ボン島日帰りファンダイブ@SSD3 3.Apr.2019

クルーズ名  : ボン島 日帰りダイビング
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年4月3日
日担当スタッフ:セツ
お客様人数  :1名様

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジンベイザメ photo by M様

スクリーンショット 2019-04-05 15.13.52

透明度抜群!@ボン島

スクリーンショット 2019-04-05 15.11.10

大きなドクウツボ

ボン島 日帰りでジンベイでちゃいました ^^;

2019年4月3日、1名のお客様とソンブーン3号で行く、ボン島日帰りファンダイブへ行ってきました!今回ご一緒させていただいたM様、シミラン情報をいろいろ調べてくださって、日帰りでもマンタの遭遇率が高いボン島に行ける日を狙ってあそびにきてくださいました!ここ最近シミランクルーズではボン島とタチャイ島でのマンタ祭りが続いているので、期待が高まります!

港から1時間ほど移動し、ボン島に到着!本戦に乗り移り早速ブリーフィング、機材のセットを済ませ、いざ1本目!ボン島は流れが強いと中〜上級コースにもなりますが、まずは1本目、比較的コンディションの穏やかな湾内からスタート。透明度も良く、サーモクラインもなく水温も30度。マンタはどこかなどこかな〜と外洋を気にかけながら、リッジへ進むと、やや強めの流れ。大きな岩の裏で流れをしのぎ、インド洋特有のチョウチョウオや、のんきにカクレクマノミなんて観察をしていると、、、ふと見上げた目の前に、まさかのジンベイザメ登場。笑 マンタばかり意識していたガイドもびっくり、正面からダイバーの群れに突っ切って泳ぎ去って行きました。いや〜ラッキーです!

興奮収まらぬままエキジットし、船の上でもジンベイの話をしていると、ボートにまっすぐ向かってきたジンベイザメ。おそらく同じ個体ですね!上がったばかりでそのまま急いでまたフィンを履き、マスクをして飛び込みました^^船の近くで安全停止をしていた他のダイバーもびっくり。

2本目、すこし流れも落ち着き、今度はリッジの先でマンタ狙い。今日はなんとなくいつもよりお魚の量も少なくて、少し静かなウエストリッジ。まさかここでマンタまででると、前代未聞日帰りで大物2冠だな〜なんて思いながらマンタをまちましたが、さすがにマンタまでは現れませんでした。2本目も透き通る青にまっすぐさしこむ光を眺めながら安全停止。お天気にも大物運にも恵まれ、とってもラッキーな日帰りトリップでした。

今回遊びに来てくださったM様、素敵な1日をご一緒させて頂いて本当にありがとうございました!次はマンタにも会いにまた遊びに来てくださいね!また、ご一緒できる日を楽しみにしています。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名 :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間 : 11:12
ダイブタイム : 47分
最大深度 : 23.6m
透明度 : 25m
水温 : 30°C
生物:ジンベイザメスギイケカツオクロコショウダイスカシテンジクダイカクレクマノミアミメフエダイ、イエローバックフュージュラーコラーレバタフライフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュ、セダカギンポ、ウミウシ、etc…

ダイブ2
ポイント名 : ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間 : 13:38
ダイブタイム : 42分
最大深度 : 19.9m
透明度 : 25m
水温 : 30°C
生物:タテジマキンチャクダイツノダシシテンジクダイ、マテアジ、イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ジェイアントフュージュラーブラックピラミッドバタフライフィッシュ ドクウツボオトヒメエビ、etc…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください