カテゴリー別アーカイブ: アンダマン ショートクルーズ

最短2泊3日からリチェリューロックに到達できる、アンダマン ショートクルーズ。初心者やお休みの短い方にぴったりのツアーです。

透明度回復、シミラン諸島!

アンダマンショートクルーズ 21-24.MAR.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2020年3月21日 – 3月24日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :2名様

透明度回復、シミラン諸島!

透明度回復、シミラン諸島!

美しい夕日!

美しい夕日!

船の上で飲むビールは最高!

船の上で飲むビールは最高!

今回見た生き物たち!群れいっぱい!

今回見た生き物たち!群れいっぱい!

どのダイブサイトも群れ、群れ、群れ!

2020年3月21日-3月24日までの3泊4日の日程で、シミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを巡るアンダマンショートクルーズに行って来ました。

今回は、毎年シミラン諸島ダイブクルーズにご参加頂いているヘビーリピーターのS様とN様。当初3月28日-31日でご予約をいただいておりましたが、コロナウイルス感染拡大に伴い入国規制が厳しくなりはじめたため、日程を変更してご参加いただきました。

今回は、ベストコンディション中のベストコンディション!
つい最近まで透明度がいまいちだったシミラン諸島も、最高の透明度に戻り、一番良い場所では透明度40mは見えていたのではないかというほどの真っ青な海でした。海面も穏やかで気持ちの良いダイビングができました。流れが早くマクロ生物はほどほどに群ればかりを追いかけた4日間でした。

1本目は、シミラン諸島9番目の東側「スリーツリーズ」。船からジャンプすると今シーズン一番ではないかと思うほど透き通った青い海が広がり、ベストコンディションの中でダイビングしました。エントリーして2分、大きなマンタレイが目の前を通過。その後も、2枚のマンタレイが行ったり来たりしてくれたので、1本目から最高のダイビングを楽しむことができました。

2本目は、シミラン諸島9番目の北側「ノースポイント」。1本目の透明度の良さとは裏腹に深場はサーモクラインが入った緑色だったので、浅瀬の透明度の良い場所でのんびりダイビング。沖の方に行ったチームは、ここでもマンタレイと遭遇することができたようです。

3本目は、ボン島「ウエストリッジ」。北側からエントリーするも流れが早くあっという間にリッジの先端に到着。北側は透明度が良かったのですが、リッジを境に透明度が激変、前が見えないほどの視界でした。リッジ付近の浅瀬の透明度の良いエリアでマンタ待ち。すこし遠目でしたが、マンタレイが現れては消え、現れては消え…別個体が3、4回ほど現れてくれました。

4本目は、ボン島でナイトダイブ。毎度の事ながら、ナイトダイブをパスして夜遅くまで、ビール、ワイン、ウイスキーなどを飲みながら、楽しい時間をすごしました。

ナイトダイブ終了後、リチェリューロックを目指して約5時間。翌日は、リチェリューロックのモーリングに係留して、貸し切りダイビングでした。

1本目は、リチェリューロック。緑がかってましたが、透明度はまずまず。15mよりも浅い場所は、サーモクラインの影響で水温が低かったため、浅瀬で群れや大物探し。ギンガメアジやバラクーダの群れを堪能しました。

2本目もリチェリューロック。北側からの強い流れに変わり、流れの当たる場所に隠れながら、大物待ち。大物は出ませんでしたが、ギンガメアジの超大群に囲まれ大満足のダイビングでした。

3本目は、タチャイ島「タチャイピナクル」。流れ無し、透明度抜群の中、フュージュラーの大群やツバメウオと戯れ、久しぶりに流れのないコンディションでのんびり潜ることができました。

ボン島までの移動中、クジラが出現!2、3度頭を水面に出したあと、水中深く潜って行きました。4本目はマンタレイが爆発中のボン島。1枚のマンタレイのシルエットが遠くに見えましたが、流れが早かったためか、マンタレイが急いでいたためかその1回しか見ることができず…。

この日は、日本人のお客様が多く17時ころから深夜まで飲み会。3号のキャプテンやクルーも駆けつけてくれて、盛大な飲み会になりました。

翌日は、シミラン諸島5番目の西側にある「ツナレック」。ゆっくり潜りたいという希望を叶えるため、沈船にはいかず浅瀬のリーフ沿いでまったりダイブ。カスミアジやキツネフエフキの大群が目の前を行ったり来たり。透明度が良いので、遠くにいる群れまでしっかり確認することができました。

2本目は、シミラン諸島7番目の西側「ウエストオブエデン」。数日前にマンタレイが出たとの情報もありテンション高めでエントリー。目の前が見えなくなるほどのイエローバックフュージュラーに出会うも、マンタレイはおらず…(他のチームはチラ見していたようですが)。

3本目は、同じく7番目の「ディープシックス」。ここも透明度抜群でしたが、流れが強すぎて何もできず…。ただただ流れに乗りながら、ムレハタタテダイやフュージュラーの大群を観察しました。

4本目は、エレファントヘッドロック。サンセットダイブちょっと前でしたが、フュージュラーを襲うカスミアジやロウニンアジの捕食シーンを見ることができました。魚の数は、今回のトリップで一番多かったんじゃないでしょうか?アジのアタックに合わせて逃げ惑うフュージュラーたち、目の前をすごい勢いで駆け抜けるシーンは鳥肌ものでした。

この日は、サンセットタイムに合わせてビールを飲むも、前日の飲み会の疲れもありお酒はほどほどに…。電波の入る場所だったので、コロナニュースを見ながら今後の予定をどうするかミーティングをしながらその日は終了しました。

最終日は、シミラン諸島9番目巡り「クリスマスポイント」、「スリーツリーズ」、「ノースポイント」。マンタレイが沖の方にいたようですが、自分のチームは見たいオーラが強かったのか現れてくれず…。その代わり、最終ダイブの後、水面にマンタレイが遊びに来てくれました.。

今回は、コロナウイルスの件もありましたが、こんな時でも遊びに来てくれるリピーターのお客様に大感謝です!前回のようにジンベイザメにはお目にかかれませんでしたが、マンタレイを始め、どのポイントも魚影が濃くやっといつものシミランの海に潜ることができました!

下船後、フライトが飛ばない、レストランなどが閉鎖しており大変でしたが、トラブルも無事解決し、通常どおり帰国できそうですね。日本への帰り道も、マスクや手洗いなどコロナ対策をしっかりしてくださいね。

どうもありがとうございました!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:13
ダイブタイム :41分
最大深度   :20m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :マンタレイオーロラパートナーゴビーカスミアジイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジモンガラカワハギチンアナゴ(ガーデンイール)、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:15
ダイブタイム :48分
最大深度   :22m
透明度    :10-20m
水温     :29℃
生物     :エヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュスカンクアネモネフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュモンハナシャコクロコショウダイシマウミヘビ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:46
ダイブタイム :49分
最大深度   :16m
透明度    :5-20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイイソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)モルディブスポンジスネイル、etc..

ダイブ4
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:-
ダイブタイム :-
最大深度   :-
透明度    :-
水温     :-
生物     :-

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:06:53
ダイブタイム :48分
最大深度   :17m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :ギンガメアジ、 キツネフエフキロウニンアジピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:28
ダイブタイム :49分
最大深度   :20m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :ギンガメアジ、 キツネフエフキロウニンアジピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:12:47
ダイブタイム :41分
最大深度   :17m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:11
ダイブタイム :44分
最大深度   :16m
透明度    :10 – 20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイオニカマスツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、クラゲ、etc..

ダイブ9
ポイント名  : ツナレック(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:6:56
ダイブタイム :51分
最大深度   :20m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :カスミアジ、 コクテンフグルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 キンセンフエダイキツネフエフキ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:9:59
ダイブタイム :43分
最大深度   :18m
透明度    :20 – 25m
水温     :28℃
生物     :アカヒメジ、 インディアンフレームバスレットインディアンドラゴン、 インディアンダッシラスイエローバックフュージュラーノコギリダイケショウフグブラックピラミッドバタフライフィッシュタイマイ、クラゲ、etc.

ダイブ12
ポイント名  :ディープシックス (シミラン諸島No.7)
エントリー時間:12:54
ダイブタイム :47分
最大深度   :19m
透明度    :35m
水温     :28℃
生物     :ウミウチワスカシテンジクダイパウダーブルーサージョンフィッシュカスミアジ、 スカンクアネモネフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーブラックピラミッドバタフライフィッシュキンギョハナダイエヴァンスフェアリーバスレットコラーレバタフライフィッシュムレハタタテダイアカヒメジetc…

ダイブ13
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:15:28
ダイブタイム :45分
最大深度   :16m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :オニカマスイソマグロ、 ロウニンアジカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ13
ポイント名  : クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:6:57
ダイブタイム :41分
最大深度   :18m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     : シテンヤッコカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーヨスジフエダイ、 etc..

ダイブ14
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:38
ダイブタイム :41分
最大深度   :17m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :カスミアジムスジコショウダイイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジカクレクマノミモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュホワイトチップシャーク 、 etc.

ダイブ15
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:02
ダイブタイム :37分
最大深度   :22m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     :エヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュアデヤッコナポレオンフィッシュ 、 etc.

アンダマンショートクルーズ 3-5.MAR.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2020年3月3日 – 3月5日
日担当スタッフ:マコ
お客様人数  :1名様

朝日を浴びるジンベイザメ@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

朝日を浴びるジンベイザメ@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ジンベイザメに大接近@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ジンベイザメに大接近@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ギンガメトルネード!@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ギンガメトルネード!@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ゲストとジンベイザメ@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ゲストとジンベイザメ@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

特大サイズのマンタ@タチャイピナクル(タチャイ島)

特大サイズのマンタ@タチャイピナクル(タチャイ島)

つがいのマンタ@ウェストリッジ(ボン島)

つがいのマンタ@ウェストリッジ(ボン島)

激レア!マダラウミヘビ?@エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)

激レア!マダラウミヘビ?@エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)

ソンブーン号とゲスト@エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)

ソンブーン号とゲスト@エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)

マンタ8個体、ジンベイザメ4個体!!
アドレナリン出っぱなしの大興奮なクルーズでした!笑

2020年3月3日-5日までの2泊3日の日程で、アンダマンショートクルーズに行ってきました。今回、ご一緒させていただいたのは、1昨年、僕が家族で御蔵島に遊びに行った時に、たまたま乗り合わせた、大阪のKさん。マンツーマンでガイドさせていただきました。

このところ、ボン島でマンタやジンベイの目撃情報が多かったので、期待を旨に出発。シミラン諸島について見ると、前回よりはずいぶん海が青くなっていましたが、やはりプランクトンが多いせいか、ほんのりグリーン。本来のスコーンと抜けた青い海には何処…。

気を取り直して、一本目は、シミラン諸島9番の島のスリーツリーにエントリー!!かなり強い流れのため、いつもよりずいぶん西よりからエントリー。普段人が入らないエリアということもあり、深場のソフトコーラルはとってもカラフル。気持ちよくドリフトしていくと、150本ほどのバラクーダの群れ。冴え先のいいスタートでした。砂地に降りると、アンダマンジョーフィッシュやヤッコエイなどを観察。後半はリーフ沿いを流していると、大きなタコクラゲをついばんでいるウミガメを発見しました。
2本目はノースポイント。やはり潮がきつく、ロープを使ってエントリー。ゲストとマンツーマンだったということもあり、岩の陰を使いながら、潮上に出ました。すると水底には大きなイバラエイ。その先には水底這うように泳ぐタイマイ。写真を取りながら戯れていると、大きなホワイトチップシャークが通り過ぎていきました!うーん。やっぱり引きが強いな〜。
3本目はシミラン諸島を出てボン島へ。
このところ、マンタがちらほら出ていたので、期待してエントリー。かなり濁りが入っていましたが、エントリー後間もなくマンタが登場!2枚、3枚、と次々に現れるマンタに校風んしていると、一段と黒い影…まさかのジンベイザメ登場!マンタとジンベイのコラボに興奮していると、さらにもう一匹ジンベイザメが登場、退場7−8mの大きな個体でした!お腹の模様やコバンザメの付き方、噛み傷などから検証したところ、マンタは最低でも5枚、ジンベイザメは2匹、泳いでいたようっです。長年潜っている中でもかなりスペシャルな一本でした!
ラストはボン島のベイでナイトダイブ!興奮冷めやらぬ中、サンゴがキレイなコボンベイでクールダウン。ヒレを大きく開いたヒレナガハギやカサゴ類、オシャレカクレエビなどの甲殻類などを観察しました。

船は夜のうちに移動して、2日目は早朝から、このトリップのメインイベント「リチリューロック」にえんとりー。まずは深場のタイガーテールシーホースをチェック。まだ出勤前なのか、見当たらず、少しずつ浅い方へ。ミナミハコフグの幼魚やトマトアネモネフィッシュ、ロウニンアジの大群などを観察していると、水面近くに大きな黒いシルエット。またしてもジンベイザメ登場!早速浅い深度に移動して、じっくり観察。その後も2匹の個体が、何度も何度も回ってきてくれました。ジンベイザメが通り過ぎたあとは、浅瀬に渦を巻くギンガメアジや、根の外に群れるロウニンアジの大群をしばらく観察。そのうちに群れを突き破って、ジンベイザメが現れる。といったシーンが何度も何度も続く、ドリームダイブでした。
2本目もそんな感じ。お腹いっぱいジンベイザメと戯れたリチェリューロックでした!
お昼ご飯を食べながら、船は南に移動してタチャイ島へ。3本目はタチャイ島のタチャイピナクルにエントリー!
少し潮が緩んでいてちょうどよいコンディション。メイン根の真上に先行すると、根の上で潮と戯れる特大サイズのマンタ発見!幅6m近くありそうな、大きな体を優雅にくねらせて、2回、3回と旋回してくれました。10分ほど観察した後、潮上へ。体を黒く変色させてた、特大サイズのロウニンアジとカスミアジの群れが、小魚を狙ってアタックする豪快なシーンを見ることができました。根の西から北にかけてを一通り観察してから、再び根のトップへ戻ると、マンタが2枚に増えていました!笑。
最後は再びボン島のウェストリッジにエントリー。前日の濁りは少し晴れて、場所によっては20mくらいの透明度。潜行している途中に浅羽でクリーニングしているマンタを発見。早速水底近くにスタンバイすると、僕らの目の前をゆっくりゆっくり旋回してくれました。昨日の感じからいくと、他にももっといるはず!と思い、リッジに向かって流していくと、途中でつがいのマンタに遭遇。まるで追っかけっ子をするように優雅に泳いでいきました。その友マンタは次々と登場。他のチームは昨日同様、ジンベイザメ2匹も目撃したそうです。
この後船はシミラン諸島へ、シミラン諸島8番の島影に停泊しました。

あっという間に最終日、この日の一本目は、シミラン諸島を代表する地形ポイント、エレファントヘッドロックからスタート!
北東の岩の近くから先行すると、まず現れたのは、クマザサハナムロの大群。しばらく戯れてから、深場へ。スイムスルーを通って南側に抜けると、見たことのない大きなウミヘビを発見。GoProのライトに興味があるのか、レンズに当たるくらいの至近距離までよって来て、ちょっとビビりながら撮影しました。
2本目はシャークフィンリーフ。おびただしい数のクマササハナムロに囲まれたり、人懐っこいツバメウオの群れと戯れたり、久々にまったりとしたダイビングが楽しめました。
最終ダイブはチャイニーズウォール。エントリー直後に深場を通り過ぎるホワイトチップシャークを発見。岩場でソフトコーラルをかじるタイマイも現れました。

こんな事言うと怒られそうですが、今回は稀に見る大物三昧で、少々オオモノ疲れでした〜。笑
もうこれ以上、オオモノが出ることはないかもしれませんが、次回はぜひ、スコーンと青く抜けたシミランの海を堪能しに来てください。
また、ご一緒できる日を楽しみにしています!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:58
ダイブタイム :51分
最大深度   :27m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :ブラックフィンバラクーダオーロラパートナーゴビーチンアナゴ(ガーデンイール)、キヘリモンガラ、カスミアジイバラカンザシスカシテンジクダイイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュコラーレバタフライフィッシュイエローダッシュフュージュラータコクラゲタイマイ、、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:16
ダイブタイム :43分
最大深度   :28.1m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物:カスミアジホワイトチップシャーク 、 ホウセキキントキタイマイアイバラエイスカシテンジクダイコクテンフグカスミアジイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュゴマモンガラ、etc…

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:59
ダイブタイム :44分
最大深度   :22.7m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     : マンタ(オニイトマキエイ)ジンベエザメツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、etc..

ダイブ4
ポイント名  :コボンベイ(ボン島)
エントリー時間:18:46
ダイブタイム :37分
最大深度   :20m
透明度    :-m
水温     :28℃
生物     :ウルマカサゴブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)オトヒメエビ、 イロブダイオシャレカクレエビ、 スザクサラサエビ、各種甲殻類  etc.

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:6:46
ダイブタイム :60分
最大深度   :30.6m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :ジンベエザメツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ツバメウオ、ウマヅラアジ、ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、 etc..

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:19
ダイブタイム :59分
最大深度   :12.4m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :キツネフエフキロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュブラックフィンバラクーダギンガメアジトマトアネモネフィッシュドクウツボミナミハコフグブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)イエローバックフュージュラートマトアネモネフィッシュetc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:28
ダイブタイム :47分
最大深度   :26.2m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :マンタ(オニイトマキエイ)ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:03
ダイブタイム :51分
最大深度   :22.1m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :マンタ(オニイトマキエイ)ジンベエザメツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイヒトヅラハリセンボンブラックピラミッドバタフライフィッシュマーブルドオクトパス、 etc..

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:57
ダイブタイム :51分
最大深度   :29.2m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     : ムスジコショウダイ、マダラウミヘビ、 ムレハタタテダイロウニンアジヤッコエイキンギョハナダイカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーアンダマンダムゼル、etc.

ダイブ10
ポイント名  :シャークフィンリーフ(シミラン諸島 No.3)
エントリー時間:10:12
ダイブタイム :52分
最大深度   :26.2m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :ウミウチワツバメウオスカシテンジクダイカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーイエローダッシュフュージュラーキンギョハナダイ、 インディアンフレームバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュコラーレバタフライフィッシュモンガラカワハギetc…

ダイブ11
ポイント名  :チャイニーズウォール(シミラン諸島 No.4)
エントリー時間:12:47
ダイブタイム :44分
最大深度   :28m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     : ホワイトチップシャーク 、タイマイヒトヅラハリセンボンツバメウオスカシテンジクダイカクレクマノミブラックピラミッドバタフライフィッシュハナミノカサゴ etc..

アンダマンショートクルーズ 22-24.FEB.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2020年2月22日 – 2月24日
日担当スタッフ:マコ
お客様人数  :5名様

アカヒメジ@スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)

アカヒメジ@スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)

アオウミガメとダイバー@スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)

アオウミガメとダイバー@スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)

夕日とソンブーン4@ウェストリッジ(ボン島)

夕日とソンブーン4@ウェストリッジ(ボン島)

ロウニンアジの群れ@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ロウニンアジの群れ@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

アケボノハゼを撮影中@ウェストオブエデン(シミラン諸島No.7)

アケボノハゼを撮影中@ウェストオブエデン(シミラン諸島No.7)

お疲れ様でした!@ウェストオブエデン(シミラン諸島No.7)

お疲れ様でした!@ウェストオブエデン(シミラン諸島No.7)

残念ながら大物なし(泣)
それでも、とっても楽しいクルーズでした!

2020年2月22日-24日までの2泊3日の日程で、アンダマンショートクルーズに行ってきました。今回、ご一緒させていただいたのは、昨年8月にはコモドクルーズにもご参加いただいた、た、Iご夫妻とMご夫妻、そしてそのお友達のNさん。

お天気快晴で波も静か。絶好のダイビング日より!っといいたいところだったのですが、シミラン諸島について見ると、海の色はモヤッと緑色。いつものパキーンと抜けた青い海とは一味違った印象…。

気を取り直して、一本目は、シミラン諸島8番の島のタートルロックでファーストダイブスタート!!案の定、透明度がイマイチで、ゆっくりじわじわと水底近くを進むと、アンダマンジョーフィッシュやクジャクベラの仲間のマッコスカーズフラッシャーラス、ヤッコエイ、モンハナシャコ、など、意外といろいろ観察できました!
2本目はスリーツリーズ。ここは潮通しが良いせいか、透明度は少しアップ。沖合の根ではイエローバックフュージリアの大群が見れました。リーフの浅瀬に戻ると、ウミガメくんが登場。しばらく至近距離で一緒に泳ぐことができました。
3本目はシミラン諸島を出てボン島へ。
このところ、マンタがちらほら出ていたので、期待してエントリー。リッジの上でほぼ1ダイブ粘りましたが、この日は残念。出ませんでした。
ラストはボン島のベイでナイトダイブ!
浅瀬のサンゴがキレイなコボンベイで、カサゴやウツボ、甲殻類などを観察しました。

2日目は、早朝並みがあったので、朝一はタチャイ島のタチャイピナクルにエントリー!
強めの向い潮をかわしつつ、小魚の群れをかき分けながら潮上へ進むと、カスミアジやロウニンアジ、イソマグロなどがめられました。透明度がもう少しあれば、もっといろいろ見れたはず。
その後、朝食を取りながら、このトリップのメインイベントリチリューロックへ。行く途中、早々に引き上げてくる船とすれ違い、ちょっとイヤーな予感。エントリーすると、濁りマックス、しかも激流(泣)。はぐれないように気をつけながら、潮上を目指すも、早々に断念。流れの影になる湾内へ退避しました。かなり厳しいコンディションでしたが、水面を見上げると、ギンガメアジやロウニンアジ、アジやバラクーダなどたくさんの魚のシルエットが見れました。
あまりのコンディションの悪さに、リチリューロックを1本に切り上げ、再びタチャイピナクルで2本潜りました。マンタを見たチームもありましたが、残念ながら僕らは見れず。それでも、大きなイソマグロの編隊やイエローバックフュージリアの大群など、躍動感のあるシーンを見ることができました!
この後船はシミラン諸島へ、シミラン諸島8番の島影に停泊しました。

あっという間に最終日、この日の一本目は、シミラン諸島を代表する地形ポイント、エレファントヘッドロックからスタート!
流れが強く、いつもと逆サイドの岩陰からエントリー。エントリー早々に、ホワイトチップシャークが登場。中層を泳ぐムレハタタテダイなどをみながら、岩の間を縫って、反対側の潮上を目指しましたが、強い流れでどのコースも通過できず。最後は浅瀬の岩陰に隠れて、フュージリアの群れや水面近くを泳ぐロウニンアジやカスミアジを眺めていました。
2本目はウエストオブエデン。まずは深場のアケボノハゼをチェック。強めの潮に乗りながら、マルチーバーパイプフィッシュやモンハナシャコ、ハナヤサイサンゴに隠れるアワハダキモガニやオオアカホシサンゴガニなどを観察しました。最終ダイブはビーコンリーフの砂地でゆっくりとのんびりダイビング。透明度はいまいちでしたが、流れのない島影のポイントなので、このトリップでは初日の一本目以来のまったりダイビング。ホシテンスの幼魚や、サンカクハゼ、チョウチョウウオなど、砂地やサンゴ礁の魚をゆっくり観察できました。。

今回は、少しビミョーなコンディションで、大物をお見せすることもできませんでしたが、船上では毎晩楽しく晩酌させていただいて、とっても楽しいクルーズでした。
ぜひまた次回、ベストコンディションを狙って、遊びに来てください!
また、ご一緒できる日を楽しみにしています!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :タートルロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:11:16
ダイブタイム :52分
最大深度   :25m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :カクレクマノミクマノミ 、 ネズミフグマッコスカーズドワーフラスイバラカンザシスカシテンジクダイイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュコブシメカスミアジコラーレバタフライフィッシュイエローダッシュフュージュラーワヌケヤッコ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:17
ダイブタイム :50分
最大深度   :26.1m
透明度    :12m
水温     :28℃
生物:アデヤッコアオウミガメアカヒメジスカシテンジクダイコクテンフグカスミアジイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュ、ヒレナガネジリンボウ、インディアンダッシラスパウダーブルーサージョンフィッシュ、 オーロラパートナーゴビーチンアナゴ(ガーデンイール)、キヘリモンガラ、ゴマモンガラ、etc…

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:43
ダイブタイム :52分
最大深度   :22.7m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、セダカギンポ、etc..

ダイブ4
ポイント名  :コボンベイ(ボン島)
エントリー時間:18:57
ダイブタイム :48分
最大深度   :17m
透明度    :-m
水温     :28℃
生物     :ウルマカサゴブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)オトヒメエビ、 イロブダイスザクサラサエビ、各種甲殻類  etc.

ダイブ5
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:6:59
ダイブタイム :37分
最大深度   :26.6m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジ、 etc..

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:10:53
ダイブタイム :44分
最大深度   :28m
透明度    :5m
水温     :27℃
生物     :キツネフエフキロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュブラックフィンバラクーダギンガメアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)イエローバックフュージュラートマトアネモネフィッシュetc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:14:11
ダイブタイム :54分
最大深度   :24.7m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:30
ダイブタイム :53分
最大深度   :20.9m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジ、 etc..

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:58
ダイブタイム :55分
最大深度   :22.2m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     : ホワイトチップシャーク 、ムスジコショウダイムレハタタテダイロウニンアジヤッコエイキンギョハナダイカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーアンダマンダムゼル、etc.

ダイブ10
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:10:37
ダイブタイム :43分
最大深度   :22.2m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :アケボノハゼ(ミヤビハゼ)、ウミウチワスカシテンジクダイカスミアジルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーブラックピラミッドバタフライフィッシュキンギョハナダイ、 インディアンフレームバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュコラーレバタフライフィッシュエヴァンスフェアリーバスレットモンガラカワハギetc…

ダイブ11
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:13:16
ダイブタイム :45分
最大深度   :21m
透明度    :10m
水温     :29℃生物     : ヒトヅラハリセンボン、ヒレフリサンカクハゼ、ホシテンスの幼魚、ツバメウオルボックスブレニースカシテンジクダイカクレクマノミカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュハナミノカサゴ etc..

アンダマンショートクルーズ 22-24.FEB.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2020年2月22日 – 2月24日
日担当スタッフ:ユキ
お客様人数  :4名様

ビーチ上陸タイム!

ビーチ上陸タイム!

ご家族みんなで!

ご家族みんなで!

魚影の濃さにびっくり!

魚影の濃さにびっくり!

魚影の濃さにびっくり!

魚影の濃さにびっくり!

ご家族みんなでダイブクルーズ!

2020年2月22日-24日までの2泊3日の日程で、シミランショートクルーズに行ってきました。今回、ご一緒させていただいたのは、バンコクからお越しの、H様ご家族!ジュニアのアドバンスも取得されている12歳のKくん、水遊び担当の5歳のHくんも楽しみにされていた、初めてのダイブクルーズです☆

今回も海上は波も無く、お天気もばっちり!
透明度が頑張ってくれることを祈るばかりです!

初日は、シミラン諸島8〜9番の島周りからスタート!!
最初のタートルロックではKくんとお父さんが一緒に、2本目のスリーツリーではKくんとお母さんが一緒に潜られました⭐︎透明度があまり良くありませんでしたが、ゆっくりじっくり、ジョーフィッシュやハタタテハゼ、チギレフシエラガイなどを観察されていました!

3本目はシミランを出てボン島へ。
最近大物も出ていましたが、この日は残念。。
近くにいたようでしたが見ることができませんでした。

ラストはボン島のベイでナイトダイブ!
浅瀬のキレイなサンゴの間に眠るブダイや、ネッタイミノカサゴなどを夢中で探されていました♪

夜に波があったので、2日目の朝一はタチャイ島のピナクルからスタート!
小魚の群れでカーテンのようになっている間を泳ぐカスミアジやロウニンアジも素敵ですね!
360度に開くウミウチワも見応えたっぷりです!
その後、朝食を頂きながらリチリューロックへ。
ここも透明度がなかなか悪かったのですが、シルエットでアジやバラクーダなどたくさんの魚影が確認できました!

トマトアネモネフィッシュのコロニーは、お父さんもKくんもしっかり観察されていましたね♪
この日はリチリューロックを1本に切り上げ、再びタチャイピナクルで2本潜りました。
マンタを見たチームもありましたが、私たちは残念…
しかし目の前を泳ぐギンガメアジの群れは圧巻でしたね!
大きなハタや、大きなオニヒトデにもKくん大興奮でした!

あっという間に最終日、この日は8番、7番周りで潜り納めました。
シミランを代表する巨石ポイント、エレファントヘッドロックからスタート!
少し流れがありましたが、スイムスルーも抜けて青のハナヒゲウツボを見に行きました。
2本目はウエストオブエデンのハードコーラルガーデンをゆっくり、最終ダイブはビーコンリーフの砂地でゆっくりとのんびりダイビングでしめとなりました。
ミズタマハゼやキイボキヌハダウミウシなどのマクロを楽しみましたね。

最終日は4番の島での上陸もあり、5歳のHくんもビーチでたくさん遊ぶことができました!
ぜひまた次回、透明度が良い時にご家族みなさんで遊びにお越しくださいね!
3日間ありがとうございました♪

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :タートルロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:11:20
ダイブタイム :44分
最大深度   :21m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :カクレクマノミクマノミ 、ドクウツボイロブダイ、 イバラカンザシスカシテンジクダイイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュ、アオリイカ、 カスミアジコラーレバタフライフィッシュイエローダッシュフュージュラーワヌケヤッコモヨウフグ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:16
ダイブタイム :45分
最大深度   :21m
透明度    :12m
水温     :28℃
生物:ナポレオンフィッシュ 、ブラックフィンバラクーダキツネフエフキスカシテンジクダイコクテンフグカスミアジイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュ、ヒレナガネジリンボウ、インディアンダッシラスパウダーブルーサージョンフィッシュ、 オーロラパートナーゴビーチンアナゴ(ガーデンイール)、キヘリモンガラ、ゴマモンガラ、etc…

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:43
ダイブタイム :37分
最大深度   :23.7m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :イソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイ、 パウダーブルーサージョンフィッシュ、etc..

ダイブ4
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:18:54
ダイブタイム :30分
最大深度   :10m
透明度    :-m
水温     :28℃
生物     :カスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)オトヒメエビ、 イロブダイスザクサラサエビ、  etc.

ダイブ5
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:6:59
ダイブタイム :42分
最大深度   :22m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジ、 etc..

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:10:56
ダイブタイム :41分
最大深度   :17m
透明度    :5m
水温     :27℃
生物     :キツネフエフキロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュブラックフィンバラクーダギンガメアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)イエローバックフュージュラートマトアネモネフィッシュetc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:14:11
ダイブタイム :46分
最大深度   :21m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:27
ダイブタイム :41分
最大深度   :19m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジロウニンアジギンガメアジ、 etc..

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:06:59
ダイブタイム :44分
最大深度   :23m
透明度    :15m
水温     :28℃
生物     :イソマグロ、 ロウニンアジムカデミノウミウシヤッコエイキンギョハナダイハナダイギンポカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーホワイトチップシャーク 、アンダマンダムゼルコホシカニダマシ、etc.

ダイブ10
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:10:37
ダイブタイム :43分
最大深度   :21m
透明度    :15m
水温     :29℃
生物     :ウミウチワスカシテンジクダイカスミアジルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーブラックピラミッドバタフライフィッシュキンギョハナダイ、 インディアンフレームバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュコラーレバタフライフィッシュエヴァンスフェアリーバスレットモンガラカワハギetc…

ダイブ11
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:13:16
ダイブタイム :45分
最大深度   :21m
透明度    :10m
水温     :29℃生物     : キツネフエフキ、 スカシテンジクダイカクレクマノミカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュ ハナミノカサゴ、 ドクウツボ、 etc..

アンダマンショートクルーズ@SSD3 11-14.FEB.2020

クルーズ名  : アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3
開催期間   :2020年2月11日 -2020年2月14日
担当スタッフ :コウダイ
お客様人数  :2名様

今回のお客様

今回のお客様

ASAYAKE

ASAYAKE

YUUYAKE

YUUYAKE

 

 

 毎年遊びに来てくれるお客様とダイビング

2020年1月11日から14日までの4日間でアンダマンショートクルーズに行ってきました!今回ご一緒させていただいたのはタイの海で長年潜り続けているT様とシュノーケリングで参加されたI様のお2人です!前回のクルーズよりも風が出てきていたり初日はあまり天気がよくありませんでしたが水温は例年並みに戻って来ており透明度も少しずつですが良くなってきていました。

1日目の1本目はスリーツリーズでした。深場はサーモクラインが入っていたので引き返しましたが20mより浅いところは水が28℃と回復しおり流れも強くなかったので潜りやすかったです。

2本目はノースポイントでしたがダイビング中盤にまさかのマンタ出現!ポイントを通り過ぎていったので見れたのは一瞬だけでしたがまさかここで見れるとは思わなかったのでびっくりしました。その後は小ぶりのタイマイが息継ぎに行って帰ってくるシーンを見ることができました。

3本目は普段あまり行かないビーコンリーフ。カスミアジやキツネフエフキがたくさんすれ違って行き思ったよりもワイドが充実していました。

初日のないとダイビングはパスして2日目の1本目はクリスマスプポイントで流れと格闘しました。ダウンカレントやアップカレントが入り乱れて大変でしたが地形は楽しむことができました。

2本目と3本目はボン島でしたがクリスマスポイントほど流れておらず割と楽なダイビングでした。タコやウミウシの小物からキツネフエフキとツムブリの群れまで幅広く楽しめました。

4本目のタチャイピナクルは流れは弱くリラックスして潜れましたがまさかのマンタニアミス!初日に見てまた会えないかなと思っていたので少し悔しかったです。

3日目の1本目と2本目はリチュリューロックでお目当てのタイガーテールシーホース探しをしました。1本目はなんと同じところに2匹仲良く並んでいて微笑ましい光景でした。2本目ははじめいなくなったのかと心配しましたが1本目の場所から少し離れた所に1匹いてちゃんと写真も撮れました。他にはゴシキエビ、コブシメ、マダラエイやギンガメアジの群れとロウニンアジもたくさんいました。

3本目はタチャイリーフでした。いつもはナイトダイビングでしか潜らないポイントを今回はお昼に潜ったので新鮮でした。ナイトダイビングでは行かない20mより深いところは砂地がきれいに広がっていてウミウチワが生えていたりとなんだか新鮮でした。

4本目はボン等に戻ってきてダイビング。リュウキュウキッカサンゴを見に行きました。かなり浅いところにあるので自分はほとんど行かないのですが浅いところにある分水中に光がよく入ってサンゴがキレイに見えました。

最終日の1本目はツナレック、2本目はウエストオブエデン、3本目はサウスオブエデンでした。透明度はまだ悪いですがタカサゴ系の数が多くカスミアジが元気に小魚を追いかけていました。サウスオブエデンではサンゴの下に5匹もゴシキエビが固まっていてびっくりしました。

今回は前のクルーズより水温が高かったので泳ぎやすくタイガーテールシーホースをはじめいろんな魚たちを見ることができました。ダイビングをしていないI様は朝日や夕日を見たり島に上陸したりと楽しんでおられたようで、またT様と一緒に来ていただきたいなと思いました。また来年に会いましょう!今回はありがとうございました!

 

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブ1
ポイント名   :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間 : 11:11
ダイブタイム  : 52分
最大深度    : 22m
透明度     : 7m
水温      : 28℃
生物: キンセンフエダイオーロラパートナーゴビーコラーレバタフライフィッシュパウダーブルーサージョンフィッシュアカヒメジ、 ルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、  スカシテンジクダイキンギョハナダイヤッコエイチンアナゴ(ガーデンイール)、ヘラヤガラインディアンダッシラス、etc…

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:18
ダイブタイム :40分
最大深度   :20m
透明度    :10m
水温     :27℃
生物     :タイマイヨスジフエダイクロコショウダイウルマカサゴコラーレバタフライフィッシュ イエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、ロウニンアジ、 マンタレイ、 etc…

ダイブ3
ポイント名  :ビーコンリーフ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:16:18
ダイブタイム :50分
最大深度   :25m
透明度    :7m
水温     :28℃
生物     : キツネフエフキスカシテンジクダイカクレクマノミカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュ ハナミノカサゴドクウツボetc..

ダイブ4
ポイント名  : クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:7:07
ダイブタイム :39分
最大深度   :23m
透明度    :10m
水温     :27℃
生物     : シテンヤッコカスミアジキツネフエフキイエローバックフュージュラー、ウミウシ etc..

ダイブ5
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間 : 10:24
ダイブタイム :48分
最大深度   :23m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :ドクウツボオニカマスツムブリカクレクマノミ キツネフエフキキンセンフエダイカスミアジ、キビナゴ、ホウセキキントキ、  クロコショウダイ、 etc.

ダイブ6
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:08
ダイブタイム :49分
最大深度   :21m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :ツムブリカクレクマノミ キツネフエフキキンセンフエダイカスミアジ、キビナゴ、ホウセキキントキ、  クロコショウダイアカヒメジヨスジフエダイ、etc.

ダイブ7
ポイント名  : タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:16:03
ダイブタイム :38分
最大深度   :24m
透明度    :7m
水温     :27℃
生物     :イソマグロ、ロウニンアジ、ゴマフエダイ、ヨスジフエダイ、アカマダラハタ、イエローバックフュージュラー、  etc.

ダイブ8
ポイント名  : リチェリューロック
エントリー時間:7:10
ダイブタイム :36分
最大深度   :28m
透明度    :7m
水温     :26℃
生物     :ヤッコエイ、ロウニンアジ、ギンガメアジトマトアネモネフィッシュブラックフィンバラクーダキツネフエフキスギミナミハコフグ、キビナゴ、 タイガーテールシーホース、etc

ダイブ9
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:9:32
ダイブタイム :38分
最大深度   :29m
透明度    :7m
水温     :26℃
生物     :タイガーテールシーホースコブシメゴシキエビ、マダラエイ、ロウニンアジ、ギンガメアジトマトアネモネフィッシュetc.

ダイブ10
ポイント名  : タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:13:18
ダイブタイム :51分
最大深度   :27m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     : ホウセキキントキネズミフグヒトヅラハリセンボンイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 etc.

ダイブ11
ポイント名  : ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:00
ダイブタイム :50分
最大深度   :21m
透明度    :21m
水温     :28℃
生物     :ホウセキキントキクロコショウダイインディアンバナーフィッシュコラーレバタフライフィッシュ ヨスジフエダイスカシテンジクダイカスミアジツムブリ、etc.

ダイブ12
ポイント名  : ツナレック(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:7:04
ダイブタイム :43分
最大深度   :29m
透明度    :5m
水温     :28℃
生物     :ヤッコエイカスミアジコクテンフグルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)キンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、ミヤコテングハギ、etc.

ダイブ13
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:10:48
ダイブタイム :48分
最大深度   :27m
透明度    :7m
水温     :28℃
生物     :アカヒメジインディアンフレームバスレットインディアンドラゴンインディアンダッシラスノコギリダイ、ワヌケヤッコ、ケショウフグアンダマンジョーフィッシュ、etc.

ダイブ14
ポイント名  : サウスオブエデン(シミラン諸島No.7)
エントリー時間:13:20
ダイブタイム :44分
最大深度   :18m
透明度    :7m
水温     :28℃
生物     :ロウニンアジ、 カスミアジゴシキエビアオウミガメ(水面で)、ルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーイエローダッシュフュージュラー、etc.