが優雅に泳いで行きました。

普段、パタヤでダイビングされてるSさんもご満悦。2ダイブ目は、シミラン諸島9番北「ノースポイント」でダイビング。1ダイブ目同様、真っ青な海を期待したのですが、このダイブサイトはサーモクラインに侵され透明度は5mほどと残念な感じでした。でも他のグループよりも先にエントリーしたこともありダイブサイトは貸切状態+流れがなくゆっくり地形を堪能しました。エキジット後には、船の向きが変わり潮が流れ始めたようです。

その後は、ボン島まで約1時間30分のクルージング。1日4ダイブもあるので仮眠して体力温存されていました。

3ダイブ目は、ボン島「ウエストリッジ」。ここもサーモクラインの餌食になっており魚がいるのに前が見えない状態でしたが、リッジ付近の流れを遮れる浅瀬へ移動すると水温良し、透明度良し、魚影良しの3拍子そろったコンディション。ほとんど泳がなかったので物足りない感もありましたが、ツバメウオ、イエローバックフュージリア、ブラックピラミッドバタフライフィッシュなどの群れたちや、岩肌にはゴシキエビ、モルディブスポンジスネイル、ウルマカサゴなどのマクロ生物にも出会うことが出来ました。

初日最後のダイビングは、タチャイ島でナイトダイビングの予定でしたが、早めにダイブサイトに到着したためサンセット&ナイトとなりました。エントリーした際は、魚たちの夕食タイムが終わっておらず「こんなにたくさん居たっけ?」と思うほどのフュージリアの大行進に加え、カスミアジたちの大群が周辺を行ったり来たり。途中、ドクウツボも岩穴に顔を突っ込み夕食を探していたり、眠ろうと岩の隙間に隠れてたアオウミガメにも出会うことが出来ました。

海況が穏やかなこともあり、夕食の後はリチェリューロックを目指し3時間のクルージング。翌朝、目を覚ますと大海原。すでに7艘の船がリチェリューロックの周りに停泊していました。

▲01:20 2.1m
▼07:00 0.8m
▲13:30 2.4m
▼20:00 0.9m

大潮4月10日(-4日)
小潮4月17日(+3日)

1ダイブ目は他の船よりも早くエントリー。数日前はサーモクラインの影響で真緑でしたが、今回は遠くまで見渡すことができる透明度が復活していました。アジの大群は相変わらず根の周りをウロウロ、中層にはバラクーダの群れ、流れの当たる場所にはキビナゴなどの小魚がびっしり!前が見えないほど大きな群れを作っていました。

2ダイブ目も同じリチェリューロック。南からの流れが当たる東西の端で群れや大物を狙ったところ、キツネフエフキやアジたちが集まった大群との遭遇が良く魚影の濃いダイビングを楽しみました。

3ダイブ目は、タチャイ島へ移動する予定でしたが、途中、大きなミンククジラと遭遇。長い時間、水面から顔やヒレを出して遊んでいる様子で、かなり近い距離でクジラを見ることができました。そのため、近い方のリチェリューロックへ引き返し3ダイブ目を潜ることに。

リチェリューロックで3ダイブ目のエントリー。どこを見てもダイバーだらけの泡だらけ。なるべくダイバーのいないところを狙って潜っていたものの魚よりもダイバーの泡の方が多いのではないかという始末。後半は流れが収まりジンベイザメ登場か?と思いきや、流れが収まったことでサーモクラインの威力が勝りあっという間に視界が真っ白に変化。ジンベイザメとの遭遇が叶わずエキジットとなりました。

本日最後の1ダイブは、タチャイ島「タチャイピナクル」。ここ最近、バラクーダのトルネードと相性がいいダイブサイトですが、エントリーしてびっくり!透明度悪くて前が見えない!!!流れがほとんどなかったこともあり、リチェリューロック同様サーモクラインの影響で透明度は5mほど…。でも、フュージリアの群れの数はすごかったです。

最終日は、シミラン諸島周辺の以下のダイブサイトでダイビング。

・エレファントヘッドロック
・ハネムーンベイ
・ストーンヘンジ

▲01:40 1.8m
▼07:30 0.8m
▲14:00 2.2m
▼20:40 0.8m

大潮4月10日(-5日)
小潮4月17日(+2日)

エレファントヘッドロックは透明度は15mほどで緑色でしたが、大きなロウニンアジの群れがフュージリアを捕食するために行ったり来たり!

ハネムーンベイは、ちょうど流れが入る時間帯+浅瀬はプランクトンに加えクラゲだらけ…。水底には大きなジェンキンスホイップレイが1枚。岩の周りにはオレンジ色のキンギョハナダイがたくさん。群れに中にはキンギョハナダイに擬態したハナダイギンポが岩の隙間からこんにちは。中性浮力が難しいと言っていたお客様もハナダイギンポの可愛さに魅了され、無意識のうちに中性浮力を自分のものにされていました。

あっという間の最終ダイブ。昨日は疲れた、疲れたとおっしゃっていたお客様も体が慣れてきたようで「まだまだ潜りたい!」様子。ストーンヘンジでは東側の砂地にリーフをメインに潜り、これまたマクロのオーロラパートナーゴビーやハナミノカサゴなどに興味津々。マクロ生物の世界にどっぷりハマっていました。

今回は、Sさんはマンツーマンという事もあり希望に沿ったダイビングをするとともに、課題の中性浮力や呼吸器方法などスキルアップも兼ねてのダイビングとなりました。3日間潜り倒しただけあり中性浮力は大成長!残すは呼吸の方法をマスターして今よりももっと空気の持ちが良くなるように練習してみてくださいね。Tさんとはご一緒にダイビングできませんでしたが、船上で楽しく過ごさせていただきました。機会がありましたら次回は、ご一緒にダイビングしましょう!

