カテゴリー別アーカイブ: 未分類

シミランショートクルーズ02-03.Feb.2019

クルーズ船  :ソンブーン3号
開催期間   :2019年2月02日 -2019年2月03日
担当スタッフ :ノブ
お客様人数  :4名様

夕焼け トンネル たくさんの小魚たち

2月2日〜3日間でシミランショートクルーズに行ってまいりました。今回は、ディープ講習受講のH様とお友達のM様と、3日に日帰りでご参加のU様とH様の最大4名様とご一緒してきました!H様はバンコク在住でタオ店にも足を運んでくださったとか。U様は去年、プーケット店でお会いしておりました。世界は狭し!!

1本目は、ノースポイントでチェックダイブ!!流れはほとんどなく最高のコンディションでした。大きな岩のトンネルをくぐったりしてきました。

2本目は、スリーツリーズへ。沖の方へ、サメなどの大物を探しに行きましたが出会えず、砂地でチンアナゴやエイなどを見て浅場のリーフで流されエキジット。水面で船を待ってると、真下にバラクーダの群れが!!

3本目は、ウォーターフォールベイ。水面休憩中に、亀さんが呼吸しに上がってきて船の周りをウロウロ。もちろんダイビングでもバッチリ見てきました!!その後、砂の斜面をのんびり泳ぎながら根を回ってきてエキジット。

4本目のナイトダイビングはパス。

2日目の1本目は、クリスマスポイントへ。沖の方はいい感じの流れ。岩に隠れながら大物も探すも出てこず….。浅い方へ移動し、ヨスジフエダイの群れやゴシキエビなどを観察。

2本目は、ボン島のウエストリッジへ。ここからU様、H様も合流!!さあさあ、マンタを探しにいざ1本目!!!流れはほとんどなく、リッジの先端の方へ探しに行くも出てこず。その代わりに大きなイソマグロがウロウロ。その後、北のリーフへ行き、マクロ系を見てエキジット。

ラストダイブの3本目もウエストリッジ。今回は前回と逆パターンの北のリーフからエントリー。リッジの先端近くでツバメウオの群れを見てきました。あとは、ダイバーかな…。湾の方でのんびりしたあとは、リッジ近くへ戻りエキジット。

今回のクルーズも全体的に透明度が最高!な状態でした。波や流れも激しくなくグッドなコンディションでダイビング。次こそは、ジンベイ、マンタ見ましょう!!!また、どこかでご一緒できる機会を楽しみにしております。それでは。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:22
ダイブタイム :44分
最大深度   :19.2m
透明度    :20−25m
水温     :29℃
生物     : ブラックピラミッドバタフライフィッシュイエローバックフュージュラー、  スカンクアネモネフィッシュムスジコショウダイ、ヨコシマクロダイ、アラレフグ、ゴマモンガラウミウチワ、etc.

ダイブ2
ポイント名  : スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:31
ダイブタイム :46分
最大深度   :24.4m
透明度    :20−25m
水温     :29℃
生物     :イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ) ブラックピラミッドバタフライフィッシュヤッコエイチンアナゴ(ガーデンイール)、 ヨスジフエダイブラックフィンバラクーダ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :ウォーターフォールベイ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:16:11
ダイブタイム :46分
最大深度   :17.4m
透明度    :20−25mm
水温     :28℃
生物     :インディアンダッシラス ドクウツボアオウミガメタイガーエッグコウリーコラーレバタフライフィッシュゴマモンガラカスミアジスカシテンジクダイ、etc.

ダイブ4
ポイント名  :ナムチャイベイ(シミラン諸島No.8)
エントリー時間:ー
ダイブタイム :ー
最大深度   :ー
透明度    :ー
水温     :ー
生物     :ー

ダイブ5
ポイント名  :クリスマスポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:06:59
ダイブタイム :48分
最大深度   :22.2m
透明度    :20−25mm
水温     :29℃
生物     : スカンクアネモネフィッシュ、  ヨスジフエダイ、 アカヒメジコラーレバタフライフィッシュインディアンダッシラスカクレクマノミゴシキエビコクテンフグ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:59
ダイブタイム :50分
最大深度   :23.4m
透明度    :20-25m
水温     :29℃
生物     :  インディアンダッシラスブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)インディアンフレームバスレットタテジマキンチャクダイアオヤガライソマグロ、アカホシカニダマシ、クマノミ、ヨコシマクロダイ、 イエローバックフュージュラー、etc.

ダイブ7
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:34
ダイブタイム :48分
最大深度   :23.6m
透明度    :20-25m
水温     :29℃
生物     : インディアンダッシラスブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)インディアンフレームバスレットタテジマキンチャクダイアオヤガラツバメウオクマノミクロコショウダイイエローバックフュージュラー、etc.

サワディーファーサイ号 デラックスクルーズ 27th-31st.Jan.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック デラックス クルーズ
クルーズ船  :サワディーファーサイ号
開催期間   :2019年01月27日 -2019年01月31日
担当スタッフ :ノブ
お客様人数  :2名様

岩の上で

岩の上で

サンセット

サンセット

祝50本

祝50本

祝200本

祝200本

W記念ダイブ!!

2019年1月27〜31日にサワディーファーサイのデラックスクルーズに参加しました!今回ご一緒させていただいたのは、N様・K様姉妹。なんと、N様は200本、K様は50本と今回のクルーズ中に達成いたしました!!

初日1本目はモニュメントでチェックダイブ。波や流れもなく久々のダイビングにはもってこいのコンディション!中性浮力に心配のあったK様でしたが余裕のダイビング♬ヤッコエイやチンアナゴなどを見てエキジット。

2本目は、ウエストオブエデンへ。深場にジョーフィッシュを探しに行くも、冷たい海水が上昇してきたのであえなく断念。23度もの冷たさでした。浅場の方でのんびりしていたらイエローバックフュージュラーの大群が!!そこにロウニンアジも!!大物との遭遇に興奮しながらエキジット。

3本目はスリーツリーズへ。エントリーした直後にナポレオンと遭遇。少しだけ一緒に流れてくれました。砂地の下の方は冷たい海水がきていたため、浅めのリーフの際を流されながらダイビング。スズメダイやヨスジフエダイと戯れ、エキジット。

4本目は、ドナルドダックベイでナイトダイブ。サンゴの上に寝てるコクテンフグやモヨウフグに癒され、1.5mオーバーのウツボの捕食に興奮したり、夜光虫の神秘的な光に感動したりと、楽しみながら潜ってまいりました。

2日目の1本目は、ノースポイントへ。波がありエントリー・エキジットがちょっと大変でしたが水中は流れはほとんどなく快適そのもの。岩の陰等に沢山のハナミノカサゴを見つけたり、K様が大好きなヨスジフエダイと戯れたりしてきました。N様の200本記念はここでパチリ!!(本当は昨日の4本目でしたが)安全停止直前のタイミングでネムリブカが悠然と泳いできました!!

2本目はボン島のウエストリッジへ。マンタを狙うも出会えず、、、。のんびりリーフを泳ぐと可愛いクロハコフグのオスが!!その後も小さいお魚さん達と戯れエキジット。

3本目も、マンタ狙いでウエストリッジへ。しか〜し、今回も会えず、、、。という事で、リーフ沿いのものすごく群れているスカシテンジクダイやスズメダイ達と戯れてきました。

4本目は、タチャイピナクルへ。程よい潮の流れ、、、。これは、と思ったその時、カンカンとタンクを叩く音!!!必死に探すもジンベイは見つからず、、、。その後、岩の陰で大物待ちをした、イソマグロの隊列を鑑賞。安全停止に入ろうとしたところ、カスミアジやキツネフエフキ、ギンガメアジの大群や、ブルーダッシュフュージュラーの大軍と遭遇!!!これはこれで凄かったです。

3日目の1本目は、当初予定していたポイントを変更し、スリン諸島のアオカッパッドへ浅場はサンゴが沢山あり、流れもなく朝のダイビングにはぴったりのウォームアップダイビングになりました!!

10本目は、リチュリューロックへ!7艘もの船が、、、。ちょうど流れの止まる時間帯だったので水中はそんなには混んでなく良かったです。深場の方へ行き、イバラタツやハナヒゲウツボを観察。その後は浅場でバラクーダを見て、K様の50本記念をパチリ!!(本人は忘れてたみたい)

11本目もリチュリューロック!10本目で見れなかった、ニシキフウライを観察しに行ってきました。その後浅場ではイワシやタカサゴの子供達がグルグルし、そこにロウニンアジやアオヤガラが捕食!!水族館の水槽の中に居るみたいでした!!

航空機の関係で今回、ラストダイブの12本目は、、、もちろん、リチュリューロック!!
今度こそ、ジンベイ出てこい!!!程よい潮の流れのなか沖の方を探すも現れず、、、。しかし、バラクーダの群れを堪能!!3本とも魚影、ダイバーともに濃い1日となりました。

あっという間の5日間でした。ジンベエザメは見れませんでしたが、ニシキフウライウオや固有種をたくさん見てきました。波、流れともに穏やかでクルーズ・ダイビングは快適そのもの。また、ぜひジンベイリベンジしにきてください。それでは。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!


以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :モニュメント(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:8:04
ダイブタイム :53分
最大深度   :26.0m
透明度    : 20-25m
水温     :28℃
生物     :チンアナゴ(ガーデンイール)、ヤッコエイヨスジフエダイドクウツボブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)インディアンダッシラス、ホシテンスetc

ダイブ2
ポイント名  : ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:11:24
ダイブタイム :53分
最大深度   :24.0m
透明度    :18-25 m
水温     :23-28℃
生物     : イエローバックフュージュラーカスミアジスカンクアネモネフィッシュブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ロウニンアジ、 etc

ダイブ3
ポイント名  :スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:14:29
ダイブタイム :56分
最大深度   :16.4m
透明度    :20−25 m
水温     :27℃
生物     : ムスジコショウダイイエローバックフュージュラーインディアンバナーフィッシュナポレオンフィッシュ 、ヨスジフエダイスカシテンジクダイ、etc

ダイブ4
ポイント名  :ドナルドダックベイ(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:18:42
ダイブタイム :51分
最大深度   :20.2m
透明度    : – m
水温     :28℃
生物     : コクテンフグドクウツボモヨウフグ、ヒラムシ、夜光虫、etc

ダイブ5
ポイント名  :ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:7:28
ダイブタイム :49分
最大深度   :23.6m
透明度    :25‐30m
水温     :28℃
生物     : ヨスジフエダイ、ハナミノカサゴ、イエローバックフュージュラーフサカサゴホワイトチップシャーク 、アンダマンスウィートリップス、etc

ダイブ6
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:10:35
ダイブタイム :53分
最大深度   :25.8m
透明度    : 20‐30m
水温     :28℃
生物     :アオヤガライエローバックフュージュラーカスミアジカクレクマノミ、 クロハコフグ、ハナミノカサゴ、スカシテンジクダイ、etc

ダイブ7
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:44
ダイブタイム :52分
最大深度   :24.2m
透明度    :20‐25m
水温     :27℃
生物     :アカヒメジイエローバックフュージュラーイソマグロブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ドクウツボヘラヤガラヨスジフエダイ、etc

ダイブ8
ポイント名  : タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間 : 17:02
ダイブタイム :50分
最大深度   :19.4m
透明度    : 20-25 m
水温     :28℃
生物     :イエローバックフュージュラーイソマグロキツネフエフキギンガメアジブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ツバメウオヒトヅラハリセンボンネッタイミノカサゴ、etc

ダイブ9
ポイント名  : アオカッパッド (スリン諸島)
エントリー時間:7:17
ダイブタイム :51分
最大深度   :19.0m
透明度    : 20−25m
水温     :28℃
生物     : ネッタイミノカサゴナポレオンフィッシュ 、インディアンダッシラスデバスズメダイ、アカククリ、カクレクマノミホウセキキントキ、アカホシカニダマシ、etc

ダイブ10
ポイント名  :リチェリューロック (スリン諸島)
エントリー時間:10:31
ダイブタイム :51分
最大深度   :31.2m
透明度    : 18−25m
水温     :28℃
生物     : キツネフエフキギンガメアジ、  キンセンフエダイスカシテンジクダイピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、ホソフエダイ、 ミナミハコフグロウニンアジハナヒゲウツボ、イバラタツ、ケショウフグ、etc

ダイブ11
ポイント名  :リチェリューロック (スリン諸島)
エントリー時間:13:30
ダイブタイム :46分
最大深度   :25.m
透明度    : 25−30m
水温     :28℃
生物     : キツネフエフキギンガメアジ、  キンセンフエダイスカシテンジクダイピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)、ホソフエダイ、トマトアネモネフィッシュロウニンアジニシキフウライウ(ゴーストパイプフィッシュ)ネズミフグブラックフィンバラクーダ、ベンテンコモンエビ、 アオヤガラタコクラゲ、etc

ダイブ12
ポイント名  :リチェリューロック (スリン諸島)
エントリー時間:16:55
ダイブタイム :53分
最大深度   :28.6m
透明度    : 25−30m
水温     :28℃
生物     : キツネフエフキギンガメアジ、  キンセンフエダイスカシテンジクダイブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)スザクサラサエビ、クロヒラアジetc

ダイブ13
ポイント名  :
エントリー時間:
ダイブタイム :
最大深度   :
透明度    :
水温     :
生物     :

ダイブ14
ポイント名  :
エントリー時間:
ダイブタイム :
最大深度   :
透明度    :
水温     :
生物     :

アンダマンショートクルーズ 16-18.JAN.2019

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3
開催期間   :2019年1月16日 -2019年1月18日
担当スタッフ    :ノブ  マサ
お客様人数        :スタッフクルーズ

バラクーダトルネード

バラクーダトルネード

ビーチ

ビーチ

ミナミハコフグ

ミナミハコフグ

ゴシキエビ

ゴシキエビ

ジンベイ、イルカ出ましたー!!

今回は、2019年1月16日〜2019年1月18日までの2泊3日アンダマンショートクルーズへ行ってまいりました。初日の2本は日帰りのお客様と、その後はスタッフ2名で潜り倒してきました。

1.2本目のログはこちらをご覧ください
↓ ↓

ボン島 日帰りダイビング 16.JAN.2019

3本目は、タチャイピナクルへ。ちょうど潮が止まり始める時間、流れの上の方へ向かうと、、、。ジンベイさんがご登場!!悠然と泳いでいきました。その後は、バラクーダのトルネード!!マンタは出ませんでしたが、大物満喫でエキジット。

4本目はタチャイリーフでナイトダイブ。個人的にひさびさのナイトダイブでしたので、夜光虫とのランデブーを楽しんでまいりました。

2日目は、まずはリチュリューロックを2本。1本目は、地形調査。と言いつつ小魚の群れに突っ込むロウニンアジなど大物から、ウミウシなどマクロまでしっかり見つけてきました!!
2本目は、のんびりと地形の復習。水底を群れで泳いでたキツネフエフキやギンガメアジの群れに紛れたりしてエキジット。

3本目の、タチャイピナクル向かう途中にイルカの群れと遭遇!!カメラを用意する頃にはすでに遠くに、、、。
タチャイピナクルは、マンタを期待に潜って来ましたが、会えず、、、。ジンベイさんも空振り、、、。バラクーダと戯れてエキジット。

