シミラン諸島日帰りファンダイブ 12.APR.2018

クルーズ名  :シミラン諸島 日帰りダイビング
クルーズ船  :ソンブーン4
開催期間   :2018年4月12日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :1名様

ご一緒させていただいたお客様と一緒に!

ご一緒させていただいたお客様と一緒に!

透明度抜群です!

透明度抜群です!

水底まで見えます!

水底まで見えます!

マンツーマンでシミランの海を大満喫!

2018年4月12日、1名のお客様とシミラン諸島日帰りダイビングに行ってきました。今回、ご一緒させていただいたのは、タイに何度か訪れているFさん。去年の9月にプーケット近郊でダイビングをした際、海のコンディションが悪く大変な思いをしたとの事、気を取り直してシミラン諸島へリベンジダイビングをしにお越しいただきました。

ハイシーズン真っ只中ということもあり、海のコンディションは言うことなし。穏やかな水面、流れが無く透明度抜群でした。

1本目は、シミラン諸島3番目にあるシャークフィンリーフで潜りました。船を係留していたので、耳抜きが苦手なFさんはロープにつかまりながら自分のペースで潜行することが出来たようです。水中の中は、青や黄色のフュージュラーの群れが行き交い、根の周りにはスカシテンジクダイが覆い尽くしていました。できる限りゆっくりペースで潜ったので、群れ物やインド洋の固有種など時間をかけて観察することができました。

エキジット後は、船上でランチタイム。お客様も20名弱と少なく快適でした。

2本目は、シミラン諸島5、6番目のモニュメント。1本目とは大違いでスムーズに潜行出来たFさん。まだまだスキルを忘れてるなぁ〜とおっしゃっていましたが、上手に中性浮力が取れてましたよ。真っ白い砂地の上をのんびりダイビング。ここも流れが無くマンツーマンでのんびりダイビングでした。

船酔いが心配で日帰りツアーにご参加いただきましたが、今回のダイビングでクルーズもいけるかも?と言う気持ちが芽生えましたね。シミラン諸島海域は、通常2-4月あたりは海況が安定します。また、シミラン諸島をはじめ、大物が期待できるボン島、タチャイ島、リチェリューロックなど、様々なダイブサイトがありますので、機会を見つけてぜひ遊びにいらしてください。

また、ご一緒できるのを楽しみにしています。
ありがとうございました。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名 :シャークフィンリーフ(シミラン諸島 No.3)
エントリー時間 : 10:40
ダイブタイム : 52分
最大深度 : 21m
透明度 : 25-30m
水温 : 29°C
生物:スカシテンジクダイイソマグロカスミアジキンセンフエダイ、 ヨスジフエダイアカヒメジイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュインディアンダッシラススカンクアネモネフィッシュ、サザナミトサカハギ、パウダーブルーサージョンフィッシュ、etc…

ダイブ2
ポイント名 : モニュメント(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間 : 13:22
ダイブタイム : 41分
最大深度 : 22.6m
透明度 : 25-30m
水温 : 29°C
生物:コクテンフグアカヒメジコラーレバタフライフィッシュカスミアジスカシテンジクダイゴマモンガライエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)インディアンダッシラスドクウツボカクレクマノミ、etc…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください