透明度回復、シミラン諸島!

アンダマンショートクルーズ 21-24.MAR.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン4号
開催期間   :2020年3月21日 – 3月24日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :2名様

透明度回復、シミラン諸島!

透明度回復、シミラン諸島!

美しい夕日!

美しい夕日!

船の上で飲むビールは最高!

船の上で飲むビールは最高!

今回見た生き物たち!群れいっぱい!

今回見た生き物たち!群れいっぱい!

どのダイブサイトも群れ、群れ、群れ!

2020年3月21日-3月24日までの3泊4日の日程で、シミラン諸島、ボン島、タチャイ島、リチェリューロックを巡るアンダマンショートクルーズに行って来ました。

今回は、毎年シミラン諸島ダイブクルーズにご参加頂いているヘビーリピーターのS様とN様。当初3月28日-31日でご予約をいただいておりましたが、コロナウイルス感染拡大に伴い入国規制が厳しくなりはじめたため、日程を変更してご参加いただきました。

今回は、ベストコンディション中のベストコンディション!
つい最近まで透明度がいまいちだったシミラン諸島も、最高の透明度に戻り、一番良い場所では透明度40mは見えていたのではないかというほどの真っ青な海でした。海面も穏やかで気持ちの良いダイビングができました。流れが早くマクロ生物はほどほどに群ればかりを追いかけた4日間でした。

1本目は、シミラン諸島9番目の東側「スリーツリーズ」。船からジャンプすると今シーズン一番ではないかと思うほど透き通った青い海が広がり、ベストコンディションの中でダイビングしました。エントリーして2分、大きなマンタレイが目の前を通過。その後も、2枚のマンタレイが行ったり来たりしてくれたので、1本目から最高のダイビングを楽しむことができました。

2本目は、シミラン諸島9番目の北側「ノースポイント」。1本目の透明度の良さとは裏腹に深場はサーモクラインが入った緑色だったので、浅瀬の透明度の良い場所でのんびりダイビング。沖の方に行ったチームは、ここでもマンタレイと遭遇することができたようです。

3本目は、ボン島「ウエストリッジ」。北側からエントリーするも流れが早くあっという間にリッジの先端に到着。北側は透明度が良かったのですが、リッジを境に透明度が激変、前が見えないほどの視界でした。リッジ付近の浅瀬の透明度の良いエリアでマンタ待ち。すこし遠目でしたが、マンタレイが現れては消え、現れては消え…別個体が3、4回ほど現れてくれました。

4本目は、ボン島でナイトダイブ。毎度の事ながら、ナイトダイブをパスして夜遅くまで、ビール、ワイン、ウイスキーなどを飲みながら、楽しい時間をすごしました。

ナイトダイブ終了後、リチェリューロックを目指して約5時間。翌日は、リチェリューロックのモーリングに係留して、貸し切りダイビングでした。

1本目は、リチェリューロック。緑がかってましたが、透明度はまずまず。15mよりも浅い場所は、サーモクラインの影響で水温が低かったため、浅瀬で群れや大物探し。ギンガメアジやバラクーダの群れを堪能しました。

2本目もリチェリューロック。北側からの強い流れに変わり、流れの当たる場所に隠れながら、大物待ち。大物は出ませんでしたが、ギンガメアジの超大群に囲まれ大満足のダイビングでした。

3本目は、タチャイ島「タチャイピナクル」。流れ無し、透明度抜群の中、フュージュラーの大群やツバメウオと戯れ、久しぶりに流れのないコンディションでのんびり潜ることができました。

ボン島までの移動中、クジラが出現!2、3度頭を水面に出したあと、水中深く潜って行きました。4本目はマンタレイが爆発中のボン島。1枚のマンタレイのシルエットが遠くに見えましたが、流れが早かったためか、マンタレイが急いでいたためかその1回しか見ることができず…。

この日は、日本人のお客様が多く17時ころから深夜まで飲み会。3号のキャプテンやクルーも駆けつけてくれて、盛大な飲み会になりました。

翌日は、シミラン諸島5番目の西側にある「ツナレック」。ゆっくり潜りたいという希望を叶えるため、沈船にはいかず浅瀬のリーフ沿いでまったりダイブ。カスミアジやキツネフエフキの大群が目の前を行ったり来たり。透明度が良いので、遠くにいる群れまでしっかり確認することができました。

2本目は、シミラン諸島7番目の西側「ウエストオブエデン」。数日前にマンタレイが出たとの情報もありテンション高めでエントリー。目の前が見えなくなるほどのイエローバックフュージュラーに出会うも、マンタレイはおらず…(他のチームはチラ見していたようですが)。

3本目は、同じく7番目の「ディープシックス」。ここも透明度抜群でしたが、流れが強すぎて何もできず…。ただただ流れに乗りながら、ムレハタタテダイやフュージュラーの大群を観察しました。

4本目は、エレファントヘッドロック。サンセットダイブちょっと前でしたが、フュージュラーを襲うカスミアジやロウニンアジの捕食シーンを見ることができました。魚の数は、今回のトリップで一番多かったんじゃないでしょうか?アジのアタックに合わせて逃げ惑うフュージュラーたち、目の前をすごい勢いで駆け抜けるシーンは鳥肌ものでした。

この日は、サンセットタイムに合わせてビールを飲むも、前日の飲み会の疲れもありお酒はほどほどに…。電波の入る場所だったので、コロナニュースを見ながら今後の予定をどうするかミーティングをしながらその日は終了しました。

最終日は、シミラン諸島9番目巡り「クリスマスポイント」、「スリーツリーズ」、「ノースポイント」。マンタレイが沖の方にいたようですが、自分のチームは見たいオーラが強かったのか現れてくれず…。その代わり、最終ダイブの後、水面にマンタレイが遊びに来てくれました.。

今回は、コロナウイルスの件もありましたが、こんな時でも遊びに来てくれるリピーターのお客様に大感謝です!前回のようにジンベイザメにはお目にかかれませんでしたが、マンタレイを始め、どのポイントも魚影が濃くやっといつものシミランの海に潜ることができました!

下船後、フライトが飛ばない、レストランなどが閉鎖しており大変でしたが、トラブルも無事解決し、通常どおり帰国できそうですね。日本への帰り道も、マスクや手洗いなどコロナ対策をしっかりしてくださいね。

どうもありがとうございました!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:13
ダイブタイム :41分
最大深度   :20m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :マンタレイオーロラパートナーゴビーカスミアジイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジモンガラカワハギチンアナゴ(ガーデンイール)、etc.

ダイブ2
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:15
ダイブタイム :48分
最大深度   :22m
透明度    :10-20m
水温     :29℃
生物     :エヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュスカンクアネモネフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュモンハナシャコクロコショウダイシマウミヘビ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:46
ダイブタイム :49分
最大深度   :16m
透明度    :5-20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイイソマグロ、 イケカツオツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)モルディブスポンジスネイル、etc..

ダイブ4
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:-
ダイブタイム :-
最大深度   :-
透明度    :-
水温     :-
生物     :-

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:06:53
ダイブタイム :48分
最大深度   :17m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :ギンガメアジ、 キツネフエフキロウニンアジピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:28
ダイブタイム :49分
最大深度   :20m
透明度    :10m
水温     :28℃
生物     :ギンガメアジ、 キツネフエフキロウニンアジピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:12:47
ダイブタイム :41分
最大深度   :17m
透明度    :30m
水温     :29℃
生物     :ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:11
ダイブタイム :44分
最大深度   :16m
透明度    :10 – 20m
水温     :29℃
生物     :マンタレイオニカマスツムブリ、 イエローバックフュージュラーカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、クラゲ、etc..

ダイブ9
ポイント名  : ツナレック(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:6:56
ダイブタイム :51分
最大深度   :20m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :カスミアジ、 コクテンフグルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 キンセンフエダイキツネフエフキ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:9:59
ダイブタイム :43分
最大深度   :18m
透明度    :20 – 25m
水温     :28℃
生物     :アカヒメジ、 インディアンフレームバスレットインディアンドラゴン、 インディアンダッシラスイエローバックフュージュラーノコギリダイケショウフグブラックピラミッドバタフライフィッシュタイマイ、クラゲ、etc.

ダイブ12
ポイント名  :ディープシックス (シミラン諸島No.7)
エントリー時間:12:54
ダイブタイム :47分
最大深度   :19m
透明度    :35m
水温     :28℃
生物     :ウミウチワスカシテンジクダイパウダーブルーサージョンフィッシュカスミアジ、 スカンクアネモネフィッシュルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーブラックピラミッドバタフライフィッシュキンギョハナダイエヴァンスフェアリーバスレットコラーレバタフライフィッシュムレハタタテダイアカヒメジetc…

ダイブ13
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:15:28
ダイブタイム :45分
最大深度   :16m
透明度    :20m
水温     :28℃
生物     :オニカマスイソマグロ、 ロウニンアジカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ13
ポイント名  : クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:6:57
ダイブタイム :41分
最大深度   :18m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     : シテンヤッコカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーヨスジフエダイ、 etc..

ダイブ14
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:38
ダイブタイム :41分
最大深度   :17m
透明度    :40m
水温     :29℃
生物     :カスミアジムスジコショウダイイソマグロヨスジフエダイ、 アカヒメジカクレクマノミモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュホワイトチップシャーク 、 etc.

ダイブ15
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:02
ダイブタイム :37分
最大深度   :22m
透明度    :35m
水温     :29℃
生物     :エヴァンスフェアリーバスレットパウダーブルーサージョンフィッシュモンガラカワハギスカンクアネモネフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュアデヤッコナポレオンフィッシュ 、 etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です