4本目は、コボンへ。南の湾からウエストリッジへ。少し先端の方で大物を待ちましたが会えず、、、。リーフ沿いでフュージュラーの群れを堪能し、エキジットサーモクラインもあり寒〜いダイビングでした。

最終日は、シミラン諸島へ。1本目は、ツナレック、沈船はサクッと見てリーフをのんびり満喫。砂地には美味しそうな?チンアナゴやヤッコエイがいました。

2本目は、ストーンヘンジへ。砂地とサンゴの境をのんびり泳いでると、大きな岩地帯が出てきて、スイムスルーなどがある意外と地形変化に富んだポイント。大きなゴシキエビがいたり、ジョーフィッシュがいたりして、面白いポイントでした。

最終ダイブは、ウエストオブエデンへ。ウミウチワやソフトコーラルが綺麗なポイント。エデンと名前が付くだけありますね。

今回は、波も穏やかで、流れもほとんどない快適なダイビング&クルーズでした。

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!


以下ダイブログです。

ダイブログ

ダイブ3
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:4:18
ダイブタイム :46分
最大深度   :21m
透明度    :15 – 20m
水温     :28℃
生物     :ジンベイザメツバメウオロウニンアジルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)コラーレバタフライフィッシュヘラヤガラ、etc.

ダイブ4
ポイント名  : タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:18:38
ダイブタイム :30分
最大深度   :10m
透明度    :-m
水温     :29℃
生物     :ナンヨウブダイ、スザクサラサエビシモフリタナバタウオ、夜光虫、etc.

ダイブ5
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:6:53
ダイブタイム :50分
最大深度   :19m
透明度    :15 – 20m
水温     :28℃
生物     :キツネフエフキイケカツオツムブリギンガメアジカスミアジロウニンアジ、ホソフエダイ、キンセンフエダイスカシテンジクダイスカンクアネモネフィッシュイエローバックフュージュラーイエローダッシュフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ハナミノカサゴムスジコショウダイ、 トマトアネモネフィッシュ、アデヤカミノウミウシ、マダライロウミウシハコフグ、etc.

ダイブ6
ポイント名  :リチェリューロック
エントリー時間:09:33
ダイブタイム :52分
最大深度   :21m
透明度    :15 – 20m
水温     :28℃
生物     :ピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ブラックフィンバラクーダダッシュフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ブラックフィンバラクーダギンガメアジキツネフエフキスカンクアネモネフィッシュカクレクマノミキンセンフエダイ、ホソフエダイ、ロウニンアジクマノミ、etc.

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:19
ダイブタイム :50分
最大深度   :22m
透明度    :15 – 20 m
水温     :28℃
生物     :ブラックフィンバラクーダ、、ギンガメアジカスミアジロウニンアジキンセンフエダイスカシテンジクダイスカンクアネモネフィッシュイエローバックフュージュラーイエローダッシュフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ネッタイミノカサゴ、 etc.

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:07
ダイブタイム :50分
最大深度   :23m
透明度    :15 – 20m
水温     :28℃
生物     :パウダーブルーサージョンフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュカスミアジイエローバックフュージュラーカクレクマノミクマノミツムブリ、etc.

ダイブ9
ポイント名  :ツナレック(シミラン諸島 No.5)
エントリー時間:06:52
ダイブタイム :48分
最大深度   :28m
透明度    :15-20m
水温     :28℃
生物     :インディアンフレームバスレットキンギョハナダイチンアナゴ(ガーデンイール)、ヤッコエイスカシテンジクダイ、etc.

ダイブ10
ポイント名  :ストーンヘンジ(シミラン諸島No.4)
エントリー時間:10:36
ダイブタイム :51分
最大深度   :23m
透明度    :15-20m
水温     :28℃
生物     :イエローバックフュージュラーブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)ゴシキエビコラーレバタフライフィッシュ、ジョーフィッシュ、ホシゴンべ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :ウエストオブエデン(シミラン諸島 No.7)
エントリー時間:13:19
ダイブタイム :49分
最大深度   :22m
透明度    :15-20m
水温     :28℃
生物     :アカヒメジノコギリダイヒブサミノウミウシマダライロウミウシスカシテンジクダイコラーレバタフライフィッシュオオアカホシサンゴガニインディアンダッシラスイロブダイ(幼魚)、etc.

アンダマンショートクルーズ 23-25.DEC.2018

クルーズ名  :シミラン諸島〜リチェリューロック アンダマンショートクルーズ
クルーズ船  :ソンブーン3
開催期間   :2018年12月23日 -12月25日
担当スタッフ:ナオエ
お客様人数  :1名様

 

ナポレオンサイン♪

ナポレオンサイン♪

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス♪

12月23~25日の三日間でアンダマンショートクルーズに行ってきました。今回ご一緒させていただいたのはダイビングおともだちのお2人でそのうち1人はアドバンスド講習!シミラン初挑戦です!

初日1本目ボン島からスタートしましたが、この前まであんなにマンタいたのにもういないー。マンタのマの字もない。ですが、カスミアジやアミメフエダイが必死でスカシテンジクダイを捕食してるシーンが見れました。

2本目は南側の湾からエントリー。またマンタ戻ってこないかなー。

3本目はタチャイピナクル。思ったより流れてませんが、流れてましたね。どっちだよってかんじw見事にブラックフィンバラクーダに当たりました。やったー♪イソマグロもいたし、でかいコガネシマアジのカップルも。やっぱタチャイピナクルはいいですね。

4本目はタチャイリーフでスタッフこーだいとナイトダイビング。

夜は乾杯ー♪女子会&こうだいと。やっぱ女子が集まると会話がとまらないですねw

2日目はリチェリューロックへ。やはり魚影が濃い濃い。ロウニンアジの捕食シーンの迫力は何回見ても飽きません。その後親指の先っぽくらいのミナミハコフグの赤ちゃん発見。可愛すぎる。

2本目もリチュリューロックへ。今度はピックハンドルバラクーダの群れからのスタート。1本目と2本目で見れる魚が違うのがリチュリューロック。そして人気者のニシキフウライウオがいるとの情報を得て、探しに行くと3匹もいました♪

3本目はタチャイピナクルへ再び戻りましたが、前回より魚がいなく、みんなどこに行ったの?流れすぎてて遠くへ行ったのかな?

2日目ラストはボン島へ。最後の最後にナポレオン見れたー!!やったねー♪

夜はクリスマスパーティー♪外人さんのお客様からの差し入れでキャビアとフォアグラ♪すごーい♪みんなで美味しくいただき乾杯♪そしてほうぼう屋サンタからささやかなワインのプレゼントとおかしのプレゼント♪そして紙袋の中にTシャツプレゼントのあたりくじが・・・入ってなーい。。。ほんとすみません。とゆうことで再度ジャンケン♪さっき一番に負けたMちゃんの勝利w楽しい夜もあっというま。メリークリスマス♪

最終日1本目はエレファントヘッドロックへ。ラッキー♪ウミテング発見!!初めて見たー♪その後タイマイと会い、大人気ハナヒゲウツボ、ハナダイギンポも発見!!ウミウシも見たし盛りだくさんのエレファントヘッドロックでした♪

そして2本目はノースポイントへ。ノースポイントでは後ろから巨大なサーモクラインが襲ってきました。まるでインディペンデンススデイ!!ツナミのようでした。必死で逃げましたが超冷たいし、ニゴニゴ。そしてナポレオンも逃げたのか、発見w

せっかくなのでラストは全員集合でスリーツリーズで潜りました。リクエストでのんびりリーフ沿いでナポレオン、カメ狙いのはずが一番今回流れてたーwそのなかで固有種Honeycomb eelをこーだいが発見!!ここでこのウツボがいるのは超珍しい!!そして安全停止前にナポレオン見つからずすみませんと謝った瞬間ナポレオンいたーーーーー!!!しかも3匹もー!!        ほんとにみんな全員見れてよかったです♪

 

今回撮影した動画をFacebookファンーページの方でアップしています。
以下、動画イメージよりご覧下さい!

以下ダイブログです。

 

ダイブログ

ダイブ1
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:11:06
ダイブタイム :52分
最大深度   :22.6m
透明度    :12‐15m
水温     :29℃
生物     :オオアカホシサンゴガニ、  ハナミノカサゴウルマカサゴモヨウフグイケカツオ ドクウツボカクレクマノミコラーレバタフライフィッシュ、 タテジマキンチャクダイパウダーブルーサージョンフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュ、etc…

ダイブ2
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:13:23
ダイブタイム :53分
最大深度   :22.3m
透明度    :15-20m
水温     :29℃
生物     :コガネシマアジ 、ニシキヤッコ、インディアンバナーフィッシュスカンクアネモネフィッシュ、  アンダマンスウィートリップスムスジコショウダイアカヒメジ、 ゴマアイゴ、 カスミアジ、 パウダーブルーサージョンフィッシュetc…

ダイブ3
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:17:00
ダイブタイム :53分
最大深度   :22.3m
透明度    :15‐20m
水温     :30℃
生物     :ツバメウオロウニンアジイソマグロカスミアジイケカツオツムブリイエローバックフュージュラー、 ルナーフュージュラー(ハナタカサゴ)、ネオンフュージラー、ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローダッシュフュージュラー、 etc…

ダイブ4
ポイント名  : タチャイリーフ(タチャイ島)
エントリー時間:19:03
ダイブタイム :30分
最大深度   :12m
透明度    :-
水温     :28℃
生物     :タペストリーシュリンプイロブダイ、 オオアカホシサンゴガニ、 オトヒメエビ、ツマリテングハギ、 ツノダシ、etc…

ダイブ5
ポイント名  : リチェリューロック
エントリー時間:7:06
ダイブタイム :46分
最大深度   :25.6m
透明度    :12‐15m
水温     :30℃
生物     :ロウニンアジキツネフエフキトマトアネモネフィッシュキンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、カクレクマノミ、 カスミアジ、  ヨスジフエダイ、ネオンフュージリアー、ミナミハコフグ、ヒトヅラハリセンボン、ギンガメアジツムブリイケカツオ 、ホソフエダイ、etc…

