タグ別アーカイブ: ダイブクルーズ

ディヴァアンダマン号 ラグジュアリークルーズ 5-11.JAN.2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック ラグジュアリー クルーズ
クルーズ船  :ディバアンダマン号
開催期間   :2020年1月5日 -1月11日
担当スタッフ :マコ
お客様人数  :2名様

豪華帆船ティバアンダマン

豪華帆船ティバアンダマン

ウミガメスイム@ウェストオブエデン(シミラン諸島No.7)

ウミガメスイム@ウェストオブエデン(シミラン諸島No.7)

ジンベイに遭遇!@ナムチャイベイ(シミラン諸島No.9)

ジンベイに遭遇!@ナムチャイベイ(シミラン諸島No.9)

ギンガメアジとゲスト@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

ギンガメアジとゲスト@リチェリューロック(スリン諸島国立公園)

でっかいマダラエイの仲間@クリスマスポイント(シミラン諸島No.9)

でっかいマダラエイの仲間@クリスマスポイント(シミラン諸島No.9)

お疲れシャンパンパーティー

お疲れシャンパンパーティー

豪華帆船ティバアンダマンで、ラグジュアリークルーズ!
思いがけないポイントで、ジンベイザメも登場!

2020年1月5日から11日の6日間で、前から乗ってみたかった豪華帆船ティバアンダマンで、ロングクルーズに行ってきました!今回のお客様は、何度もご利用いただいているY様と、そのお友達で最近ダイビングを始められたS様。S様は初のクルーズ挑戦です!
出港はまだ明るい午後5時ごろ、サンセットを眺めながら、軽く胃杯やった後、サンデッキでのディナータイム。毎晩ディナーは、スープ、前菜、メイン、デザートのコース料理!そして、どれも美味!確実に太ってしまいます。満腹になったところで、シミラン諸島へ到着。波のない島かげに停泊し、快適なお休みタイムでした。

朝起きると、ダイニングエリアのオープンキッチンは、何やら大忙し。パンを焼くスタッフ、コーヒーをセットするスタッフ、ダイビング後の朝食の準備をするシェフ。そして大量のミカンを絞るお姉さん。そう、朝のオレンジジュースは生搾りなんです!美味しいジュースと軽食をとったら、早速朝飯前のダイビングです。

1本目はツナミモニュメントでチェックダイブ。透明度は良く、流れもほとんど無い穏やかなコンディションでした。深場の砂地には、いたるところにヤッコエイ。浅瀬の砂地では、モンダルマガレイやミナミウシノシタを見つけました。体が慣れたところで、2本目ののダイビングは、隣のポイント、ツナレックにエントリー。沈船のある深場は水温が低く25度。早々にリーフにの浅場へ移動。珊瑚礁の下に隠れるナースシャークや、中層を泳ぐイソマグロなどが見られました。
3本目はチャイニーズウォール。久々に潜るポイントでしたが、流れは一切なく、大きなウミウチワを眺めながら深場を散策。珊瑚礁の下シモフリタナバタウオを見つけました。浅場では、タイマイがお散歩中。あまりダイバーを気にしないようで、かなり近づくことができました。4本目、ハネムーンベイ。Sさんナイト初挑戦。甲殻類やミノカサゴが見れました。

2日目はエレファントヘッドロックからのスタート。深場ではハナヒゲウツボのオスや、アンダマンジョーフィッシュ、ムスジコショウダイなどいつもの面々を観察。浅瀬に移動するとメインの岩の下で、カスミアジとロウニンアジの編隊が、フュージリアの群れを追い回す、豪快なシーンが見られました。2本目はディープシックス、3本目はウェストオブエデンと7番の島周り。深場では、マッコーカーズフラッシャーラスや、ミヤケテグリ、マルチバーパイプフィッシュなどを観察。浅瀬ではロウニンアジやカスミアジの編隊を見ることができました。
4本目はナムチャイベイでサンセットダイブ。船戻りということで、潮に逆らって西の岩場を目指します。すでに薄暗く魚影もまばら、岩場まで到達して深場を除いてみましたが、特に収穫はなし。折り返して潮に乗って、船に戻る途中。正面から突然大きな影。ジンベイザメ登場です。どこかへ向かってしっかりと泳いでいるご様子で、置いて行かれないように並走するのがやっと。なんとか1分ほど並走できましたが、ギブアップ。それでもずいぶん近くに寄れました!
お二人とも野生のジンベイは初めてということで、テンションが最高潮に上がりました!

3日目は、昨晩のジンベイがまだその辺にいるのでは?という期待を込めて、9番周りのポイントを端から潜りました。1本目はスリーツリーズ。砂地ではヒレナガネジリンボウや、アンダマンジョーフィッシュ、モンダルマガレイの幼魚などを観察。深場へ行くとこれでもかというほど、たくさんのヤッコエイがいました。中層には100匹ほどのカスミアジが群れていて、爽快なシーンが見られました。2本目はノースポイントにエントリー。幸い潮が流れてなかったので、沖合の離れ根へ直行。根の上には、クマザサハナムロが玉になっていて、カスジアジの編隊が追い回していました。深場を覗くと2匹のホワイトチップがイエローバックフュージリアの群れをかき分けて泳いでいました。3本目はクリスマスポイント。エントリーした場所から若干流れに逆らって、潮上の根までたどり着くと、直径2mオーバーの大きなマダラエイが登場。そのすぐ先の岩の上にはイーグルレイが潮に向かって羽ばたきながらホバリング。後半は潮がきつくなり、少々ハードなダイビングでしたが、いいもの見れました!4本目はボン島に移動して、ナイトダイブになりました。