どうもありがとうございました♪

ダイブ1
ポイント名  :ブレックファーストベンド/スナッパーアレイ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:13
ダイブタイム :46分
最大深度   :18.6m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :ホワイトチップシャーク 、チンアナゴ(ガーデンイール)、ヨスジフエダイ、 アカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガラキンギョハナダイハナダイギンポ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:29
ダイブタイム :41分
最大深度   :23.9m
透明度    :5m
水温     :25 – 29℃
生物     :スカシテンジクダイアカヒメジアカマツカサアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーオニヒトデカスミアジキンギョハナダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイタテジマキンチャクダイパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガラモヨウフグ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:35
ダイブタイム :47分
最大深度   :18m
透明度    :5-15m
水温     :29℃
生物     :モヨウフグスカシテンジクダイアカヒメジアオヤガラアカモンガライソマグロイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラスインディアンミミックサージョンフィッシュイロブダイ、 イバラカンザシ、  ムスジコショウダイカスミアジキツネフエフキキンギョハナダイキンセンフエダイクロコショウダイゴマモンガラ、 コクテンフグコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュツバメウオドクウツボヘラヤガラ、etc.

ダイブ4
ポイント名  : タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:18:23
ダイブタイム :30分
最大深度   :6.9m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :アオウミガメブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ドクウツボ、 スカシテンジクダイ、 カスミアジ、etc..

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:6:43
ダイブタイム :47分
最大深度   :17.1m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :ツムブリキツネフエフキギンガメアジ、 スカシテンジクダイアオヤガライエローバンドフュージュラー、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラー、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ムスジコショウダイユカタハタウルマカサゴロウニンアジトマトアネモネフィッシュ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:8:55
ダイブタイム :48分
最大深度   :16.8m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :ツムブリキツネフエフキギンガメアジ、 スカシテンジクダイアオヤガライエローバンドフュージュラー、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラー、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ムスジコショウダイユカタハタウルマカサゴロウニンアジ、etc.

ダイブ7
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:11:39
ダイブタイム :50分
最大深度   :16.9m
透明度    :5 – 15m
水温     :29℃
生物     :ツムブリキツネフエフキギンガメアジ、 スカシテンジクダイアオヤガライエローバンドフュージュラー、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラー、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュブラックフィンバラクーダ、 ムスジコショウダイユカタハタウルマカサゴロウニンアジ、etc.

ダイブ8
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:15:45
ダイブタイム :41分
最大深度   :22.7m
透明度    :5m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイイケカツオイエローバックフュージュラー、 イエローダッシュフュージュラー、 オニカマスカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュツムブリツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ホウセキキントキホンソメワケベラ、 ユカタハタロウニンアジ、etc..

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:6:44
ダイブタイム :42分
最大深度   :20m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)アンダマンスウィートリップススカシテンジクダイヤマブキスズメダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーイエローダッシュフュージュラーカスミアジロウニンアジアカヒメジスカンクアネモネフィッシュ、 ゴマモンガラムスジコショウダイハナダイギンポキンギョハナダイ、 アカヒメジ、etc…

ダイブ10
ポイント名  :ハネムーンベイ(シミラン諸島 NO.4)
エントリー時間:9:35
ダイブタイム :36分
最大深度   :28.3.m
透明度    :15m
水温     :27 – 29℃
生物     :カクレクマノミクマノミ 、イソマグロカスミアジアカヒメジチンアナゴ(ガーデンイール)、スカシテンジクダイパウダーブルーサージョンフィッシュキンギョハナダイアオヤガラホウセキキントキヨスジフエダイコクテンフグスカシテンジクダイ、 ドクウツボ、ジェンキンスホイップレイ、etc…

ダイブ11
ポイント名  :ストーンヘンジ(シミラン諸島 No.4)
エントリー時間:12:17
ダイブタイム :38分
最大深度   :24.8m
透明度    :15m
水温     :27 – 29℃
生物     :ゴシキエビイエローバックフュージュラーキンギョハナダイコクテンフグスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイカスミアジモヨウフグアカヒメジドクウツボイエローダッシュフュージュラーヨスジフエダイ、etc.

シミランショートクルーズ 6.APR.2024 – 7.APR.2023

クルーズ名  :シミラン諸島シミランショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2024年4月6日 – 2024年4月7日
日担当スタッフ:リョウタ
お客様人数  :1名様

コンディション抜群のシミラン諸島!
コンディション抜群のシミラン諸島!

少人数で快適ダイブクルーズ!!