ダイブ6
ポイント名  : リチェリューロック
エントリー時間:9:29
ダイブタイム :52分
最大深度   :22.5m
透明度    :15‐20m
水温     :29℃
生物     :ブラックフィンバラクーダピックハンドルバラクー(イエローフィンバラクーダ)ウルマカサゴロウニンアジキツネフエフキトマトアネモネフィッシュキンセンフエダイ、ニセクロホシフエダイ、カクレクマノミ、 カスミアジ、  ヨスジフエダイ、ネオンフュージリアー、ニシキフウライウ(ゴーストパイプフィッシュ) etc…

ダイブ7
ポイント名  :タチャイピナクル(タチャイ島)
エントリー時間:13:10
ダイブタイム :44分
最大深度   :22.6m
透明度    :12‐15m
水温     :30℃
生物     :アデヤッコ、ロウニンアジ  カスミアジイケカツオイエローバックフュージュラー、ネオンフュージラー、ブラックフィンバラクーダブルーダッシュフュージュラー(クマザサハナムロ)イエローダッシュフュージュラー、 クロコショウダイ、 アカマダラハタ、サザナミヤッコ etc…

ダイブ8
ポイント名  :ウエストリッジ(ボン島)
エントリー時間:16:01
ダイブタイム :53分
最大深度   :20.1m
透明度    :15‐20m
水温     :29℃
生物     :  カスミアジイケカツオイエローバックフュージュラー、 コラーレバタフライフィッシュ、 スカシテンジクダイツムブリ、 イエローダッシュフュージュラーケショウフグ、 アオヤガラナポレオンフィッシュ etc…

ダイブ9
ポイント名  :エレファントヘッドロック(シミラン諸島 No.8)
エントリー時間:6:59
ダイブタイム :51分
最大深度   :20.1m
透明度    :15‐20m
水温     :29℃
生物     : スカシテンジクダイエヴァンスフェアリーバスレット、 キンセンフエダイ、 ヨスジフエダイ、 ハナヒゲウツボ、 オニカマスロウニンアジ、  シテンヤッコムカデミノウミウシ、 タイマイウミテングハナダイギンポetc…

ダイブ10
ポイント名  : ノースポイント(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:11:13
ダイブタイム :50分
最大深度   :24.2m
透明度    :5‐15m
水温     :30℃
生物     : イケカツオキツネフエフキギンガメアジドクウツボパウダーブルーサージョンフィッシュブラックピラミッドバタフライフィッシュシマウミヘビナポレオンフィッシュ etc…

ダイブ11
ポイント名  : スリーツリーズ(シミラン諸島 No.9)
エントリー時間:13:44
ダイブタイム :45分
最大深度   :19.4m
透明度    :15‐20m
水温     :29℃
生物     :チンアナゴ(ガーデンイール)、 ヤッコエイヘラヤガラヨスジフエダイナポレオンフィッシュ 、エヴァンスフェアリーバスレットスカンクアネモネフィッシュ、 スカシテンジクダイアカヒメジ、 イエローバックフュージュラー、 ハニーカムモレイetc…

特別企画コモドクルーズ: パヌニーヨット号 12-17.AUG.2018

クルーズ名  :特別企画 コモドクルーズ
クルーズ船  :パヌニーヨット号
開催期間   :2018年8月12日 -8月17日
担当スタッフ :マコ
お客様人数  :9名様

●コモド諸島世界遺産ダイブクルーズ(1−2日目/5日間) :2018年8月12日ー13日

毎年恒例のコモド諸島世界遺産クルーズ。今年もパヌニー号で開催。9名様のお客様と、オオモノ、群れモノ、マクロ、ドリフトと、バリエーションに富んだ、爽快なダイビングを楽しんできました!

初日はフライトの遅れでナイト1本のみとなってしまいました。
夜間に一気に南下して、2日目は1本目から「マンタアレイ」にエントリー、深海から湧き上がってくる養分の濃い海水の水温は23℃。あいにく透明度が悪く、マンタのシルエットもぼんやり。
午後に入ると透明度が劇的位回復し、青い水の中を泳ぐたくさんのマンタを堪能できました!
そのかわり、水温はさらにダウン。一番低いところで18度まで下がりました。ウェット重ね着、フード着用で望みました。

透明度の悪さと、低い透明度のため、北上を決定。「ピンクビーチ」でのナイトダイブは、まさにマクロ天国でした!

ダイブ1(ナイト)
ポイント名  :Bida Dhari(ウェスト フローレス)
エントリー時間:19:22
エキジット時間:20:22
最大深度   :14.3m
透明度    :- m
水温     :27℃
生物:アネモネヘルメットクラブ(ヤドカリ)、コマチコシオリエビ、ウミウシ各種、イカ、甲殻類各種、etc.

ダイブ2
ポイント名  :Manta Alley(サウス コモド)
エントリー時間::07:41
エキジット時間::08:25
最大深度   :25.0m
透明度    :15m
水温     :23℃
生物:マンタ、クマノミ、アヤコショウダイ、ニジコショウダイ、ロクセンヤッコ、アデヤッコ、ノコギリダイ、etc.

ダイブ3
ポイント名  :Manta Alley(サウス コモド)
エントリー時間::10:35
エキジット時間::11:18
最大深度   :28.3m
透明度    :15m
水温     :23℃
生物:マンタ、クマノミ、アヤコショウダイ、ニジコショウダイ、ロクセンヤッコ、アデヤッコ、etc.

ダイブ4
ポイント名  :Manta Alley(サウス コモド)
エントリー時間::14:33
エキジット時間::15:15
最大深度   :26.8m
透明度    :25m
水温     :20℃
生物:マンタ、クマノミ、アヤコショウダイ、ニジコショウダイ、ロクセンヤッコ、アデヤッコ、etc.

ダイブ5(ナイト)
ポイント名  :Pink Beach(セントラル コモド)
エントリー時間:18:33
エキジット時間:19:35
最大深度   :21.0m
水温     :24℃
透明度    :- m
生物:ハナイカ、ココノナッツオクトパス、コブシメの仲間、ゴンズイ玉、クラゲを背負ったカニ、木の葉を背負ったカニ、蜘蛛の様なカニ、ホイップレイ(エイ)、ツマジロオコゼの幼魚、ヨウジウオの仲間、ベニカエルアンコウ、ミカドウミウシ、ウミウシ各種、etc.

●コモド諸島世界遺産ダイブクルーズ(3日目/5日間) :2018年8月14日

毎年恒例のコモド諸島世界遺産ダイブクルーズ。3日目、船はさらに北上し、セントラルコモドへ、1本目は潮が渦巻く激流ポイント「バトゥボラン」にエントリー。案の定流れが強く、ポイントとなる岩礁の両サイドは、川のような流れ。塩ガミでのエントリーは諦め、南側の島影にエントリー。エントリー直後にロウニンアジのお出迎え。その後間もなく、深場にナポレオンのペア登場、中層を通り過ぎるホワイトチップシャークや、サンゴの下で眠るバンブーシャークなど、盛りだくさんのダイビングでした。
2本目、3本目は、タタワ クチル、タタワ ブザールのリーフでドリフトダイブ!流れの中を通り過ぎる、ブラックチップシャークや、アオウミガメ、珊瑚の中に隠れるアカククリの若魚などを観察できました。
ないとは、白砂の珊瑚ポイントサバヨールへ。前日と違った、ハードコーラルの中でのダイビングでした。

ダイブ6
ポイント名  :Batu Bolong(セントラル コモド)
エントリー時間:07:56
エキジット時間:08:39
最大深度   :31.7m
水温     :25℃
透明度    :30m
生物:ナポレオンフィッシュ、ホワイトチップシャーク、アオウミガメ、ロウニンアジ、カスミアジ、バンブーシャーク、ケショウフグ、キンギョハナダイの群れ、ブルーダッシュ フュージリア、etc.

ダイブ7
ポイント名  :Tatawa Kechil(セントラル コモド)
エントリー時間:10:55
エキジット時間:11:35
最大深度   :25.0m
水温     :26℃
透明度    :30m
生物:ギンガメアジ、アカククリ、カスミアジ、アオウミガメ、ケショウフグ、etc.

ダイブ8
ポイント名  :Tatawa Besar(セントラル コモド)
エントリー時間:15:26
エキジット時間:16:22
最大深度   :21.0m
水温     :26℃
透明度    :30m
生物:ナポレオンフィッシュ、ブラックチップシャーク、アオウミガメ、ロウニンアジ、カスミアジ、アデヤッコ、イナズマヤッコ、バイカラーエンジェルフィッシュ、etc.

ダイブ9
ポイント名  :Sabayor(ノース コモド)
エントリー時間:18:50
エキジット時間:19:46
最大深度   :18.5m
水温     :27℃
透明度    :- m
生物:ココノナッツオクトパス、コブシメの仲間、エソの仲間、ウミウシ、etc.

 

●コモド諸島世界遺産ダイブクルーズ(4日目/5日間) :2018年8月15日

毎年恒例のコモド諸島世界遺産ダイブクルーズ。 4日目は、暖かく透明度も良い北部エリアへ。水温は27℃〜29℃へ上昇。
1本目は、狭いチャネルを通る流れを楽しむポイント「ショットガン」。まるで川底のような推定をゆっくりと泳ぐブラックチップシャークや、チャネルの激流を利用して餌を取るマンタなど、大物も見ることができました。つづいて、コモドきっての隠れ根ポイント「キャッスルロック」へ。潮止まりを狙ってエントリーしたため、少々人が多かったのですが、大きなホワイトチップやナポレオン、ロウニンアジなどが勢揃い。最後にはグレイリーフシャークも登場しました。3本めも隠れ根ポイント「クリスタルロック」にエントリー。流れが強いポイントですが、このときはほぼ潮止まり。サメなどの大物は出ませんでしたが、ゆったりとポイントを一周することができました。
夕方には、ゴールデンパッセージを一望する山にヒルクライムをするよていでしたが、2週間前に起きた山火事の後処理をしていて、立入禁止。あえなく断念しました。
ナイトダイブは、サンゴの群生が美しい「スパニッシュダンサー」。名前の通りスパニッシュダンサー(ミカドウミウシ)の泳ぐ姿も見ることができました!