4日目は、コボンピナクルからスタート。クルーズ行程で一番深いポイントなので、ダイブタイムは40分に設定。30mの深場には、昨日のを上回る大きさのマダラエイが中層をゆったり泳いで行きました。2本目のウェストリッジでは、マンタ狙い。リッジに張り付いて粘りましたが、残念ながらマンタは現れず。泣。3本目4本目はタチャイ島へ移動したチャイピナクルに潜りました。水温が低く、かなり濁りが入っているのと、キビナゴのような小魚がものすごく多いため、視界は今ひとつ。小魚の群れを手で払いのけながら、沖を通る大きな魚を探しました。西側の根の沖に大きなギンガメアジの群れを発見。一匹一匹が大きく、40cmくらい。しばらく群れに囲まれました。3畝とダイブでは、ロウニンアジ、カスミアジの捕食シーンが見られました。

ダイビング最終日の5日目は、1本目スリン諸島のヒンコン、2本目、3本目はリチェリューロック。飛行機搭乗の関係で、ゲストのお二人は2本しか潜れず、リチュリューロックで2本を選択。透明度は残念がらイマイチでしたが、深場のタイガーテールシーホース、浅瀬に群れるギンガメアジの大群、ロウニンアジとキツネフエフキの混成群も健在。根の外には、ウマヅラアジやバラクーダも群れていました。最後は湾内でイチャつくコブシメをのカップルをガン見(笑)。サンゴの下に大事そうに卵を産み付けていまいsた。

今回はいつもよりも1日長い6泊クルーズ。毎日美味しいご飯を食べながら、至福のダイブクルーズでした。流れが強いところもありましたがその分エキサイティングなシーンにたくさん出会うことができました。ご参加いただいた、Yさん、Sさん、お疲れ様でした!序盤は風邪で体調を崩してしまい、ご迷惑をおかけしましたが、僕にとっても初めての豪華クルーズでとても楽しかったです。
ぜひまた遊びにいらしてください。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  : モニュメント(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:8:30
ダイブタイム :59分
最大深度   :28m
透明度    :25m
水温     :27℃
生物     :ヤッコエイヨスジフエダイモンダルマカレイインディアンダッシラスインディアンドラゴン、 チンアナゴ(ガーデンイール)、 イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ブラックパートナーゴビー(ブラックシュリンプゴビー)、etc…

ダイブ2
ポイント名  : ツナレック(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:11:47
ダイブタイム :53分
最大深度   :30m
透明度    :20m
水温     :26℃
生物     :ルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、  ナースシャーク 、インディアンバナーフィッシュノコギリダイエヴァンスフェアリーバスレットスカンクアネモネフィッシュ、  インディアンダッシラスインディアンドラゴンブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、 スカシテンジクダイカスミアジパウダーブルーサージョンフィッシュ、 etc…

ダイブ3
ポイント名  : チャイニーズウォール(シミラン諸島 No.4)
エントリー時間:15:25
ダイブタイム :55分
最大深度   :27m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     :ヒトヅラハリセンボンタイマイオニカマスシモフリタナバタウオオーロラパートナーゴビーアカヒメジヨスジフエダイルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、 ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、 スカンクアネモネフィッシュドクウツボ、モンガラカワハギ、サザナミヤッコ、etc…

ダイブ4
ポイント名  :ハネムーンベイ(シミラン諸島 No.4)
エントリー時間:18:50
ダイブタイム :39分
最大深度   :15m
透明度    :–m
水温     :26℃
生物     :ネッタイミノカサゴカスミアジ、 ドクウツボスカシテンジクダイコクテンフグ、 etc…

ダイブ5
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:8:13
ダイブタイム :52分
最大深度   :26m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     :ワヌケヤッコ、 カスミアジハナダイギンポムスジコショウダイ、ハナヒゲウツボ、ロウニンアジ、オニカマスカスミアジイエローダッシュフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、 スカンクアネモネフィッシュスカシテンジクダイ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :ディープシックス(シミラン諸島No.7)
エントリー時間:11:49
ダイブタイム :51分
最大深度   :25m
透明度    :25m
水温     :27℃
生物     :ロウニンアジ、カスミアジ、イエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)オニカマスイエローバックフュージュラー、ミヤケテグリ、 イエローダッシュフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)アオヤガラスカシテンジクダイ、etc…

ダイブ7
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:14:40
ダイブタイム :56分
最大深度   :28m
透明度    :25m
水温     :27℃
生物     :マッコスカーズドワーフラスオビテンスモドキマルチバーパイプフィッシュアデヤッコアオウミガメアカヒメジタイマイイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジスカシテンジクダイキンセンフエダイキツネフエフキイソマグロ、etc…

ダイブ8
ポイント名  :ナムチャイベイ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:17:41
ダイブタイム :53分
最大深度   :18m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     : ジンベエザメコホシカニダマシナポレオンフィッシュ 、 イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジキンセンフエダイキツネフエフキ、etc…

ダイブ9
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:8:19
ダイブタイム :48分
最大深度   :27m
透明度    :25m
水温     :26℃
生物     :アンダマンジョーフィッシュムレハタタテダイヤッコエイスパゲティーイールモンダルマカレイアカヒメジ、ヒレナガネジリンボウ、カスミアジニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)インディアンダッシラスコラーレバタフライフィッシュクマノミ 、etc…

