シミラン諸島日帰りファンダイブ 14.JAN.2023

クルーズ名  :シミラン諸島 日帰りダイビング
クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2023年1月14日
日担当スタッフ:マサ
お客様人数  :2名様

今回のお客様!

今回のお客様!

初カメさん!

初カメさん!

ちょっと遠いけどナポレオンフィッシュいました!

ちょっと遠いけどナポレオンフィッシュいました!

イエローバックフュージュラーの大群!

イエローバックフュージュラーの大群!

ベストコンディション!

ベストコンディション!

初海外ダイビング!
初めて亀と出会うことができました!

2023年1月14日、2名のお客様と一緒にシミラン諸島日帰りダイビングツアーに行ってきました。

今回のお客様は、串本周辺でよくダイビングをされているM様ご夫婦、初海外ダイビングでした。奥様は、耳抜きに時間がかかるということで、浅瀬スタートでのんびりダイビングをしてきました。

海のコンディションは、最高!
終始波が無く、天気の良いベストコンディションでした。

1本目は、シミラン諸島9番目にある「スリーツリーズ」。水深10m弱の浅瀬からチェックダイブを兼ねてエントリー。思っていたよりもスムーズに潜行することができ、水中世界を思いっきり堪能しました。インド洋の固有種のコラーレバタフライフィッシュ、パウダーブルーサージョンフィッシュ、インディアンダッシラスなどを観察してると、お食事中のカメを発見。見事2ショット撮影成功!!

お昼を挟んでからの2本目は、シミラン諸島9番目の南「スナッパーアレイ」。やや流れが入っていたこともあり、浅瀬ブイを利用してゆっくりエントリー。たくさんのイエローバックフュージュラーに囲まれご満悦。砂地から岩場へ移動すると流れが増し、吐いた泡が真横に流れていくほどの強い流れに変わりました。自分たちは、すぐに大きな岩の後ろに入り難を逃れました。

浮上すると波の無い穏やかな海況に戻り2本目も無事に終了。流れがあった時には、ちょっと驚かれていたお二人も、今回のダイビングで新しい経験を積む事ができたことと思います。

また機会がありましたら、船上泊でシミラン諸島の海を潜り倒しましょう!
また、ご一緒できるのを楽しみにしています

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:10:49
ダイブタイム :52分
最大深度   :12.1m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :タイマイアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガライソマグロ、etc.

ダイブ2
ポイント名  :スナッパーズアレイ & ブレックファーストベンド(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:12:59
ダイブタイム :25分
最大深度   :19.4m
透明度    :20m
水温     :29℃
生物     :ナポレオンフィッシュ 、 イエローバックフュージュラーアカヒメジアオヤガラアカモンガライエローバックフュージュラーインデ ィアンバガボンドバタフライフィッシュインディアンドラゴン、 インディアンダッシラス、 インディアンバナーフィッシュ、 ムスジコショウダイウミシダ、 ウミトサカ、 ウミウチワオニヒトデカクレクマノミカスミアジキンギョハナダイキンセンフエダイコラーレバタフライフィッシュスカンクアネモネフィッシュパウダーブルーサージョンフィッシュヘラヤガラ、etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です