ダイブ10
ポイント名  :Shot Gun(ノース コモド)
エントリー時間:07:41
エキジット時間:08:23
最大深度   :21.3m
水温     :27℃
透明度    :35m
生物:シルバーチップシャーク、ブラックチップシャーク、マンタ、アオウミガメ、ロウニンアジ、ギンガメアジ、アカククリ、etc.

ダイブ11
ポイント名  :Castle Rock(ノース コモド)
エントリー時間:10:45
エキジット時間:11:29
最大深度   :21.3m
水温     :27℃
透明度    :30m
生物:ホワイトチップシャーク、グレーリーフシャーク、ロウニンアジ、ボウズハギの群れ、ナポレオンフィッシュ、ピックハンドルバラクーダ、ギンガメアジの群れ、etc.

ダイブ12
ポイント名  :Crystal Rock(ノース コモド)
エントリー時間:10:45
エキジット時間:11:22
最大深度   :28.3m
水温     :27℃
透明度    :25m
生物:ブラックチップシャーク、ニジコショウダイ、アヤコショウダイ、アオウミガメ、ナポレオンフィッシュ、サラサハタ、ヒメフエダイの群れ、etc.

ダイブ13
ポイント名  :Spanish Dancer(ノース コモド)
エントリー時間:18:57
エキジット時間:19:54
最大深度   :25.0m
水温     :26℃
透明度    :- m
生物:ミカドウミウシ、オラウータンクラブ、カニの仲間、ウミウシ、etc.

 

●コモド諸島世界遺産ダイブクルーズ(5日目/5日間) :2018年8月16日

毎年恒例のコモド諸島世界遺産ダイブクルーズ。 最終日の5日目は、引き続きコモド北部。
1本目は、サメやロウニンアジなどの捕食系回遊魚を狙って、昨日に引き続き「クリスタル ロック」へ。潮に逆らいながら先行し、潮上のドロップオフに到着すると、すでに前のグループのダイバーでオイシイ ポジションを満席。向かい潮の中ガンバって更に前に出ると、4匹ほどのホワイトチップが強い流れの中をゆうゆうと泳いでいました。
2本目はセントラルコモドへ戻り「バトゥボロン」、前々日潜れなかった、根の北側を潜る予定でしたが、あいにく潮向きが逆。前回と同じ南のリーフで潜りました。時間の関係下、前回よりもダイバーは少なく、快適なダイビングを楽しめました。
3本目はコモドドラゴン散策組とダイビング組に別れ、希望者のみリンチャ島のマクロポイント「ワニルー」へ。昨年はナイトで潜り、豊富なマクロ生物に驚かされましたが、今回は昼間と言うこともあり、生物はまばら。それでも、モンハナシャコやゴマモンガラ?の若魚、ガレ場の奥に潜むニシキテグリなど、たくさんの生物を見ることができました。

ダイブ14
ポイント名  :Crystal Rock(ノース コモド)
エントリー時間:07:25
エキジット時間:08:07
最大深度   :24.0m
水温     :27℃
透明度    :35m
生物:ホワイトチップシャーク、ボウズハギの群れ、ロウニンアジ、チョウチョウコショウダイ、カスミアジ、etc.

ダイブ15
ポイント名  :Batu Bolong(セントラル コモド)
エントリー時間:10:30
エキジット時間:11:24
最大深度   :25.6m
水温     :26℃
透明度    :30m
生物:ナポレオンフィッシュ、ホワイトチップシャーク、アオウミガメ、ロウニンアジ、カスミアジ、グレートバラクーダ、ケショウフグ、キンギョハナダイの群れ、ブルーダッシュ フュージリア、etc.

ダイブ16
ポイント名  :Wanile(ノース リンチャ)
エントリー時間:14:26
エキジット時間:15:28
最大深度   :25.0m
水温     :25℃
透明度    :10m
生物:モンハナシャコ、オレンジスピアラー(シャコ)、ニシキテグリ、ゴンズイ、コマチコシオリエビ、クマノミ、ウミウシの仲間、etc.

以上で、16本全てのダイビングを終了。
パヌニー号は、ゆっくりと港があるラブアンバジョへ帰港。最終日の夜はサンデッキでバーベキューパーティー。最後には、ボートクルーから、ダンスと歌のプレゼント!
ゆっくり窒素を抜いて、翌日下船となりました。

18度低水温マンタダイブや、激流ドリフトダイブ、マクロ盛りだくさんのナイトダイブなど、盛りだくさんの刺激的なクルーズでした!

今回印象的だったのは、船の数。特にデイトリップで行ける北部のポイントなどは、かなり船が増えた印象でした。訪れるダイバーも増えているようで、水中環境絵の悪影響も心配されますが、いつまでも、キレイで刺激的なコモドで合って欲しいものです。

クルー&ガイドの皆様、ご参加頂いたゲストの皆様、本当にありがとうございました。

また来年もやりますので、ご期待下さい!!

 

コモドクルーズ詳細ページ
https://hobo-ya-similan.com/di…/panunee_komodo/index.html

来年の日程はこちら↓
https://hobo-ya-similan.com/blog/?p=6763