2024年4月6-7日の日程で1名のゲスト様と一緒に1泊2日でシミラン諸島、ボン島を廻るシミランショートクルーズに乗船してきました。初日は4本、最終日3本の計7ダイブしてきました。

バンコクからお越しのゲスト様が今回遊びにきていただきました!タプラム港でゲスト様と合流し、スピードボートで約1時間30分かけ今回のクルーズ船が停泊しているしミラン諸島9番目の島に向かっていきました。

今回のコンディションは、天気にも恵まれ、夕陽・星空・朝日とも綺麗な景色を船上から見れ贅沢な時間でした!海況も波が全くなく穏やかでした。水中も透明度が高く、魚影も濃いベストなコンディションでした!

1本目は、シミラン諸島9番目の島のスナッパーアレイで潜りました。チェックダイブを兼ねてエントリー。オープンウォーター取得しての初めてのファンダイブ。潮が少し流れる中での潜行でしたけど透明度抜群の水中に癒されすぐ感覚を取り戻していました。浅瀬の珊瑚エリアには、たくさんのスズメダイやキンギョハナダイ。インド洋固有種のインディアンダッシラスなどを紹介させていただきました。

UnderWater photo#1
UnderWater photo#1

岩の隙間に隠れる、阪神タイガースカラーのムスジコショウダイ。

UnderWater photo#2
UnderWater photo#2

深場では、たくさんのブルーダッシュフュージュラーに囲まれるゲスト様!

UnderWater photo#3
UnderWater photo#3

2本目は、同じシミラン諸島9番目の島のノースポイントで潜りました。そこまで潮は強くなく潜りやすかった水中でした。ここのポイントならではの大きくそびえ立っている岩には、ダイバーよりも大きなサイズのウミウチワが育っていて大迫力!

UnderWater photo#4
UnderWater photo#4

ヨスジフエダイの周りをブルーダッシュフュージュラーが激しく動き回り水中はとても賑やかでした。

UnderWater photo#5
UnderWater photo#5

深場には、水中の色にすごく映える黄色い体色のコントラストが抜群のイエローバックフュージュラーもたくさんいてとても綺麗な光景でした。

UnderWater photo#6
UnderWater photo#6

大きな岩が積み重なってできたスイムスルーも何箇所か通り地形でも存分に遊びました!

UnderWater photo#7
UnderWater photo#7

ホワイトチップシャークも優雅に泳いでいて大満足の1本でした!

UnderWater photo#8
UnderWater photo#8

3本目は、シミラン諸島8番目の島のビーコンリーフで潜りました。透明度も高く水温も暖かかったので浅いエリアでまったりダイビング。マクロやインド洋固有種など紹介させていただきました。岩をちょこまか動き回る、日本で見れるイシガキカエルウオに似ているインド洋版のルボックスブレニー。

UnderWater photo#9
UnderWater photo#9

根にはたくさんのギンポたち。ヒナギンポもいました。

UnderWater photo#10
UnderWater photo#10

アミメサンゴガニも身を潜めてました。

UnderWater photo#11
UnderWater photo#11

そして、砂地には、目の下の赤い涙のような線がかわいいオーロラパートナーゴビー。

UnderWater photo#12
UnderWater photo#12

4本目は、同じポイントでナイトダイビング!ゲスト様は初めてのナイトダイブとのことでした。薄暗い水中にドキドキ。あっという間に真っ暗になり、エビ、カニの甲殻類を観察しながら宝探しをしている感覚でした。

船上に戻ると、満天の星空。夕食を食べ、キャプテンたちと一緒に乾杯!楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

2日目の1本目は、シミラン諸島9番目の島のスリーツリーで潜りました。潮がやや強めに流れる中でのエントリー。すぐ水底までいき、前半は砂地を這うように流れに逆らって進んでいきました。深場には、ヤッコエイやタコが身を潜めていたのでじっくり観察しました。浅瀬に移動しながら大きなウミウチワやイソバナ、立体的なカイメンなど写真におさめながら時間いっぱい堪能しました。

2本目3本目は、ボン島で潜りました。通称『滝つぼ』のエリアからのエントリー。水面のうねりがいい感じに岩の隙間に波が入り潮が吹き出す光景が水中から大迫力でした!

UnderWater photo#13
UnderWater photo#13

透明度も高く、リッジに向かう浅瀬のエリアは、太陽の光が差し込み潜っていてとても気持ちよかったです。小魚たちを追うイソマグロやカスミアジ、キツネフエフキのハンティングも圧巻でした!途中、インド洋固有種のブラックピラミッドバタフライフィッシュやアンダマンスウィートリップスなども紹介させていただきました。

UnderWater photo#14
UnderWater photo#14

リッジの先端あたりまで行こうとしましたが、流れが強すぎて引き返すことに。そして、たまたま水面あたりを見ていたら、大きな黒い塊の群れが!近づいていくと1個体1個体が大きいブラックフィンバラクーダの群れでした!何度も自分たちの周りを取り囲むかのように巻いてくれて、ゲスト様も大喜び!残念ながら、大物には出会えませんでしたが最後に魚影の濃いワイドを存分に楽しむことができました!