ダイブ10
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:42
ダイブタイム :46分
最大深度   :30m
透明度    :25m
水温     :27℃
生物     : イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジブラックフィンバラクーダホワイトチップシャークスザクサラサエビコホシカニダマシ、etc…

ダイブ11
ポイント名  :クリ スマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:15:03
ダイブタイム :45分
最大深度   :24m
透明度    :10m
水温     :26℃
生物     :キツネフエフキ、マダラエイ、 ムレハタタテダイカスミアジマダラトビエイイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、etc…

ダイブ12
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:18:35
ダイブタイム :53分
最大深度   :19m
透明度    :ーm
水温     :26℃
生物     :マーブルドオクトパスハナミノカサゴオシャレカクレエビオトヒメエビヒトヅラハリセンボントマトアネモネフィッシュオオアカヒヅメガニ、ブダイの仲間、、etc…

ダイブ13
ポイント名  :コボンピナクル(ボン島)
エントリー時間:8:34
ダイブタイム :46分
最大深度   :30m
透明度    :20m
水温     :26℃
生物     :マダラエイ、ツムブリキツネフエフキイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイクロコショウダイイソマグロムカデミノウミウシマダラトビエイ、etc…

ダイブ14
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:11:15
ダイブタイム :57分
最大深度   :22m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     : イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイキツネフエフキクロコショウダイイソマグロ、etc…

ダイブ15
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:14:57
ダイブタイム :57分
最大深度   :19m
透明度    :15m
水温     :26℃
生物     :イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジギンガメアジツバメウオツムブリ 、etc…

ダイブ16
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:17:30
ダイブタイム :50分
最大深度   :25m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジギンガメアジツバメウオツムブリ 、etc…

ダイブ17
ポイント名  :ヒンコン(スリン諸島)
エントリー時間:08:03
ダイブタイム :60分
最大深度   :17.5m
透明度    :10m
水温     :26℃
生物     : タテジマキンチャクダイ、 モンハナシャコハナミノカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、 スカシテンジクダイキンセンフエダイ、etc…

ダイブ18
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:11:37
ダイブタイム :55分
最大深度   :27.6m
透明度    :15m
水温     :26℃
生物     :キツネフエフキ、ロウニンアジ、ウマヅラアジ、オニアジ、シェブロンバラクーダ、ブラックフィンバラクーダ、ギンガメアジハナミノカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)トマトアネモネフィッシュコブシメetc…

ダイブ19
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:15:10
ダイブタイム :53分
最大深度   :28m
透明度    :15m
水温     :26℃
生物     : タイガーテールシーホースキツネフエフキ、ロウニンアジ、ギンガメアジハナミノカサゴピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)トマトアネモネフィッシュコブシメetc…

年越しチャータークルーズ 29. DEC. 2019 – 02. JAN. 2020

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック  年越しチャータークルーズ
クルーズ船  :サワディーファーサイ号
開催期間   :2019年12月29日 – 2020年1月2日
担当スタッフ :マコ、チカヤ
お客様人数  :25名様

MR.K 1111ダイブ達成!

MR.K 1111ダイブ達成!

年越しパーティーの花火

年越しパーティーの花火

おせちセッティング by 女子チーム

おせちセッティング by 女子チーム

スクリーンショット 2020-01-17 10.12.28

ヨーロピアンスタッフも大はしゃぎ!@新年パーティー

ヨーロピアンスタッフも大はしゃぎ!@新年パーティー

バラクーダの群れ@リチェリューロック

バラクーダの群れ@リチェリューロック

ギンガメアジの群れ@リチェリューロック

ギンガメアジの群れ@リチェリューロック

イベント盛りだくさん!
毎年恒例、年越しチャータークルーズ!

2019年12月29日から2020年1月2日までの5日間、毎年恒例の年越しチャータークルーズに行ってきました!新規のお客様からヘビーリピーターのお客様まで、総勢26名様!
年越しパーティーや、新年パーティーなど、イベント盛りだくさんで、皆さんと童心にかえってワイワイと賑やかに船上でお正月を迎えました!

海の方は、異常な程の低水温が少し緩んで平均27度くらい。波はほとんど無く、透明度も若干回復してまずまずのコンディション。リチェリューロックやタチャイピナクル、コボンピナクルの魚影は、相変わらず大爆発。これでもかというほど、魚の群れに囲まれました。ジンベイ、マンタは、残円ながら現れませんでしたが、スリン諸島のアオパッカーッドでは、大きなとんがりサカタザメ、コボンピナクルでは、直径2mオーバーの大きなマダラエイが3枚。その他、各種バラクーダ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、オニアジ、ウマヅラアジ、コガネシマアジ、キツネフエフキなどなど、ムレ、ムレ、ムレ、のオンパレードに、皆さんとっても楽しんでいらっしゃいました。

船上では、いつもたくさんの差し入れを頂く、MR. K が、1111ダイブ達成など、数多くの記念ダイブ。年末年始には、年越しそばのサービスや、スパークリングワインと打ち上げ花火で祝うカウントダウン、新年パーディーでは、ハズレなしのラッキードロー大会など、イベントが目白押し。皆さん、たくさん笑っていただきました!

毎年恒例の年越しクルーズ、スタッフも毎年楽しみにしています。
次回も日程は、12月29日〜1月2日。
ご参加をご希望の方は、お早めのご予約をお待ちしております!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :モニュメント(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:8:03
ダイブタイム :50分
最大深度   :28.2m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     :マーブルドオクトパスヤッコエイ モンダルマカレイヨスジフエダイアカヒメジインディアンドラゴンチンアナゴ(ガーデンイール)、カスミアジ、 イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)インディアンバナーフィッシュ etc…

ダイブ2に
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:11:23
ダイブタイム :55分
最大深度   :28.3m
透明度    :25m
水温     :26℃
生物     :マルチバーパイプフィッシュマッコスカーズドワーフラス、 ルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラー、 スカシテンジクダイカスミアジアカヒメジインディアンバナーフィッシュetc…

ダイブ3
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:14:33
ダイブタイム :53分
最大深度   :26.1m
透明度    :20m
水温     :25℃
生物     :ハナヒゲウツボ、イソマグロアカヒメジヨスジフエダイルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジムスジコショウダイロウニンアジ、 etc…

ダイブ4
ポイント名  :ブレックファーストベンド(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:18:06
ダイブタイム :41分
最大深度   :21.6m
透明度    :10m
水温     :29℃
生物     :イロブダイハナミノカサゴカスミアジルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)イエローバックフュージュラー、 etc…

ダイブ5
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:7:27
ダイブタイム :53分
最大深度   :23.8m
透明度    :25m
水温     :27℃
生物     : ブラックフィンバラクーダブラックピラミッドバタフライフィッシュチンアナゴ(ガーデンイール)、オーロラパートナーゴビーヤッコエイヤマブキスズメダイ、ヒレナガネジリンボウ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:56
ダイブタイム :45分
最大深度   :21.4m
透明度    :15m
水温     :26℃
生物     :ツムブリイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)スカンクアネモネフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ヒトヅラハリセンボン、 モヨウフグアオヤガラカクレクマノミスカシテンジクダイアカヒメジヨスジフエダイキツネフエフキコガネシマアジ 、etc…

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:14:14
ダイブタイム :52分
最大深度   :24.0m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイキツネフエフキコガネシマアジ 、クロコショウダイイソマグロ、etc…

ダイブ8
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:17:02
ダイブタイム :46分
最大深度   :2⒉.6m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)カスミアジロウニンアジ、 スカシテンジクダイキンセンフエダイキツネフエフキコガネシマアジ 、クロコショウダイイソマグロアデヤッコツバメウオ、etc…

ダイブ9
ポイント名  :アオパカード(スリン諸島)
エントリー時間:7:23
ダイブタイム :54分
最大深度   :22.3m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     :ヤッコエイローランドダムゼルインディアンダッシラススパゲティーイールコラーレバタフライフィッシュ、とんがりサカタザメ、クマノミ 、etc…

ダイブ10
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:10:41
ダイブタイム :49分
最大深度   :28.1m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :ツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジギンガメアジトマトアネモネフィッシュイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴ、ホソフエダイ、ウマヅラアジ、オニアジ、ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイキンセンフエダイハナミノカサゴキツネフエフキキリンミノタイガーテールシーホースetc…

ダイブ11
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:13:46
ダイブタイム :56分
最大深度   :25.0m
透明度    :15m
水温     :27℃
生物     :ツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジギンガメアジイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴ、ホソフエダイ、ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイキンセンフエダイハナミノカサゴイケカツオキツネフエフキetc…

ダイブ12
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:16:56
ダイブタイム :46分
最大深度   :23.2m
透明度    :15m
水温     :26℃
生物     :ツムブリイエローバンドフュージュラーロウニンアジギンガメアジトマトアネモネフィッシュイエローダッシュフュージュラーネッタイミノカサゴ、ホソフエダイ、ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、  カスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイキンセンフエダイハナミノカサゴイケカツオキリンミノキツネフエフキミナミハコフグetc…

ダイブ13
ポイント名  :コボンピナクル
エントリー時間:7:29
ダイブタイム :30分
最大深度   :29.3m
透明度    :20m
水温     :27℃
生物     :マダラエイ、ネズミフグヒトヅラハリセンボンキツネフエフキコガネシマアジ 、ロウニンアジツムブリカスミアジスカシテンジクダイ、 ヨスジフエダイ、etc…

 

ダイブ14
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:23
ダイブタイム :43分
最大深度   :24.2m
透明度    :⒉0m
水温     :27℃
生物     :ツムブリイエローバックフュージュラールナーフュージュラー(ハナタカサゴ)スカンクアネモネフィッシュカスミアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ヒトヅラハリセンボン、 モヨウフグアオヤガラカクレクマノミスカシテンジクダイアカヒメジヨスジフエダイキツネフエフキコガネシマアジ 、etc…

 

ボン島日帰りファンダイブ 22.DEC.2019

クルーズ名  :シミラン諸島 日帰りダイビング
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年11月17日
日担当スタッフ:マコ
お客様人数  :1名様

ボン島へ到着

ボン島へ到着

ツムブリの群れ@ウェストリッジ(ボン島)

ツムブリの群れ@ウェストリッジ(ボン島)

ホウセキキントキの群れ@ウェストリッジ(ボン島)

ホウセキキントキの群れ@ウェストリッジ(ボン島)

イエローバックフュージリアの群れ@ウェストリッジ(ボン島)

イエローバックフュージリアの群れ@ウェストリッジ(ボン島)

お疲れ様でした!@ウェストリッジ(ボン島)

お疲れ様でした!@ウェストリッジ(ボン島)

日帰りトリップで、濃い〜魚影を満喫!
残念ながら大物は出ず(泣き)

2019年12月22日にボン島へデイトリップに行ってきました!今回は日本からお越しのお客様、Hさんとマンツーマンでのダイビングとなりました。

通年は、この時期すでにたくさんのお客さんで賑わっているソンブーン号ですが、今年はバーツ高の影響もあってか、息のスピードボートはガラガラ。なんと乗船しているお客様は、4名のみ!
快調に飛ばしながら、10時前にはボン島へ到着、ドッキングとなりました。
ソンブーン本船の船上にもお客様は5名ほど、スペースを持て余すほどゆったりとした雰囲気でした。

1本目はウェストリッジのきたのリーフからエントリー。エントリーした直後、「うっ!」と体が硬直する冷たさ。水温計を見ると26度でした。すぐ下の根に、ゴッチャリとついているカタクチイワシとスカシテンジクダイ。それを狙って、マテアジの小隊が、銀色のボディをキラキラ光らせながら、アタックしていました。そんな様子をしばし観察した後、リーフの深場に沿って、ヨスジフエダイの群れなどを眺めながら、リッジの方へ。途中、深場に大きなマダラエイの仲間、ブロッチド ファンテイル レイが水底にドカーン寝ていました。ここで水温24度。泣
リッジの先端まで行くと、頭上には、おびただしい数のイエローバックフュージリアの群れ。時折リッジまで降りてきては、同方向に一斉に泳ぐダイナミックなシーンを見せてくれました。
リッジお根元付近には、小魚を狙うツムブリの群れや、イソマグロの変態などが見られ、躍動感のあるダイビングが楽しめました。

2本目は逆に南側のウォールからエントリー。最近見つけたセダカギンポの住処となっているハナヤサイサンゴをチェックしてから、リッジへ向かう間には、アカヒメジ、キンセンフエダイ、、ホウセキキントキなどの群れや、中層をロウニンアジやカスミアジが通過していきました。視界を遮るスカシテンジクダイの群れをかき分けながらリッジに出ると、以外と強い流れ。リッジの影を利用しながら、先端まで行くも、大物は出ず。(泣)
後半は、リーフ側に出て、最近世代交代した、ハナダイギンポのコロニーや、リッジの付け根に群れている大きなきつねフエフキの群れを観察しつつ、鍛えの流していきました。
安全停止に入る直前、クマザサハナムロの大群にアタックをかける、大きな2匹のコガネシマアジも見ることができました。

今回は、水温が低く透明度も今ひとつ、大物にも出会えませんでしたが、お客様のH様は、魚影の濃さに大満足されていたご様子!
是非次回は、リチェリューロックまで到達できる、ダイブクルーズにご参加下さい!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:22
ダイブタイム :46分
最大深度   :25.3m
透明度    :15−20m
水温     :24−26℃
生物     :スカシテンジクダイイエローバンドフュージュラーイエローバックフュージュラーツムブリカスミアジブラックピラミッドバタフライフィッシュ、 コクテンフグムスジコショウダイドクウツボツノダシクマノミ 、コラーレバタフライフィッシュイソマグロキンセンフエダイ、 モヨウフグクロコショウダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ホウセキキントキキツネフエフキシテンヤッコ、マダラエイ、etc..

ダイブ2
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:12:54
ダイブタイム :49分
最大深度   :27.0m
透明度    :15−20m
水温     :23−26℃
生物     :スカシテンジクダイアカヒメジ 、セダカギンポ、コクテンフグムスジコショウダイツノダシクマノミ 、コラーレバタフライフィッシュ、 キンセンフエダイ、 モヨウフグヤイトハタ、ロウニンアジ、クロコショウダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)キツネフエフキアオヤガラケショウフグ、ソウシハギ、 ヨスジフエダイ、etc..

 

アンダマンショートクルーズ 10-12.DEC.2019

クルーズ名  : アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年12月10日 -2019年12月12日
日担当スタッフ:マコ
お客様人数  :2名様

シマウミヘビ@Num Chai Bay(Similan Islands No.7)

シマウミヘビ@Num Chai Bay(Similan Islands No.7)

ギンガメアジの大群@Richelieu Rock(スリン国立公園)

ギンガメアジの大群@Richelieu Rock(スリン国立公園)

若いロウニンアジの大群@Richelieu Rock(スリン国立公園)

若いロウニンアジの大群@Richelieu Rock(スリン国立公園)

今回のゲスト@Richelieu Rock(スリン国立公園)

今回のゲスト@Richelieu Rock(スリン国立公園)

捕食体制の特大ロウニンアジ@Tachai Pinnacle(タチャイ島)

捕食体制の特大ロウニンアジ@Tachai Pinnacle(タチャイ島)

イエローダッシュフュージリアの大群@Sharkfin Reef(Similan Islands No.3)

イエローダッシュフュージリアの大群@Sharkfin Reef(Similan Islands No.3)

25度を切る低水温で、魚影大爆発!
リチェリュー、タチャイでは、ヒカリモノのオンパレード!

2018年12月10日-12日の2泊3日の日程でシミラン諸島〜ボン島〜タチャイ島〜リチェリューロックまでを周遊するアンダマンショートクルーズに2名のお客様と一緒に行って来ました。

今回、ご参加いただいたお客様は、いつもご利用いただいている、ダンディーなI様と、経験本数20本、今回はじめてクルーズに参加されるWさんのお二人。
Wさんは初心者ということもあり、耳抜きと潜降を
心配されていましたが、蓋を開けてみるととってもお上手。最初の一本だけ、少し潜降に時間がかかりましたが、それ以降は快調にフリー潜降、水中での中性浮力もバッチリで、初心者であることも忘れてしまうほどでした!

お天気はトリップをとして晴天。毎日キレイな夕焼けを楽しめましたが、水温がありえないほど低く、普段29-30℃あるところが、深場へ行くと24-25℃。一瞬ですが23℃まで下がった時もありました。深場から養分を豊富な冷たい水が上がってきているようで、長時間のダイビングは少々しんどかったですが、おかげなのか魚たちは元気いっぱい!特に冷水を好むエイ類や、ロウニンアジや、ギンガメアジなどの捕食系回遊魚の動きが活発で、普段見かけない魚たちにも出会うことができました!

1本目は、シミラン諸島9番目の東、スリーツリーズ。エントリーした瞬間「寒っ」。濁りも入っていました。西へ向かう流れに逆らいながら潜降。砂地に出てみるとふだん4−5匹程度しか見かけないヤッコエイが、何十匹も群れていました!他のチームはトンガリサカタザメにも会えたようです。見慣れない光景に戸惑いつつ、濃い魚影の中をリーフへ、後半はマイルドな流れに乗ってドリフトダイブを楽しみました。
2本目は、シミラン諸島南西、ナムチャイベイ。エントリー直後にシマウミヘビのペアを発見。餌探しに夢中なようで、かなり近くまで寄ることができました。その後はクマザサハナムロとイエローバックフュージュラーの大群に囲まれながら、リーフダイブを楽しみました。
3本目は、シミラン諸島の北25kmほどのところにある「ボン島」。午前中マンタが出ていたとの情報もあり、期待を旨にエントリー。やはりここも水温が低くにごり気味、そのかわり、リッジのウォールには、雲のようにスカシテンジクダイがついていて、それを狙ってかカスミアジやコショウダイの群れが活発に泳ぎ回っていました。
4本目は、他チャイリーフでナイトダイブ。Wさん初ナイトダイブという事で、念入りにブリーフィング。エントリーすると相変わらずの低水温。ネッタイミノカサゴやハナミノカサゴの捕食シーン、獲物を探してさまようピックハンドルバラクーダなどを見ることができました。

翌朝の2本は、このトリップのハイライトでもあるリチェリューロックにエントリー。若干波が高かったせいか、他の船は一層も居らず、まさかの貸し切り! しかも、僕らの船のゲストもたったの6名。ガイドも含め8人でリチェリューロックを貸し切りという、贅沢なダイビングとなりました。
低水温のせいか、深場には大きなジェンキンスホイップレイが3匹ほど。普段深場や根の外にいる魚たちも、本体の根の周りに集まり、ものすごい魚影。普段はあまり見かけない、イトヒキアジやカイワリ、コガネシマアジなどの群れが、あっちにもこっちにもといった感じで、まさにヒカリモノのオンパレードでした。特に圧巻だったのは、根のトップに群れていたギンガメの大群!流れの上からドリフトして、ゆっくり近づくと、トルネードの中にすっぽり入ることができました!
3本目は、タチャイ島のタチャイピナクル。マイルドな流れの中、潮上にエントリーすると、潜降中に特大イソマグロの7−8匹の編隊を発見。それを横目に見ながら、岩の陰に降りると、黒く体色の変化した特大ロウニンアジ、MAXサイズのカスミアジ、これまた特大のキツネフエフキが、捕食体制で狂ったように泳ぎ回っていました!「コイツら、寒いと元気だなー」と、しばらく見とれていて、ふと上を見上げると、ギンガメトルネードの黒い影!一匹が40cmほどの大きな個体の集まりで、きれいな渦を作っていました!

3日目の朝は、シミラン諸島に戻り、シミランで潜れる一番南のポイント、「ボルダーシティ」にエントリー。あまり他の船が来ないポイントということもあり、今回も貸し切り。大きなウミウチワの群生の中を泳ぐと、おびただしい数のクマザサハナムロが群れていて、ときおりカスミアジの編隊がアタックを仕掛けていました。最後は、根のトップでクマザサハナムロの大群に取り囲まれました。続いて潜った「シャークフィンリーフ」深場、イエローダッシュフュージリアーとクマザサハナムロが大群が群れていて、視界が蛍光イエローと鮮やかなライトブルーで埋め尽くされる、圧巻のシーンが見られました。
最終ダイブは、フライトの関係でIさんはパス。マンツーマンでシミラン諸島4番の島、「ストーンヘンジ」に潜りました。かなり強めな潮が当たっていましたが、サメなどの大きな魚を探しに、水底を這うように潮上へ。残念ながら頭上には流れに逆らって泳ぐイソマグロの編隊が見られました。後半は、巨岩の間を縫うように少しずつドリフト。所々で、コホシカミダマシ、クマノミの赤ちゃん、キンチャクダイやチョウチョウウオなど、かわいい系の生き物を観察できました。

今回は、残念ながら、マンタやジンベイザメなどの大物は見ることができませんでしたが、長いガイド経験の中でも、1,2を争う魚影の濃さ、そして低水温。更にはリチェリューロックの貸し切りダイブなど、僕的には、普段と一味違った、色んな意味でハイテンションのクルーズでした!

ご参加いただいた、Iさん、Wさん、寒い中、大変お疲れ様でした!
機会がありましたらぜひ遊びにいらしてください。
次回はもう少し、暖かくてスカッと抜けたシミランも堪能してくださいね!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブ1
ポイント名   :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間 : 11:03
ダイブタイム  : 49分
最大深度    : 26.3m
透明度     : 15m
水温      : 25−27℃
生物:スカシテンジクダイコクテンフグカスミアジイエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュアンダマンジョーフィッシュインディアンダッシラスパウダーブルーサージョンフィッシュ、 オーロラパートナーゴビーチンアナゴ(ガーデンイール)、キヘリモンガラ、ゴマモンガラヤッコエイロブスター、etc…

ダイブ2
ポイント名  :ナムチャイベイ(シミラン諸島No.9)
エントリー時間:13:26
ダイブタイム :53分
最大深度   :20.7m
透明度    :15m
水温     :25−27℃
生物     :スカシテンジクダイコクテンフグカスミアジイエローバックフュージュラーコラーレバタフライフィッシュドクウツボモンガラカワハギインディアンダッシラスパウダーブルーサージョンフィッシュ 、etc…

ダイブ3
ポイント名  : ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:35
ダイブタイム :58分
最大深度   :24.1m
透明度    :15-20m
水温     :25−28℃
生物     :スカシテンジクダイ、アラレフグ、 イエローバックフュージュラーカスミアジキツネフエフキ、 アオヤガラ、 キンセンフエダイヨスジフエダイドクウツボ、タコ、ホウセキキントキカクレクマノミクロコショウダイ、etc..

ダイブ4
ポイント名  : タチャイリーフ(タチャイ島
エントリー時間:19:26
ダイブタイム :40分
最大深度   :18.6m
透明度    :ー
水温     :26−28℃
生物     : ツノダシ、 ツマリテングハギ、ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックチップシャークネッタイミノカサゴヒトヅラハリセンボン、etc..

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:07:01
ダイブタイム :50分
最大深度   :29.3m
透明度    :20-25m
水温     :25−28℃
生物     :アオヤガラキツネフエフキ、 キンセンフエダイ、 コブシメギンガメアジ、 ホソフエダイ、ヒトヅラハリセンボンブラックフィンバラクーダピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、ロウニンアジ、 ミナミハコフグ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:31
ダイブタイム :55分
最大深度   :27.7m
透明度    :20-25m
水温     :25−28℃
生物     :ジンベエザメギンガメアジキツネフエフキロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 トマトアネモネフィッシュ、ロウニンアジ、etc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:05
ダイブタイム :50分
最大深度   :25.3m
透明度    :15-20m
水温     :25−28℃
生物     :ブラックフィンバラクーダ、ロウニンアジ、ヨスジフエダイルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 ウルマカサゴ、アカマダラハタ、ナポレオンフィッシュ 、 etc..

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:15:39
ダイブタイム :55分
最大深度   :20.3m
透明度    :15-20m
水温     :25−28℃
生物     :イエローバックフュージュラーキンギョハナダイコクテンフグスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイカスミアジモヨウフグアカヒメジドクウツボウルマカサゴマーブルドオクトパス、etc.

ダイブ9
ポイント名  :ボルダーシティー(シミラン諸島 No.3)
エントリー時間:06:49
ダイブタイム :50分
最大深度   :25.5m
透明度    :20-25m
水温     :25−28℃
生物     :ジンベエザメギンガメアジキツネフエフキロウニンアジ スカンクアネモネフィッシュピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)、 トマトアネモネフィッシュ、ロウニンアジ、etc.

ダイブ10
ポイント名  :シャークフィンリーフ(シミラン諸島 No.3)
エントリー時間:10:34
ダイブタイム :50分
最大深度   :28.5m
透明度    :15-20m
水温     :25−28℃
生物     :ブラックフィンバラクーダ、ロウニンアジ、ヨスジフエダイルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)ツバメウオイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローバックフュージュラーカスミアジ、 ウルマカサゴ、アカマダラハタ、ナポレオンフィッシュ 、 etc..

ダイブ11
ポイント名  :ストーンヘンジ(シミラン諸島 No.4)
エントリー時間:13:10
ダイブタイム :43分
最大深度   :22.3m
透明度    :15-20m
水温     :24−28℃
生物     :イエローバックフュージュラーキンギョハナダイコクテンフグスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スカシテンジクダイカスミアジモヨウフグアカヒメジドクウツボウルマカサゴマーブルドオクトパス、etc.

 

January Princess ラヨーンクルーズ / 08-19. NOV. 2019

クルーズ名  :特別企画:ラヨーンクルーズ
クルーズ船  :ジャニュアリー・プリンセス号
開催期間   :2019年11月8日 -11月10日
担当スタッフ :マコ
お客様人数  :3名様

ジャニュアリー・プリンセス号

ジャニュアリー・プリンセス号

ゲスト@HTMSチャンレック

ゲスト@HTMSチャンレック

キンセンフエダイ@HTMSチャンレック

キンセンフエダイ@HTMSチャンレック

モクズショイ@ブルーベリー・ヒル

モクズショイ@ブルーベリー・ヒル

テルメアジとクロホシフエダイ@アルハンブラロック

テルメアジとクロホシフエダイ@アルハンブラロック

ヨロイウオ@アルハンブラロック

ヨロイウオ@アルハンブラロック

初のラヨーンクルーズ、大きな沈船と圧巻の魚影に大興奮!!

2020年11月8日から11日までの2泊3日の日程で、チャン島〜ラヨーン海域を巡るダイブクルーズに初挑戦してきました。今回利用したのは、この海域で唯一、宿泊設備を備えたクルーズ船、ジャニュアリー・プリンセス号。お客様は、バンコク在住のKさん、Oさん、Tさんの3名様。皆様バンコク在住で、何度もシミランクルーズをご利用いただいている方たちです。バンコクのスワナプーム空港で集合。ビールを買い込んで乾杯しながらの陸移動約3時間。ラヨーン郊外のショップに到着。その目の前のビーチから出向となりました。

翌朝目が覚めると、すでにチャン島の沖合チャン塔をバックに登る朝日を見ながら、コーヒータイム。

1本目は、風が強かったこともあり、チャン島の島影にある、ヒン・ルック・バットへエントリー。一面センジュイソギンチャクに覆われた岩に、クマノミはハナビラクマノミオンリー。泳いでいるのは、キハッソク、クロホシフエダイなど、サムイ島、タオ島周りの魚たちとほぼ一緒のメンツ。後半は根の潮上へ、するとテルメアジの大群に囲まれました。

2本目、3本目は、今回のクルーズのメインディッシュ「HTMSチャンレック」。10年ほど前に人工的に沈められた古い軍艦で、船体やタワーなどの構造物が形がきれいに残っていて、とても絵になるダイブサイトでした。船の周りにはテルメアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ツバメウオなどが群れ、その魚影は圧巻。濁りの中、約30mの水底まで潜ると大きなピックハンドルバラクーダの群れを見つけました。

夕方にはチャン等に上陸して、港の周辺を1時間ほど散策。おつまみ用の生牡蠣と、魚の一夜干しを仕入れました。4本目はナイト。チャン島近くのブルーベリー・ヒルというポイント。印象的だったのは、男の人の手と同じくらいのサイズの大きなモクズショイ。黄色っぽいカラフルな個体や、白っぽいものまで、4匹ほど確認できました。

船は夜のうちにラヨーン近海まで戻り、翌日の1本目は、やはり風が強く、タル島という国立公園の島。透明度も悪く、正直興味を引く生き物はほとんど発見できませんでしたが、かろうじて、ブルースポッテッドスティングレーとマダライロウミウシ?のペアを発見しました。

2、3本目は、もう一つのハイライトのアルハンブラロック。ガイドさんによると、全長300メートル以上もある隠れ根で水深は深いところで25m。沖合のサイトということもあって、透明度も15mほどまで回復。根の周りには、テルメアジ、キンセンフエダイの大群が途切れることなくついていました。無茶げの群生の中には、たくさんのヨロイウオがいて、結構近くまで寄ることができました。浮上間際、根のトップにはヒメツバメウオの群れて、キラキラ輝きながら泳いでいて、きれいでした。

2日間で全11ダイブを無事楽しく潜ることができました。
全体の印象としては、やはり同じタイ湾能見ということもあって、見かける魚は、サムイ島、タオ島周りとほぼほぼ感じ、透明度も同低度。そして、多種多様というよりは、同じ魚が大量に群れている点も、似ていました。沈船とアヌハンブラロックは、沖合のサイトということもあって透明度もそこそこ良く、魚影の濃さには圧倒されました1

バンコクからは陸路で3時間程度と距離的にも手軽で、アルハンブラロックへの日帰りツアーも開催されているようなので、バンコク在住の方が、週末気軽にダイビングを楽しむには、絶好の場所だと思いました!

ご参加いただいた皆様、水中、船上ともに楽しい時間をありがとうございました!
また気になる場所を見つけたら、特別企画を組みますので、ご期待下さい!

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ヒン ルック バット(チャン島)
エントリー時間:7:59
ダイブタイム :60分
最大深度   :16.8m
透明度    :10m
水温     :30℃
生物     :テルメアジ、ハナビラクマノミ、キハッソク、ハシナガチョウチョウウオ、ヤスジチョウチョウウオ、モヨウフグ、etc…

ダイブ2
ポイント名  :HTMS チャンレック(チャン島)
エントリー時間:10:50
ダイブタイム :39分
最大深度   :30.8m
透明度    :5−15m
水温     :30℃
生物     :テルメアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ツバメウオ、タイワンカマス、ジャワラビットフィッシュ、etc…

ダイブ3
ポイント名  :HTMS チャンレック(チャン島)
エントリー時間:13:34
ダイブタイム :47分
最大深度   :30.2m
透明度    :5−15m
水温     :30℃
生物     :テルメアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ツバメウオ、ヤイトハタ、ピックハンドルバラクーダ、タイワンカマス、ジャワラビットフィッシュ、etc…

ダイブ4
ポイント名  :ブルーベリー ヒル(チャン島)
エントリー時間:18:12
ダイブタイム :53分
最大深度   :13.4m
透明度    :10m
水温     :30℃
生物     :モクズショイ、マンジュウガニ、ヒトヅラハリセンボン、ハナビラクマノミ etc…

ダイブ5
ポイント名  :タル島(ラヨーン沖)
エントリー時間:7:50
ダイブタイム :70分
最大深度   :10.7m
透明度    :8m
水温     :30℃
生物     :ブルースポッテッド スティングレー、マダライロウミウシ、ハシナガチョウチョウウオ etc.

ダイブ6
ポイント名  :アルハンブラ ロック(ラヨーン沖)
エントリー時間:11:09
ダイブタイム :55分
最大深度   :21.5m
透明度    :15m
水温     :30℃
生物     :テルメアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ツバメウオ、ブラックフィンバラクーダ、ハコフグの仲間、ヨロイウオ、タイワンカマス、etc…

ダイブ7
ポイント名  :アルハンブラ ロック(ラヨーン沖)
エントリー時間:13:55
ダイブタイム :62分
最大深度   :19.3m
透明度    :15m
水温     :30℃
生物     :テルメアジ、キンセンフエダイ、クロホシフエダイ、ツバメウオ、ブラックフィンバラクーダ、ハコフグの仲間、ヨロイウオ、タイワンカマス、イシヨウジの仲間、ヒメツバメウオ、etc…