UnderWater photo#15
UnderWater photo#15
UnderWater photo#16
UnderWater photo#16

今回のシミランショートクルーズでは、天候にも恵まれ、潮が強く流れるポイントもありましたがその分魚影が濃いトリップでした!ありがとうございました!

最後にスタッフたちと記念写真!
最後にスタッフたちと記念写真!

是非また一緒に潜れる日を楽しみにしてお待ちしております!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スナッパーアレイ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:28
ダイブタイム :46分
最大深度   :25.1m
透明度    :25m
水温     :27℃
生物     :キツネフエフキカクレクマノミクマノミ 、カスミアジアカヒメジチンアナゴ(ガーデンイール)、スカシテンジクダイインディアンフレームバスレットインディアンダッシラスブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーパウダーブルーサージョンフィッシュコラーレバタフライフィッシュヤッコエイホウセキキントキヨスジフエダイコクテンフグモヨウフグイバラカンザシムスジコショウダイ、etc…

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:52
ダイブタイム :45分
最大深度   :23.2m
透明度    :20m
水温     :26℃
生物     :ホワイトチップシャーク 、イソマグロロウニンアジスカシテンジクダイアカヒメジアカモンガライエローバックフュージュラーカスミアジキツネフエフキキンギョハナダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカンクアネモネフィッシュパウダーブルーサージョンフィッシュタテジマキンチャクダイモヨウフグウミトサカウミウチワ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:15:59
ダイブタイム :51分
最大深度   :10.9m
透明度    :15m
水温     :30℃
生物     :スカシテンジクダイカクレクマノミカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュ インディアンダッシラスドクウツボ スカンクアネモネフィッシュキツネフエフキ、 クマノミ 、イソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジアカヒメジパウダーブルーサージョンフィッシュチンアナゴ(ガーデンイール)モンジャウミウシルボックスブレニーオーロラパートナーゴビー、ヒナギンポ、アミメサンゴガニ、etc..

ダイブ4
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:18:45
ダイブタイム :39分
最大深度   :7.1m
透明度    :ー m
水温     :30℃
生物     : コラーレバタフライフィッシュブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ネッタイミノカサゴ、 スカシテンジクダイスザクサラサエビコクテンフグイロブダイオトヒメエビスカンクアネモネフィッシュ、etc..

ダイブ5
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:6:53
ダイブタイム :51分
最大深度   :25.8m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     :スカシテンジクダイ、 オニカマス、 イソマグロキツネフエフキアカヒメジアオヤガラアンダマンスウィートリップスアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュパウダーブルーサージョンフィッシュヤッコエイオーロラパートナーゴビー、ワモンダコ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:9:36
ダイブタイム :49分
最大深度   :23.0m
透明度    :15m
水温     :26℃
生物     : ブラックフィンバラクーダロウニンアジキツネフエフキスカシテンジクダイアカヒメジアオヤガラアンダマンミミックファイルフィッシュアカモンガライエローバックフュージュラーイロブダイ、 イバラカンザシ、  ムスジコショウダイオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュタテジマキンチャクダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュモヨウフグ、 ユカタハタアンダマンスウィートリップス、etc.

ダイブ7
ポイント名  :ノースリッジ(ボン島)
エントリー時間:12:31
ダイブタイム :44分
最大深度   :23.1m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :ロウニンアジキツネフエフキブラックフィンバラクーダ、ブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)スカンクアネモネフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)モヨウフグスカシテンジクダイシマウミヘビコラーレバタフライフィッシュクロコショウダイ、etc…

シミラン諸島日帰りファンダイブ 5.APR.2024

クルーズ名  :シミラン諸島 日帰りダイビング
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2024年4月5日
日担当スタッフ:リョウタ
お客様人数  :1名様

M/V SOMBOON3
M/V SOMBOON3

コンディション抜群で2ダイブ!

2024年4月5日、1名のゲスト様と一緒にシミラン諸島日帰りダイビングに行ってきました。

朝のカオラック港は、少し雲が多くどんよりとした天候でした!スピードボートで約1時間30分かけ今回のクルーズ船が停泊しているシミラン諸島7番目の島に行ってきました。着く頃には、青空になりとても天気の良い1日になりました。

シミラン諸島のコンディションは、浅瀬は透明度が高かったのですが水底の方はサーモクラインがかかり水温が冷たかったです。潮もマイルドに流れ中層のフュージュラーが活発でした。

1本目は、シミラン諸島7番目の島のウエストオブエデンで潜りました。チェックダイブを兼ねてエントリー。少し緊張気味でしたけどすぐ感覚を取り戻したようでリラックスして潜っていたご様子でした。深度18m近辺には、ゼブラウツボが岩の隙間に顔を突っ込んでいました。

UnderWater photo#1
UnderWater photo#1

タコも急いで自分たちから逃げるように体色を変えながら移動してました。

UnderWater photo#2
UnderWater photo#2

メインの大きな岩が聳え立っている間には、潮通しがいい分大きく立体的なウミウチワが育ちます。

UnderWater photo#3
UnderWater photo#3

突然現れるキツネフエフキの大軍!体色を変え一斉にハンティングモードでした!

UnderWater photo#4
UnderWater photo#4

お昼休憩を挟み、2本目は、同じシミラン諸島7番目の島のサウスオブエデンで潜りました。潜行してすぐ下の水底には、綺麗な珊瑚礁エリアが広がっており潜っていて癒される景観でした。イバラカンザシが美しい珊瑚もあり、通称クリスマスツリーワームという名前がつくほど色彩鮮やかです。

UnderWater photo#5
UnderWater photo#5

変わった色の珊瑚もありました。

UnderWater photo#6
UnderWater photo#6

浅瀬では、太陽の光が差し込み水面近くを見ながら泳いでいたらゲスト様が指さす方向にタイマイが食事中でした。自分の真下にいたので危うく素通りするところでした。教えていただきありがとうございました!ゲスト様とタイマイの2ショット!

UnderWater photo#7
UnderWater photo#7

インド洋固有種の魚たちも紹介させていただきました。黒と白色の体色が特徴で逆さまにすると黒色の頭がピラミッドに見えるカスミチョウチョウウオのインド洋版のブラックピラミッドバタフライフィッシュ。

UnderWater photo#8
UnderWater photo#8

自分は、明日のゲスト様を船上でお迎えすることもあり、母船に残りゲスト様を乗せたスピードボートをお見送りでした。

今回のシミラン諸島日帰りトリップは、晴天にも恵まれコンディション抜群の水中でした!水温が冷たいサーモクラインが時々押し寄せるシーンがありましたけど魚影が濃く大満足でした!ありがとうございました!

またのお越しを是非お待ちしております!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:10:30
ダイブタイム :42分
最大深度   :17.8m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :キツネフエフキロウニンアジイエローバックフュージュラーキンギョハナダイスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジアカヒメジブラックピラミッドバタフライフィッシュアンダマンスウィートリップスアカモンガラインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 ムスジコショウダイコラーレバタフライフィッシュパウダーブルーサージョンフィッシュゼブラウツボ、ワモンダコ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :サウスオブエデン(シミラン諸島No.7)
エントリー時間:12:49
ダイブタイム :43分
最大深度   :18.0m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :タイマイロウニンアジカスミアジキツネフエフキアンダマンスウィートリップスアンダマンダムゼルイエローバックフュージュラーキンギョハナダイコクテンフグスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)アカヒメジウルマカサゴエヴァンスフェアリーバスレットブラックピラミッドバタフライフィッシュパウダーブルーサージョンフィッシュ、etc.

アンダマンショートクルーズ 10-11.APR.2024

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ラパット号
開催期間   :2024年2月24日 – 2024年2月25日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :4名様

サーモクライン再来!
栄養分豊富な海で魚うじゃうじゃ!!

2024年4月10日-11日の1泊2日の日程で、ボン島、タチャイ島、スリン諸島、リチェリューロックをめぐるアンダマンショートクルーズに4名のお客様と一緒に行ってきました。今回も船の上での生活が全く苦にならない絶好のコンディション。天気が良く、波が穏やかでした。透明度は、強いサーモクラインが再来したためかボン島、リチェリューロックは透明度が落ちていましたが、タチャイ島、スリン諸島はまずまずでした。

1日目は、

1.ボン島(湾内)
2.ノースリッジ
3.タチャイピナクル

で潜りました。

潮汐
▼05:00 0.3m
▲11:10 2.5m
▼17:20 0.3m
▲23:30 2.4m

大潮:4月10日(本日)
小潮:4月17日

乗船時、スピードボートからクルーズ船に乗り移った際に、ギターシャークを見たとガイド陣が大騒ぎ。でも24℃のグリーンモンスター(サーモクライン)が来たの事。

大物を見たい気持ちを抑え、1本目はチェックダイブを兼ねてボン島の湾内でダイビング。水深10mよりも浅いところからエントリー。透明度は良好で遠くまで見渡せると思ったのも束の間、深場から真緑のサーモクラインがやってきて、あっという間に辺り一面緑色+冷たくなりました。南国の温かい海で潜りたい気持ちからサーモクラインを避けるように浅瀬に移動。通常、すぐにサーモクラインが消え透明度が回復するのですが、シーズン初め同様、サーモクラインが頻繁に流れてきました。結局、浅瀬から動けませんでしたが。キツネフエフキ屋カスミアジの大群が、小魚を狙ってハンティングする迫力のあるシーンを見ることができました。

2本目は、ボン島の北側から流れに乗りウエストリッジを目指しました。先日の透明度の良い真っ青な海はどこへやら…。プランクトンいっぱい栄養分たっぷりな海でした。視界不良のため大物や群れを探すことが出来ず、カサゴやウツボ、フグなどのマクロダイブとなりました。

その後、タチャイ島まで約2時間のクルージング。北上するにつれ水面の海の色が青く変わり、エントリー時はちょうど潮止まり間近と言うこともあり穏やかなコンディションの中でダイビングをすることができました。エントリーした際、真下にはたくさんのフュージリアたちがお出迎え。大きなロウニンアジやカスミアジたちのハンティングシーンを観察していると、中層に薄暗い塊発見。近づいてみるとバラクーダの特大トルネード。流れがなかったこともあり、バラクーダたちも根の上でグルグル回っていました。1番乗りでエントリーしたこともありバラクーダ貸切ダイビングができました。

タチャイ島での1本は、みなさん大満足!

スリン諸島へ移動する船の上では、撮影した動画を見せ合ったりログづけしたりとこの日のダイビングを思い返しながら余韻に浸りました。

翌日は、リチェリューロック3本を予定していましたが、夜、風が強く波が立っていたので、様子を見るべくスリン諸島で1本を潜りました。

2日目は、

1.コチ
2.リチェリューロック
3. リチェリューロック

で潜りました。

潮汐
▼05:40 0.2m
▲11:50 3m
▼18:10 0.3m

1本目は、目覚ましダイブにちょうど良い砂地に珊瑚の癒し系ダイブサイト。緩やかな流れに乗りながらまったりした時間を過ごしました。途中、ブラックチップリーフシャークを探すべく5mよりも浅瀬へ移動。体が浮いてサメどころではありませんでしたが、浅瀬と深場での浮力の違いを実感されていました。

2本目は、シミラン諸島海域で1番人気のダイブサイト「リチェリューロック」。エントリー前は、水面がバシャバシャしており激流でしたが、エントリーをすることにはだいぶ収まっていました。ただ、サーモクラインに影響で緑っぽくまた冷たいコンディションでしたが、魚影の濃さはピカイチ!どこもかしこも魚だらけで大満足でした!!ゴーストパイプフッシュやフリソデエビは、いつもの場所に居らずお出かけ中でしたが、カサゴやモンハナシャコ、トマトアネモネフィッシュは健在でした。

最後のダイビングは、潮の引き始めの緩やかな流れでしたが、エントリーすると冷たいサーモクラインが根の周りを覆い透明度もいまいちでした。浅瀬の岩と岩の間から流れる潮のおかげもあって、ここエリアだけは透明度良く水温も常温でほとんどの時間をこのエリアで過ごしました。目の前が見えなくなるほどの小魚たちが一斉に泳ぎ出したかと思うと、大きなキツネフエフキやアジの大群が勢いよく泳いでくる。それを何度も繰り返し、目の前で大迫力なダイビングを満喫しエキジットとなりました。

今回は、絶好のコンディションでしたが、透明度が少し残念でした。プランクトンいっぱいの栄養分のある海だったこともあり魚影の濃さは圧巻でした。

1泊2日のいいとこ取りダイブクルーズでしたが、機会がありましたら次回は、4泊の本格的クルーズでシミラン海域全てを楽しみましょう!

どうもありがとうございました。

ダイブ1
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:41
ダイブタイム :49分
最大深度   :15.7m
透明度    :5-20m
水温     :27 – 29℃
生物     :ゴシキエビカタハタスカシテンジクダイアカヒメジアオヤガラアカモンガライソマグロイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラスインディアンミミックサージョンフィッシュイロブダイ、 イバラカンザシ、  ムスジコショウダイカスミアジキツネフエフキキンギョハナダイキンセンフエダイクロコショウダイゴマモンガラ、 コクテンフグコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュアンダマンスウィートリップススカシテンジクダイツバメウオドクウツボヘラヤガラ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:15
ダイブタイム :49分
最大深度   :19.9m
透明度    :5-10m
水温     :27 – 29℃
生物     :オニカマススカシテンジクダイアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーイロブダイ、 イバラカンザシ、  ムスジコショウダイオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイタテジマキンチャクダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュモヨウフグ、 ユカタハタ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:57
ダイブタイム :42分
最大深度   :20.3m
透明度    :5 – 20m
水温     :29℃
生物     :ブラックフィンバラクーダマダラハタイソマグロスカシテンジクダイイケカツオイエローバックフュージュラー、 イエローダッシュフュージュラー、 カクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュツムブリツバメウオ、 パウダーブルーサージョンフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ホウセキキントキホンソメワケベラ、 ユカタハタロウニンアジギンガメアジ、etc..

ダイブ4
ポイント名  :コチ(スリン諸島)
エントリー時間:6:58
ダイブタイム :45分
最大深度   :22.2m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     : ヨスジフエダイアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバンドフュージュラーイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 イバラカンザシ、 カクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイデバスズメダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガラチンアナゴ(ガーデンイール)、etc…

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:10:17
ダイブタイム :38分
最大深度   :23.4m
透明度    :5 – 10m
水温     :27 – 29℃
生物     :ギンガメアジスカシテンジクダイアオヤガライエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーツバメウオ、 トマトアネモネフィッシュ、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、 ミナミハコフグムスジコショウダイユカタハタウルマカサゴロウニンアジモンハナシャコ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:13:12
ダイブタイム :50分
最大深度   :19.9m
透明度    :5 – 10m
水温     :27 – 29℃
生物     :ギンガメアジスカシテンジクダイアオヤガライエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 インディアンドラゴンカクレクマノミカスミアジキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーツバメウオ、 トマトアネモネフィッシュ、 ドクウツボ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、 ミナミハコフグムスジコショウダイユカタハタウルマカサゴロウニンアジ、etc.



クーン9号 アンダマンショートクルーズ 31.MAR.2024-2.APR.2024

クルーズ名  :リチェリューロック〜スリン諸島 アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :KOON9
開催期間   :2024年3月31日 – 2024年4月2日
日担当スタッフ:リョウタ
お客様人数  :1名様

リチェリューロックで登場!!
リチェリューロックで登場!!

初日からジンベエザメ大当たり!!

2024年3月31-4月2日の日程で1名のゲスト様と一緒に2泊3日でリチェリューロック、スリン諸島を廻るアンダマンショートクルーズに乗船してきました。初日3本、2日目4本、最終日3本の計10ダイブしてきました。

日本からお越しのゲスト様が今回遊びにきていただきました!ナムケム港でゲスト様と合流し、スピードボートで約1時間30分かけ今回のクルーズ船が停泊しているリチェリューロックに向かっていきました。

今回のコンディションは、天気にも恵まれ日中とても暑く、海況も波が全くなく穏やかでした。水中も透明度が高く、ベストなコンディションでした!

初日は、リチェリューロックで3本潜りました。チェックダイブを兼ねてエントリー。ワイドの魚影をリクエストのことでしたので東側の潮が当たる離れ根をメインに待機しながら魚影を楽しみました。ソフトコーラルやウミウチワをバックに中層のギンガメアジの大群や、一気に押し寄せてくるキツネフエフキを中心とする大所帯に何度も取り囲まれ大興奮でした!

Underwater photo#1
Underwater photo#1
Underwater photo#2
Underwater photo#2

マクロも充実のリチェリューロック!せっかくでしたので他のダイバーがいないことを確認して隙を狙いフリソデエビを見にいきました。2匹揃ってとても可愛いかったです!いつもブイ下のエリアにはマクロ好きのダイバーだらけ。他にダイバーがいたらいかないつもりでしたけどたまたま誰もいなくてラッキーでした!

Underwater photo#3
Underwater photo#3

ニシキフウライウオも紹介させていただきました。

Underwater photo#4
Underwater photo#4

そして、な、な、なんとーーー!!

ジンベエザメ登場!!たくさんの魚たちを引き連れて優雅に泳ぐ姿には、ほんと圧巻ですね!

UnderWater photo#5
UnderWater photo#5
UnderWater photo#6
UnderWater photo#6

悔いなくリチェリューロックを後にして、スリン諸島に向け移動しました。

2日目の1本目は、スリン諸島のトリンラピナクルで潜りました。大小さまざまな岩が積み重なっているポイント。中層には、イエローバックフュージュラーやブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)が群れていました。ヨスジフエダイやアカヒメジの群れも密集していました。ゲスト様が群れの写真をたくさん撮っている間に自分はウミウシ探し!

小さなリュウグウウミウシを発見してゲスト様に見せるも全く分からなかったご様子。笑

UnderWater photo#7
UnderWater photo#7

水底には、ツノザヤウミウシもいました。

UnderWater photo#8
UnderWater photo#8

サンゴの間からカメラをじっと見つめるキモガニ。

UnderWater photo#9
UnderWater photo#9

2本目は、スリン諸島のアオパッカードで潜りました。癒し系のポイントでまったりダイビング。砂地の深場には、チンアナゴよりはるかに長いスパゲッティーイールやヤッコエイを観察しました。少し深度を上げながら砂地のヒレナガネジリンボウを観察。近寄りすぎるといつもすぐ引っ込むのでなかなか写真に収めるのが難しいが、今回はなんとか撮ることができました。

Underwater photo#10
Underwater photo#10

その近くには、メタリックシュリンプゴビーもいました。

Underwater photo#11
Underwater photo#11

浅瀬では、インド洋固有種のトマトアネモネフィッシュやホソフエダイなども紹介させていただきました。

Underwater photo#12
Underwater photo#12
Underwater photo#13
Underwater photo#13

3・4本目は、スリン諸島のタートルベイで潜りました。砂地のエリアでは、とても冷たい海流が押し寄せるシーンが何度もあり、視界もあまりよくなかったので浅瀬の珊瑚礁エリアでのんびり潜ることにしました。岩の影にはベニハゼがいたり、サンゴの隙間にはコバンハゼがいたりとマクロを楽しみました。

UnderWater photo#14
UnderWater photo#14
UnderWater photo#15
UnderWater photo#15

ウミウシは、最近よく見るゴニオブランクス・ゲミノスが花びらのような卵を産卵していました。

UnderWater photo#16
UnderWater photo#16

珊瑚の上には、イシガキカエルウオのインド洋版のルボックスブレニー。ちょこんと乗る姿が愛くるしい。

UnderWater photo#17
UnderWater photo#17

夜は、スリン諸島で停泊して、早朝にリチェリューロックに向け移動しました。

最終日は、リチェリューロックで3本潜りました。時間帯によっては、潮が強めに流れるシーンがありましたが魚影はものすごく濃かったです。根を覆い尽くすほどの小魚たち。中層では、一瞬すごい音が響き渡りイエローバックフュージュラーの大群がロウニンアジから逃げ惑っていました。

UnderWater photo#18
UnderWater photo#18
UnderWater photo#19
UnderWater photo#19

ツバメウオも整列して優雅に泳いでいました。

UnderWater photo#20
UnderWater photo#20

シェベロンバラクーダも圧巻のかっこよさでした。比較的浅場の湾内で群れてくれてたこともあり、近距離で撮ることができました。

UnderWater photo#21
UnderWater photo#21

サイズの大きなピックハンドルバラクーダも近くに寄ることができましたが少しビビりました。

UnderWater photo#22
UnderWater photo#22

そして、リチェリューロックといえば、ワイドが濃すぎる群れ!安全停止前最後に大軍に囲まれるゲスト様!

UnderWater photo#23
UnderWater photo#23

今回のアンダマンショートクルーズでは、リチェリューロック合計6本と大満足のトリップ!そして、なんといっても初日から大物大当たり!ジンベエザメが会いにきてくれました!大大大満足!!

是非また一緒に潜れる日を楽しみにしてお待ちしております!

ありがとうございました!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:11:15
ダイブタイム :42分
最大深度   :26.1m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :スカシテンジクダイギンガメアジ、イトヒキアジ、イエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 カスミアジキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクーダ(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ムスジコショウダイユカタハタロウニンアジツムブリ、アンダマンアジ、ホシカイワリ、シェベロンバラクーダ、トマトアネモネフィッシュ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:13:48
ダイブタイム :49分
最大深度   :23.9m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :スカシテンジクダイギンガメアジ、イトヒキアジ、イエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 カスミアジキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクーダ(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ユカタハタロウニンアジツムブリ、アンダマンアジ、ホシカイワリ、シェベロンバラクーダ、トマトアネモネフィッシュニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)フリソデエビ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:16:59
ダイブタイム :34分
最大深度   :20.1m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :ジンベエザメスカシテンジクダイギンガメアジ、イトヒキアジ、イエローバンドフュージュラーキツネフエフキカスミアジキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクーダ(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ムスジコショウダイユカタハタロウニンアジツムブリ、アンダマンアジ、ホシカイワリ、シェベロンバラクーダ、etc.

ダイブ4
ポイント名  :トリンラピナクル(スリン諸島)
エントリー時間:7:10
ダイブタイム :53分
最大深度   :24.3m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :アンダマンスウィートリップスアカヒメジアオヤガラアンダマンスウィートリップスアカモンガライエローバンドフュージュラーイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュチンアナゴ(ガーデンイール)、インディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュイロブダイ、  カクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイデバスズメダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヨスジフエダイ、リュウグウウミウシ、ツノザヤウミウシ、キモガニ、etc…

ダイブ5
ポイント名  :アオパカード(スリン諸島)
エントリー時間:10:39
ダイブタイム :51分
最大深度   :22.6m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :チンアナゴ(ガーデンイール)、スパゲティーイールブラックパートナーゴビー(ブラックシュリンプゴビー)アカヒメジイエローバンドフュージュラーイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュ、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 イバラカンザシ、 カクレクマノミカスミアジキンギョハナダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイデバスズメダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヤッコエイトマトアネモネフィッシュオーロラパートナーゴビー、ヒレナガネジリンボウ、ホソフエダイ、etc…

ダイブ6
ポイント名  :タートルベイ(スリン諸島)
エントリー時間:13:33
ダイブタイム :49分
最大深度   :24.4m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :コブシメアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバンドフュージュラーイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュイロブダイ、 イバラカンザシ、 カクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイデバスズメダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガラ、ベニハゼ、コバンハゼ、etc…

ダイブ7
ポイント名  :タートルベイ(スリン諸島)
エントリー時間:17:01
ダイブタイム :54分
最大深度   :17.9m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :コブシメアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバンドフュージュラーイエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュイロブダイ、 イバラカンザシ、 カクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴマモンガラ、 コクテンフグスカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイデバスズメダイドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュ、ゴニオブランクス・ゲミノス、ルボックスブレニー、etc…

ダイブ8
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:7:03
ダイブタイム :45分
最大深度   :24.6m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :スカシテンジクダイギンガメアジ、イトヒキアジ、イエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 カスミアジキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクーダ(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ムスジコショウダイユカタハタロウニンアジツムブリ、アンダマンアジ、ホシカイワリ、シェベロンバラクーダ、トマトアネモネフィッシュ、etc.

ダイブ9
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:10:00
ダイブタイム :50分
最大深度   :23.1m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     :スカシテンジクダイギンガメアジ、イトヒキアジ、イエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 カスミアジキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクーダ(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ムスジコショウダイロウニンアジツムブリ、アンダマンアジ、ホシカイワリ、シェベロンバラクーダ、etc.

ダイブ10
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:13:31
ダイブタイム :51分
最大深度   :20.4m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :スカシテンジクダイギンガメアジ、イトヒキアジ、イエローバンドフュージュラーキツネフエフキ、 カスミアジキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュジャバラビットフィッシュジェイアントフュージュラーピックハンドルバラクーダ(イエローフィンバラクーダ)ツバメウオルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ムスジコショウダイロウニンアジツムブリ、アンダマンアジ、ホシカイワリ、シェベロンバラクーダ、etc.